CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Sleazy Mcqueen & The Solid Gold Band - Huit Etoiles (LPH WHITE:LPHWHTX)
Sleazy Mcqueen & the Solid Gold Band - Huit Etoiles
Amazonで詳しく見る(MP3)

リエディットやニュー・ディスコ/ブギー系の音楽では一頭地を抜くWhiskey Disco、それを主宰するSleazy Mcqueenの新作が同じくリエディット系では定評のあるLet’s Play HouseのオフシュートであるLPH WHITEから到着。普段はこのアーティストの作品を追い求めているわけではない筆者が本作を手にしたきっかけは、リミキサーに瀧見憲司&神田朋樹、つまりはBeing Boringsや、Running BackのオーナーであるGerd Jansonが参加しているからであり、音楽的な共通点もあるSleazyに期待を込めて購入をしてみたのだ。先ずはオリジナルである"Huit Etoiles"、どっしりもっさりとした4つ打ちグルーヴに合わせてファンキーなギターカッティングを被せ、そこからしとやかなピアノソロも交えてブギー&ファンキーに安定感を持って突き進むニュー・ディスコは、この手の音楽では王道にも聞こえる程だ。何か目新しさがあるわけではないが、低い重心と煌めく上モノが奇を衒う事なくニュー・ディスコの魅力を存分に発揮している。Being Boringsによる"Huit Etoiles (Kenji Takimi & Tomoki Kanda Remix)"は原曲より武骨で厳ついキックへと変化させる事で野太く野性的な荒さを身に纏い、更には原始的な雄叫びも加える事でシカゴ・ハウス的な方向へと振れたサイケデリックかつハードな作風へと予想外のリミックスを披露し、このパワフルさはピークタイムへも嵌るのではと思わせる。対してGerd Jansonによる"Huit Etoiles (Gerd Janson Remix)"はよりディスコ的と呼ぶべきか、生っぽく湿ったキックを活用しつつもエレクトロニックに輝くシーケンスによってモダンさも兼ね備えたドンシャリ系ディスコで、オリジナルよりドライヴィング感を増している。三者三様の作風だが、やはりその強烈さで言えば瀧見&神田のリミックスが印象に残るだろう。Sleazyによるもう一つの新作である"Galway Jam"もうねり脈動するベースラインやディスコでよく聞かれるコズミックなSEの挿入により、古き良き時代の感覚を今に蘇らせたようなクラシカルなディスコで、うきうきと気分が上がるトラックで良い出来になっている。



Check "Sleazy Mcqueen"
| HOUSE12 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2017/1/21 Guidance 〜導き導かれる人生〜 12th Anniversary Day 2 @ Unice
都内各地のクラブをジプシーのように渡り歩き、そしてベテラン〜若手までの充実した国内勢から国外のニュージェネレーションまで招致し、デコレーションやVJにフード等細かい所にまで力を入れ、音楽だけでなくトータルとしてパーティーの魅力を体験させる『Guidance 〜導き導かれる人生〜』。クラブという業界が賑わっていた10年前ならいざ知らず、それからも尚継続的にここまでパーティーを続けるのは楽な事ではないが、音楽やパーティーへの愛こそが原動力となり遂に今年で12周年を迎える。今回のゲストはカナダよりMulti Cultiを主宰するThomas Von Partyが初来日となるが、当方も彼については知識を持ち合わせていないものの普通のテクノ〜ハウスとは異なる国境を越えた感覚があるそうだ。そんな特異なDJに対して日本から迎え撃つならばやはり瀧見憲司、そして他にもCHIDAやy.を迎えてアニバーサリーらしい充実した布陣で夜が待ち受けている。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2015/7/10 Guidance Proudly presents The Black Madonna 1st Japan Tour @ Air
「北米最高峰のクラブの一つ」と称されるシカゴの老舗Smart BarにおいてDerrick Carter、故Frankie Knucklesらに続くレジデントを務め…と紹介されるThe Black Madonna。ここ日本に於いては現在はまだ知名度は高くないが、シカゴやヨーロッパではタレント・バイヤー、そしてDJやプロデューサーとしても高い評価を獲得していると言う。彼女についての詳細はRAが特集した"The Black Madonna: She still believes"を読んで頂くとして、本来は今年1月の『Guidance 〜導き導かれる人生〜 10th Anniversary』で来日予定だったものの、耳の病気により来日キャンセルとなってからおおよそ半年、ようやくそのリベンジの機会がやってきた。今回もパーティー自体はGuidanceが全面支援となり各フロアを手掛けている。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2014/12/22 Guidance ~導き導かれる人生~ Reproduction Of 20091222 Year END Special @ Air
2009年12月22日、今はなき渋谷のクラブ・Axxcisにて3フロアを使用して国内の実力あるアーティスト/DJを集結させた大きなパーティーが開催された。それこそ当方も初体験となったGuidance 〜導き導かれる人生〜だったのだが、そこにはAltzやDE DE MOUSEのライブにDJ YogurtやEYEや川辺ヒロシといった夜な夜なパーティーを賑わすDJが出演し、何だか凄いパーティーがあるものだなと驚いたものだった。それからGuidanceには度々足を運ぶようになり音楽だけでなくデコレーションやフードなども充実したパーティーとして魅了されていたっのだが、あの日から丁度5年を経てAxxcisで開催されたGuidanceを再現する日がやってきた。あの時と同じようにAltzのライブ、そしてDJ Yogurtに川辺ヒロシやEYE、Guidanceにはお馴染みの瀧見憲司も追加となり、ラウンジにはレゲエ/ダブ集団のFomga Soundzも出演と年の瀬にGuidanceが再生される。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2014/8/1 OATH 9th Anniversary -DAY1- @ Oath
青山大学の裏手でひっそりとパーティーを開催しているOathも遂に9周年を迎えた。基本的には普段から国内のDJが競い合うようにレギュラーパーティーを主宰し、ふらっと気軽に遊びに行けるような溜まり場的な位置付けでありながら、特に朝になってからは熱狂的な盛り上がりを見せる希有なクラブとして、特別な存在感を放っている。今回の2日に渡って開催される9周年パーティーもOathに馴染みの深いDJが総出演と、ある意味では特別ではなく普段のOathらしさをそのまま打ち出した内容だが、逆にだからこそ親近感と安心感があるのだろう。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2014/7/4 Guidance Proudly Presents Mr.Ties 1st Japan Tour in Tokyo @ Amate-raxi
イタリア出身、現在はベルリンでHomopatikを主宰するMr.Tiesは若干27歳、楽曲制作としての活動ではなくDJとしての活動のみでアンダーグラウンドシーンで高い評価を獲得している。Homopatikは基本的にはゲイパーティーであるそうで、まあそれが日本で受けるかどうかは予測出来ないが、毎回20時間を超えるパーティーながらも事前に出演するDJの告知もせずに多くのファンを惹き付けるのだから、得体が知れない魅力がきっとあるのだろう。今回はかねてからMr.Tiesに関心を示していたGuidanceに遂にMr.Tiesの出演が決まったのだが、そこにはGuidanceらしくKenji TakimiやAltzにCMTなど日本のアンダーグラウンドシーンからも実力者を呼び寄せ、日独のスリリングなダンス・ミュージック・パーティーを繰り広げる事となった。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2014/6/7 LIFE -amate-raxi 7th anniversary- @ Amate-raxi
今宵はAmate-Raxiの7周年記念として、Amate-raxiを中心に活動する"Guidance〜導き導かれる人生〜"と"AREJANDRO"に"HOT BANANA"がパーティーをサポートする。目玉は15年ぶりにライブを披露すると言うDJ Quietstorm × L?K?Oのセッションで、一体どんな音が飛び出すのか予想もつかない楽しみがあるが、Guidanceには馴染みの深い瀧見憲司やBoredomsのEYE、更にはBoredomsやThurston Mooreにもドラマーとして参加しているLone Wolf(Ryan Sawyer)がドラム・ライブとDJを披露するなど、アニバーサリーらしい豪華な出演陣だ。それだけではなくフードやシーシャバーに加え映像による楽しみなど、五感を刺激する色々な要素が盛り沢山のパーティー、期待せずにはいられない。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2014/1/24 Guidance〜導き導かれる人生〜 9th Anniversary @ Amate-raxi
音楽ジャンルを限定する事なく変化を続けながら、音楽以外の楽しみ方も持ち込んで多角的な楽しみ方の出来る一夜を作り上げるパーティー、"Guidance〜導き導かれる人生〜"。そんなGuidanceも遂に9周年を迎えたが、そのスペシャルな一夜にはベルリンのバレアリックシーンで頭角を表しているEnzo Eliaをゲストに、国内からAltzや瀧見憲司らが参加し、アニバーサリーらしい錚々たる面子が揃った。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
BEST OF 2013
今年も一年間当ブログを御覧頂いた読者の皆様、どうもありがとうございました。ElevenやSecoの閉鎖、関西方面ではオールナイトのパーティーは禁止となるなど、相変わらずパーティーを楽しむ人にとっては厳しい状態が続いております。その一方でOrigamiやLouverと言った新しいクラブもオープンしたり、また日本人が中心となるパーティーも増えているように思われるし、素晴らしいパーティーを作りたいと燃えているアーティストやオーガナイザーの熱い志に触れる機会があった一年でした。音楽にしても売れる量は確かに減っているものの、アナログ・レコードはその存在感を強めているし、良質なダンス・ミュージック作品も多かったと思います。で年間ベストに選んだ作品はリスニングとして耐えうる作品が中心になっているのですが、流行とかとは無縁なある意味ではベタな作品が多くなりました。結局時代に関係なく聴ける作品が自分の中で印象に残っているみたいですが、それとは別に毎週パーティーで最新のテクノやハウスを聴く事で、新しい成分を補完していた一年だったかなと。現場へ行く事で新しい音楽仲間の輪が繋がる事も多いわけで、その意味ではやはりパーティーへ足を運んで体験する事は重要な要素だったと思います。それでは、来年も良いお年を!
続きを読む >>
| BEST | 13:30 | comments(2) | trackbacks(0) | |
XLAND Records Presents XMIX 03 Kenji Takimi (KSR Corp.:KCCD558)
XLAND Records Presents XMIX 03 Kenji Takimi
Amazonで詳しく見る(日本盤)

2011年に新設されたFreaks Music FestivalはいきなりDJ Harveyを招致し度肝を抜いたが、2012年にはXLANDと名を変え野外フェスとして注目を集める。そのXLANDが手掛けるMIXCDシリーズがこのXMIXで、第一弾にはDJ Harveyを、第二弾にはRub N Tugを起用し捻りの効いたセンスで話題となるが、第三弾は日本からバレアリックを体現する瀧見憲司を起用し、更なるエスプリっぷりを披露している。元々普通でないダンス・ミュージックをプレイし現実離れした異形な世界を創出する手腕には定評があったが、公式では6年ぶりのMIXCDではその手腕には更に磨きを掛けて、最早ダンス・ミュージックですらある事を放棄したかのようにディスコやハウスだけでなくフォークやロックやジャズなどジャンルを横断しつつ、しかしリスニングとダンスのバランスを取りつつ極限までにロマンティックな世界を繰り広げていた。特に冒頭の4曲目辺りまでは享楽的なダンスの興奮を呼び起こすもなく、フォーク〜バレアリック〜コズミックなうっとりと甘美な音によって白昼夢へと誘われる。そこからは快楽的なニューディスコやファンキーなディープ・ハウス、幻惑的にサイケなロック(My Bloody Valentineのカヴァーまである!)など大きな振り幅をもってして、エグい音も織り交ぜながらBPMとジャンルを意識させることなく大胆な展開を作っていく。肉体へ作用する生命力に溢れたグルーヴと、精神に作用する倒錯的なサイケデリックと快楽的なバレアリックの応酬には、抗う事さえ出来ないだろう。終盤には見計らったように感動的な流れを用意しているが、物哀しいラウンジ系ハウスの"Cafe de Flore (Charles Webster's Latin Lovers Mix)"からNina Simoneのジャズ名作"My Baby Just Cares For Me"でそれまでの興奮を沈めるかのように、甘美ながらも和やかな空気で心地良い余韻を残してDJミックスは終わる。70分のDJミックスに収められた瀧見憲司によるストーリーは、快楽的で刹那的で、そして狂おしい程に美しい。

試聴

Check "Kenji Takimi"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE9 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(1) | |
2013/9/28 Eddie C Japan Tour 2013 Powered by Guidance × SPES-LaB. @ Amate-raxi
ニュー・ディスコ/ディスコ・リエニュー・ディスコ/ディスコ・リエディット、そして新作ではヒップホップの影響まで表現したEddie Cの来日公演。それを迎え撃つはCrue-L主宰、日本におけるニュー・ディスコの代表格とも言える瀧見憲司と、この手の音楽が好きな人にとってはこの上ない組み合わせだ。パーティー自体はGuidance × SPES-LaB.がサポートする事もあり様々な要素のエンターテイメントを伴う事が予想され、前々から期待していたパーティーだ。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2013/1/19 Guidance〜導き導かれる人生〜 8th Anniversary @ Seco
昨年から堰を切ったように怒涛の勢いでパーティーを開催している"Guidance〜導き導かれる人生〜"。なんと2013年1月21日で8周年と言う事で、直前にも8周年のパーティーが幾つか開催されました。この日は夕方7時から翌朝9時までの14時間にも及ぶロングパーティーで、日が変わる迄の前半はライブ中心、日が変わってからの後半はDJ中心と楽しみ方も自由自在な形でのパーティーでした。出演者は今までにもGuidanceに関わってきた国内勢の実力者が集結し、お世辞抜きに休む暇など全くない程に代わる代わるDJが交代し目まぐるしくも興奮と熱狂が入り乱れる一夜となりました。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Being Borings - Esprit (Crue-L Records:KYTHMAK145DA)
Being Borings - Esprit
Amazonで詳しく見る

90年代からクラブミュージック・シーンのみならず渋谷系とも密接に繋がりつつ、日本のアンダーグラウンドな位置から海外のレジェンド・アーティストまでうならせる音楽を送り出してきたCrue-L Records。その総帥こそが瀧見憲司であり、レーベルを代表するCrue-l Grand Orchestraの舵取りを行なってきたアーティスト/DJだ。ここ数年はCrue-l Grand Orchestraとして活動は鳴りを潜めLuger E-Go、ML Boosterと言った変名を用いた制作を行なっていたが、ここにきて遂に本命といえる神田朋樹とのユニット・Being Borings名義でのアルバムが完成した。この作品に於いて先ず注目されるのは音の多くがサンプリングとエディットによって構成されている事だが、一般的なサンプリングの効果と言える曲を特徴付ける使い方はせずに、サンプリングの全てが曲を曲たらしめる為にそれぞれがコラージュされ一つの楽曲と成る為に使用されているのだ。よってサンプリングのネタ探しは意味を成さないものとなり、だたここにはコラージュの結果としての音楽があるのだ。とまあそんなウンチク話はおいておいて、久しぶりとなる瀧見憲司のアルバムは本当に素晴らしい。10年前にリリースされたCrue-l Grand Orchestraの3枚目からもう既に10年も経っているが、ジャンルとしてのスタイルは確かに変わりつつもダンスミュージックの枠組みだけに囚われない自由な表現方法や思想、そう言った根底にある物はさほど変わっていないように聞こえる。ディスコ・ダブだ、バレアリックだ、スローモーでブギーだと言う踊る目的にも向けられたダンストラックとしての前提は当然あるが、その先にある現実離れした神々しいまでの普遍的な祝祭感は10年前から続いているものだ。真夜中のピークタイムにやってくる圧倒的な興奮とはまた別の、踊り疲れた朝方の心神喪失状態に訪れるあの桃源郷の世界が、このアルバムの中にも広がっている。快楽的・享楽的な猥雑とは一線を画す優雅でありつつも中毒的なサイケデリアが満たされ、現代的な音楽のモードも内包しながらCrue-L Recordsらしい一時のトリップを体験させてくれるのだ。単なるDJでもない、単なるアーティストでもない、瀧見憲司と言う表現者が創り上げた一大絵巻。

試聴

Check "Kenji Takimi"
| HOUSE8 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Being Borings - E-Girls on B-Movie (Crue-L Records:KYTHMAK139)
Being Borings - E-Girls on B-Movie

日本のアンダーグラウンドかつバレアリックなCrue-L Recordsを束ねる瀧見憲司。古くはCrue-L Grand Orchestraでの活動がメインだった彼も近年は幾つかの変名を用いながら制作をしていましたが、2011年には神田朋樹とのユニットであるBeing Boringsの活動を開始させ、瀧見が関わったアルバムとしては随分と久しぶりとなるBeing Borings名義でのアルバムをリリースしたばかりです。とその前にこの名義でのEPがリリースされていておりますが、エディットやアルバム未収録の曲で構成されているのでこちらも要チェックです。"E-Girls On B-Movie(KT Re-Edit)"は微妙にリズムが崩れた変則的なキックが切り込んで来る構成をしていて、零れ落ちる泣きのピアノの旋律やセンチメンタルな情感で覆い尽くすストリングスが神々しく、もう殆ど映画を観ているようなドラマティックなハウスとなっています。そしてアルバム未収録の"Red Hat and Black Sun"は上モノにゴージャスなディスコサンプルを反復させたであろう優雅に舞い踊るディスコ・ハウスではあるものの、ギクシャクとした枠を外れたグルーヴ感が生々しい肉体感を生み出していて、一見優雅でありつつも何処かにクセを持たせた作風に尖ったセンスを感じさせます。裏面には前作収録の"Love House of Love"のEric Duncanによるリミックスを収録しており、フィルターを大胆に効かせて派手だった面を抑制をしながらディスコ・オリエンテッドな作風へと生まれ変わらせ、よりDJユース向けに使い勝手の良い曲と仕立てあげています。3曲ともCrue-L Records、そして瀧見憲司以外には成し得ない日本から生まれたディスコ・ハウス的な内容で、この後のアルバムも期待せずにはいられませんね。

試聴

Check "Kenji Takimi"
| HOUSE8 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2012/6/8 OATH 7th ANNIVERSARY DAY 1 @ Oath
青山大学の裏手にある一見小さなBar風なクラブが青山のOath。30人位入ればいっぱいになってしまう小さなクラブながらも、東京では珍しい出入り自由な場所で何処からか音楽好きが集結する楽しい溜まり場と言えるでしょう。この日は7周年と言う事もあって同じ建物にあるクラブ"蜂"も借りて3フロア開放し、テクノ〜ハウスに渡る東京の夜を盛り上げているDJを呼び集めての豪華絢爛なパーティーとなりました。
続きを読む >>
| EVENT REPORT3 | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Being Borings - Love House of Love (Crue-L Records:KYTHMAK135)
Being Borings - Love House of Love

新作を立て続けにリリースしているCrue-L Recordsから、Being Boringsなる未知のユニットが新作をリリース。と思ったら瀧見憲司のLuger E-Go (Tiger Leo)名義に次ぐ新たな名義だそうで、Crue-l Grand Orchestraも含めると色々名義があって何のこっちゃと言う思いです。だが内容は抜群なブギーでファンキーなディスコダブ/ハウスで、Crue-L Recordsの安心印がしっかり刻印されております。"Love House of Love"はブリブリとしたベースラインとドスドスとした芯のあるリズム、そして祝祭を彩るコーラスワークにファンキーなギターカッティングも絡み合い、眠った精神も覚醒する力強いインパクトとそして朧げなサイケデリアを誘発する愛のハウス。まんまタイトル通りと言うかCrue-Lの音ってどんなに快楽的でも、優しい愛があったり心酔してしまう美しさがあり、スタイルは時代に合わせて微妙に変わっても根本的な部分では不変なんですね。裏面に深いダブ処理が際立つ"Some Are Here And Some Are Missing"を収録。タイトル曲の派手な作風に比べ、こちらはじっくりと深層心理へとダイブするような鎮静効果がありながらも、しかし色々なSEやギターやシンセの残響が混沌とした世界も描き出すサイケなディープハウス。両面とも瀧見憲司らしい多幸感とサイケ感がモクモクと立ち込めており、レーベル主宰者がCrue-Lと言うレーベルの魅力を見せつけた一枚と言えるでしょう。

試聴

Check "Kenji Takimi"
| HOUSE7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
The Beauty - Tribute To The Horror EP (Crue-L Records:KYTHMAK136)
The Beauty - Tribute To The Horror EP
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)

日本が誇るバレアリックでアンダーグラウンドなレーベル・Crue-L Recordsの新作は、Yuji Odaのユニット・The Beautyなる新人によるデビューEP。で新人かと思ったらFaron Squareと言う名義でも活動している人だそうで、彼の音源がCrue-L Recordsのボスである瀧見憲司の耳に入りめでたくCrue-Lからアナログを出す事になったそうな。タイトル曲の"Tribute To The Horror"からしてレーベルのトリッピーな感覚が迸るサイケデリックでバレアリックなハウスで、鎮魂歌の祈りを捧げるような歌がバックで微かに聴こえ派手派手しくも何処か宗教的で、正にタイトル通り未知なる物への畏怖の念もこもった力作。そして夏の終わりの物悲しさが漂うソフトロックな"Fifth Regret"や、切なさも残しつつ前向きな力に転換させた色鮮やかなレイヤーが被さる"Stay The Word"と、3曲ともデビュー作にしてどれも現実と夢の狭間を彷徨うファンタジーが溢れたCrue-L節が全開。裏面にはLuger E-Go名義のKenji Takimiがタイトル曲のリミックスを提供していて、ダビーな音響によって飛びの効果を上乗せしたディスコダブ仕様なリミックスを披露。こちらはよりフロア向けな壮大な展開を持った鎮魂歌と言え、汗が充満する真夜中のフロアでもはっと酔いも覚める流れを作れそうです。

試聴

Check "The Beauty"
| HOUSE7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2010/12/3(FRI) The Boss @ Liquidloft
DJ : 高橋透 × N.R.B.K.J [CMT, Universal Indiann, Shhhhh]

2010/12/4(SAT) groundrhythm @ Air
DJ : Kaoru Inoue, Kenji Takimi, HIROKI MURAI a.k.a Psychedelic Bus

2010/12/11(SAT) root & branch presents UBIK @ Unit
Live : Luke Abbot, aus
DJ : yoshiki, DJ Yogurt

2010/12/11(SAT) OVUM 15TH ANNIVERSARY PARTY IN TOKYO @ Womb
DJ : Josh Wink

2010/12/11(SAT) Joaquin Joe Claussell Presents The Resurrections Tour @ Eleven
DJ : Joaquin Joe Claussell

2010/12/18(SAT) deep river @ 東京都現代美術館 content
DJ : Calm, Pepe California, DJ Yogurt
Live : DSK Kojima, Inner Science, Kenkou feat .Sinsuke Fujieda, Kotaro Yoshida

2010/12/22(WED) MILD SEVEN PRESENTS 「BLUE WINDY NIGHT」@ Club Asia
DJ : DJ QUIETSTORM, EYE, KEN ISHII, O.N.O, REBEL FAMILIA

2010/12/24(FRI) WINTER WONDERLAND @ Eleven
DJ : Frankie Knuckles, DJ Nori

2010/12/25(SAT) CHAOS @ Eleven
DJ : Fumiya Tanaka
Live : Portable aka Bodycode

2010/12/26(SUN) Joaquin Joe Claussell Presents The Resurrections Tour @ Eleven
DJ : Joaquin Joe Claussell

2010/12/29(WED) Microcosmos 2nd Anniversary Presents THERE WAS A TIME @ Microcosmos
DJ : 矢部直, Raphael Sebbag, 松浦俊夫, 高木完 & K.U.D.O, 沖野修也, 井上薫
| UPCOMING EVENT | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2010/10/10 MADCHESTER NIGHT 2010 @ SEATA
イギリスにおいて90年前後に爆発したムーブメント、それがマッドチェスター。ダンスとロックの邂逅によるインディーダンス、アシッドハウスによるトリップ、危険なエクスタシーの誘惑はクラブ・ハシエンダでの狂乱を呼び起こし、ロック野郎共さえもダンスの道に引き込んでしまった。今回はマッドチェスターの時代を体験したDJ Yoda、Kenji Takimi、DJ Yogurtの3人がそんな時代を再現した。

内容に関してはもうツボに入りまくりの選曲で、Primal Scream、My Bloody Valentine、The Stone Roses、New Order、The Charlatans、James、The La's、KLF、The Boo Radleys、Rideなどのロックミュージックのダンスリミックスを中心とした踊れてロッキンなプレイ。つまりはロックとダンスが交差して個人的には一番ロックが楽しかった時代を思い出させる内容で、今となってはちょっとダサさも漂うインディーダンスを懐かしくも思いつつ腰にグイグイくるグルーヴでしっかりと踊らせて頂きました。予想していたアシッドハウスやアンビエントハウスは殆どかからなかったはずで、踊れるロックと言うコンセプトでプレイしたのかもしれないですね。残念ながら朝方4時頃にクラブを出てしまったのでDJ Yodaのプレイは聴けなかったのですが、その後にもBlurやMassive AttackもプレイされUKロック満載な一夜だった様です。一年に一度のパーティーだそうですが、たまにはこんな時代を感じさせるコテコテなパーティーは懐かしさもあって楽しいものです。また来年も是非!
| EVENT REPORT3 | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2010/10/01(FRI) Bed Making × 恥骨粉砕 @ heavysick ZERO
SPECIAL GUEST LIVE : ホテルニュートーキョー
SPECIAL GUEST DJ : TAICHI
RESIDENT DJ : L?K?O, DJ YOGURT
Bed Making DJs : KOR-ONE, Makossa, KURARA, I-TAL
恥骨粉砕 DJs : mew, DUBINCH, No`n, JUMBLE

2010/10/02(SAT) groudrhythm @ Air
DJ : Kaoru Inoue, Hikaru, HIROKI MURAI a.k.a Psychedelic Bus

2010/10/02(SAT) Four Seasons of Deep Space ~Autumn~ @ Eleven
DJ : Francois K.
Live : Cro-Magnon

2010/10/08(FRI) E-NAUT @ Eleven
LIVE : Calm -Moonage Electric Quartet-, Kuniyuki -live pa set-
DJ : DJ NORI, TAKAMORI K.

2010/10/09(SAT) CHAOS @ Eleven
DJ : Fumiya Tanaka, Zip

2010/10/09(SAT) Rejected Label Night @ Womb
DJ : Joris Voorn, Edwin Oosterwal

2010/10/09(SAT) Electric Skywalker @ Unit
LIVE : SYSTEM 7
DJ : SECRET CINEMA, RENNIE FOSTER

2010/10/10(SUN) MADCHESTER NIGHT 2010 @ SEATA
DJ : YODA, KENJI TAKIMI, DJ YOGURT

2010/10/16(SAT) freerange tokyo @ Warehouse
DJ : Tom Middleton, Jay Zimmermann aka JZ, DJ Sam Fitzgerald, Aosawa, Kaji

2010/10/23(SAT) Clash × Drumcode @ ageHa
DJ : Adam Beyer, Cari Lekebusch, Ida Engberg

2010/10/23(SAT) HOUSE OF LIQUID - liquidroom 6th anniversary @ Liquidroom
DJ : LEN FAKI × 石野卓球 × DJ NOBU

2010/10/30(SAT) Real Grooves Volume 43 RG Halloween Costume Party @ Eleven
Live : Stephen Beaupre
DJ : Akufen, Takuya × Kikiorix
| UPCOMING EVENT | 07:00 | comments(4) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2010/07/03(SAT) UNIT 6th Anniversary Premier Showcase @ Unit
Special Live : Cluster
Live : Boris, evala
DJ : Fumiya Tanaka, KENJI TAKIMI, Ten

2010/07/03(SAT) Four Seasons of Deep Space ~Summer~ @ Eleven
DJ : Francois K., Toshiyuki Goto

2010/07/09(FRI) SUNSET PALM 2010 PRE-PARTY @ Unit
Special Guest DJ : Ewan Pearson
Special Guest Live : Dachambo
DJ : Shinya Okamoto, Motoki aka Shame
Live : qii

2010/07/09(FRI) ARIA 10 @ Air
DJ : Joel Mull, DJ Sodeyama

2010/07/16(FRI) Terrence Parker's 30 Years of DJing Anniversary Tour @ Eleven
DJ : Terrence Parker, DJ NOBU, Conomark

2010/07/16(FRI) ALTVISION @ Unit
Special Live Showcase : POLE VS. DEATBEAT
DJ : DJ Wada, Ree.K, Hina

2010/07/17(SAT) W @ Womb
DJ : James Holden, DJ Wada

2010/07/18(SUN) Mark Farina Japan Tour 2010 @ Eleven
DJ : Mark Farina, Remi

2010/07/18(SUN) Metamorphose pre-party LIQUIDROOM 6th ANNIVERSARY @ Liquidroom
DJ : Theo Parrish, Maurice Fulton

2010/07/31(SAT) Blue Windy Night "Clash" @ ageHa
Live : Los Hermanos
DJ : Green Velvet, DJ Tasaka

7月も気になるパーティー多数ですが、仕事の都合でどれに行けるかは未定。取り敢えず糞ファンキーなゴスペルハウスを展開するであろうTerrence Parkerだけは聴きたい。
| UPCOMING EVENT | 15:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
2010/06/19 Crue-L & Pigeon Presents "THE FUTURE IS MYSTERY" @ Loop
去年デビューを果たしビートダウン〜ディスコリエディット方面で注目を集めているEddie Cが初来日。そんな彼に対抗出来る日本人と言えば、Crue-l Recordsの瀧見憲司。と言う訳でその二人がプレイするパーティーに行ってきました。

フロアに着いたのが1時過ぎで、既にEddie Cがプレイ中。序盤はEddie C自身の音にも近いスローなハウスやディスコリエディットが中心だったかな。どこかノスタルジーを感じる懐かしくて切ないハウスで、がつがつ踊るのではなく音に身を任せられるリラックスした展開でふんわりと気持ち良い。音に彩りがあり、芳醇なメロディーが優しいのです。勿論一晩中まったりな訳はなく、途中から徐々に上げていきコズミックなディスコダブ、ブギーなハウスやデトロイトハウスもプレイして、黒いファンキーさを増しながら熱と汗臭さを帯びた音が増えていく。ファンクネスとロマンスの入り交じった古めかしい雰囲気がたっぷりと感じられて、彼に期待していた音を浴びる事が出来ました。

2時半に瀧見憲司に交代すると瀧見ワールドへとがらっと変容。テクノっぽいクールなトラックから始まったと思えば、サルソウルを思わせる華やかなガラージ系、ロッキンでノイジーなダンストラック、アシッドハウスや奇っ怪な音が鳴り響くトラックまで、とにかく変幻自在と言うか先が全く読めない。だからと言って踊れない訳じゃなく、バラバラで分裂気味の様でありながら、予想の出来ない面白い変化を繰り返しガツンとフロアを盛り上げておりました。良く言えばオリジナリティーがあり、逆に独創性が強くもあり、はまる人ははまるし、その逆も然りなプレイ。自分は酔っぱらっていたせいもあってか、毒々しささえ感じられる不思議なプレイを楽しむ事が出来ました。

4時以降は再度Eddie Cが登場して、ドラッギーなテクノでばりばり上げたりパンピンでファンキーなハウスもプレイして、一度目よりも派手な印象が強かったのだけど…飲み過ぎて頭もぼ〜っとしていたので、そんなに記憶がありません。疲れたので5時に脱出。割と期待していた音が聴けたので満足でした。

■Kenji Takimi - SESSIONS VOL.2”THE DJ AT THE GATES OF DAWN -DANCESTONELIVE-"(過去レビュー)
Kenji Takimi-SESSIONS VOL.2”THE DJ AT THE GATES OF DAWN-DANCESTONELIVE-”
Amazonで詳しく見る
| EVENT REPORT2 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2010/06/04(FRI) Autechre @ ディファ有明
Live : Autechre
DJ : Juan Atkins, Cloude Young, EYE

2010/06/04(FRI) MONK!!! @ Seco Lounge
Live : CRO-MAGNON, DUB STRUCTURE #9
DJ : ALTZ, HIKARU, CMT

2010/06/04(FRI) dance rodriguez @ Unit
Live : Auto Repeat a.k.a. DJ ELIN
DJ : Steve Bicknell -close the night with Lost Set-, Keita Magara, Mitchelrock

2010/06/05(SAT) groundrhythm @ AIR
Live : KAORU INOUE Feat. JEBSKI + NAG
DJ : KAORU INOUE, PSYCHEDELIC BUS aka HIROKI MURAI

2010/06/11(FRI) ISLAND @ amate-raxi
DJ : Secret DJ!!! × DJ Yogurt - Exclusive long set!!-, CHIDA

2010/06/12(SAT) CHAOS @ Eleven
Live : Thomas Melchior
DJ : Fumiya Tanaka

2010/06/19(SAT) The Real Thing @ Eleven
DJ : Frankie Feliciano

2010/06/19(SAT) Crue-L & Pigeon Presents "THE FUTURE IS MYSTERY" @ LOOP
DJ : EDDIE C, KENJI TAKIMI

2010/06/25 (FRI) 濡れ牧場 x MOODMAN @ Liquidloft
DJ : 濡れ牧場 x MOODMAN

2010/06/26 (SAT) house of liquid presents FIXED @ Liquidloft
DJ : CHIDA, DJ Conomark, KABUTO, KATSUYA, TARO

2010/06/26 (SAT) DEEPER SESSION vol.04 @ Module
DJ : No Milk, Rondenion, Kez YM, Sisi, Tomotsugu Kondo, y.

2010/06/26 (SAT) PANGEA 6th Anniversary @ Unit
GUEST : THE REVENGE
DJ : NAKA-G, SUPERNOVA, SHINYA-Y

SALOON
DJ : DJ YOGURT TIMO, YUYAMA TSUYOSHI, YUKI

2010/06/27(SUN) MUSICO 4 @ 東京都現代美術館
DJ : DJ Yogurt and more

MOTで開催される食と音楽のミックス・アップパーティーMUSICO、前回行けなかったので今回は行きたいな。あとはオウテカ来日パーティー、目当てはホアンとクロヤンですが。現在注目を集めるビートダウンハウサー・EDDIE Cは初来日かしら?
| UPCOMING EVENT | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2010/05/01(SAT) CABARET @ Unit
Live : DBX
DJ : Daniel Bell, yone-ko, masda, sackrai

2010/05/01(SAT) FORWARD @ Air
DJ : Francois K., Calm

2010/05/01(SAT) Mother presents UNIVERSAL SOUND OF ORCHESTRA @ ageHa
Live : System 7, Son Kite and more
DJ : Mixmaster Morris, Artman, Sinn and more

2010/05/02(SUN) Thomas Fehlmann Japan Tour 2010 @ Eleven
Live : Thomas Fehlmann
DJ : DJ Wada, Universal Indiann

2010/05/02(SUN) Rainbow Disco Club @ 晴海客船ターミナル臨港広場特設ステージ
"RAINBOW DISCO"
DJ : DJ HARVEY, METRO AREA, KENJI TAKIMI, KOJIRO, MATT EDWARDS, NICK THE RECORD, GO KAMINOMURA

"THE TOP"
LIVE : VINCE WATSON, MIRKO LOKO, SIDE B
DJ : AME, LEON & SKINNI PANTS, TEZ & KUSDA, LOUD MINORITY RADIO, KELIE

2010/05/04(TUE) LARRY HEARD JAPAN TOUR 2010 @ Air
DJ : Larry Heard, DJ Sprinkles a.k.a. Terre Thaemlitz

2010/05/04(TUE) Redshape Japan Tour @ Module
Live : Redshape
DJ : Keihin, Gonno, Naoki Shinohara

2010/05/04(TUE) MINUS CONNECTED #8 @ Womb
DJ : Richie Hawtin

2010/05/07(FRI) CLUB MUSEUM 7th Anniversary!! "777" @ Unit
DJ : FREQUENCY 7 aka Ben Sims + Surgeon - 7 HOURS Show ! -

2010/05/08(SAT) DJ HARVEY 2010 tour of Japan @ Eleven
DJ : DJ HARVEY, DJ GARTH

2010/05/15(SAT) FUTURE TERROR VS BLACK CREAM @ Liquid Loft
DJ : FUTURE TERROR(DJ Nobu, Haruka, Kurusu) & BLACK CREAM(HATTORI, SE-1, Apollo)

2010/05/21(FRI) root & branch presents UBIK @ Unit
DJ : Norman Nodge, DJ Nobu

2010/05/29(SAT) Real Grooves Volume 41 Samurai FM Relaunch Tokyo @ Eleven
Live : Pier Bucci, Yasuharu Motomiya
DJ : Pepe Bradock, MX

2010/05/30(SUN) SOLAR FREQUENCY @ お台場青海シーサイドコート
【GALAXY STAGE】
DJ : JEFF MILLS, TAKKYU ISHINO, KEN ISHII, DJ NOBU, LOUD ONE

【WOMB SATELLITE STAGE】
DJ : DJ Aki, THE AMOS, Dr.SHINGO, RYUSUKE NAKAMURA, DJ LUU, スガユウスケ, DJ HARRY

【YOUNAGI AREA】
DJ : IZURU UTSUMI, DJ YOGURT, Shhhhh, Q, SINN

まだGW近辺の仕事の予定に目処がつかないので、どのパーティーにいけるかは未定。Thomas Fehlmannのライブは良いよ〜、エレガンスなダブテクノ。Larry Heard+DJ Sprinklesも行きたい、オールドスクールなハウスが多そう。そして最近軟弱になっている自分にはベンシム+サージョンのハードミニマル7時間地獄が気になるが、一夜を耐えきる自信は無いし、男臭そうなパーティーだよなぁ…。だがそこに痺れる憧れる!
| UPCOMING EVENT | 08:00 | comments(9) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2009/12/04 (FRI)
STRICTLY ROCKERS AND OIL WORKS MIXCD RELEASE PARTY @ Grassroots
DJ : DJ Yogurt, DJ Yazi

2009/12/05 (SAT)
groundrhythm @ Air
Live : Kaoru Inoue
DJ : Kaoru Inoue, PSYCHEDELIC BUS aka HIROKI MURAI

2009/12/12 (SAT)
ageHa 7th Anniversary CLASH50 @ ageHa
DJ : Takkyu Ishino, Ken Ishii, Fumiya Tanaka, Q'hey and more

2009/12/18 (FRI)
root & branch presents UBIK @ Unit
DJ : TONY LIONNI, yoshiki
Live : ditch

2009/12/22 (TUE)
Guidance〜導き導かれる人生〜 @ CLUB AXXCIS
Live : ALTZ, DE DE MOUSE
DJ : EYE, DJ Yogurt, Hiroshi Kawanabe, REE.K

2009/12/25 (SAT)
So Very Show! @ Womb
Live : Nathan Fake
DJ : Hiroshi Kawanabe, Kentaro Iwaki

2009/12/26 (SAT)
CHAOS @ Unit
DJ : Fumiya Tanaka

2009/12/31 (THU)
ELECTRONIC TRIBE YEBISU NEW YEAR'S PARTY 2010 @ 恵比寿ガーデンホール
DJ : Laurent Garnier, Mixmster Morris, DJ Krush, 80Kidz, DJ Baku, Daniel Wang, Kenji Takimi

2009/12/31 (THU)
"2000" UNIT NEW YEAR'S PARTY 2010 Featuring : Hard Wax Night @ Unit
GUEST : Mark Ernestus with Tikiman, Tikiman Live with Scion, DJ Pete
DJ : KAORU INOUE, JUZU a.k.a. MOOCHY

井上薫初ライブは行きたいな。会社の忘年会さっさと切り上げて行くか。CLASH50も無料だから、まあ気軽に遊びに行く感じで。TONY LIONNIは初来日じゃないだろうか、ゴクリ…。"導き導かれる人生"もみんなで行きたい。カウントダウンは恵比寿の方に行くと思います。Mark Ernestusの方は2000円で安いけど、激混みで踊れない予感がするので。
| UPCOMING EVENT | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Luger E-Go Tiger Leo - Another Sun Lula (Crue-L Records:KYTHMAK123)
Luger E-Go Tiger Leo - Another Sun Lula
Amazonで詳しく見る

Crue-L Recordsの主宰者・瀧見憲司率いるLuger E-Goの新譜(前のコンピにも入ってたっけ?)。ヴァイナル中心で新譜出してるけど、そろそろアルバムでもどうなんでしょう、瀧見さんって感じですが。でも内容は本当に素晴らしき和製バレアリック。リミックスなどを含めた3つのバージョンが収録されていて、"Club Mix"は超ダウンビートでその上のサイケデリックでドラッギーな上物が染まっていくサイケチルアウト。ふわふわとした浮遊感と意識が薄れ行く酩酊感が、じわじわと広がっていく。"LETL Marine Drive Remix"はそれを更にノンビートかつアコースティックに仕立て上げたフォーキーチルアウト。休日午後三時のコーヒータイムに合いそうなカフェミュージックだ。そして一番のお勧めは"Mark E Remix"、まじパネェっす。ねっとりずっしり重いキックを生かしたスローなハウスなんだけど、ドゥープかつディープかつドラッギーな沈み込み具合が半端ない。空間が歪んでいくような錯覚さえ覚え、心神喪失状態に陥りますぞ。と思ったら途中から楽天的でハッピーなシンセサウンドが入ってきたり、浮き沈みのある展開でした。アフターアワーズに聴きたい昇天系サイケデリア。

試聴

Check "Kenji Takimi"
| HOUSE5 | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2009/09/05 (SAT)
Makin' Love Mix @ Grassroots
DJ : DJ Yogurt, LATIN QUARTER, LUV RAW

2009/09/08 (TUE)
INNERVISIONS Presents THE GRANDFATHER PARADOX @ Air
DJ : SECRET GUEST DJS

2009/09/12 (SAT)
root & branch presents UBIK @ Unit
DJ : MIRKO LOKO, MOODMAN, DJ NOBU

2009/09/18 (FRI)
TOKYO COLLABORATION #20 @ Womb
DJ : Francois K., OSAMU M

2009/09/19 (SAT)
TAICOCLUB’09 KAWASAKI
DJ : Carl Craig, JAMES HOLDEN, Theo Parrish, OMAR-S, DJ KENSEI and more
Live : sleeparchive, ISOLEE, monolake, 原田知世(萌え☆)

2009/09/21 (MON)
So Very Show ! “Border Community” show case @ Womb
DJ : James Holden
Live : Luke Abbott

2009/09/22 (TUE)
HORIZON presents TOM MIDDLETON "ONE MORE TUNE" TOUR @ Unit
DJ : TOM MIDDLETON, ALTZ, TAKIMI KENJI

2009/09/22 (TUE)
SUBLEVEL×2E2L presents DOC MARTIN JAPAN TOUR in TOKYO @ Womb
DJ : DOC MARTIN, LUU, PUNCHI

2009/09/26 (SAT)
Reel Up '09 - Ken Ishii 15th Anniversary Party - @ Womb
DJ : KEN ISHII, YAMA, Renato Cohen
Live : Motor

2009/09/26 (SAT)
AIR 8TH ANNIVERSARY #2 @ Air
DJ : Theo Parrish

9月上旬に行けるのはINNERVISIONS位かなぁ…。メタモには行けないし凹むが、タイコに行けるから我慢。タイコ行ってもシート敷いて寝ながら聴くだけで十分。ジェームスホールデンかセオパリのロングセットは、どっちか行きたいな。と言っても8月に色々ありすぎたんで、9月は落ち着きも欲しいところ…
| UPCOMING EVENT | 12:00 | comments(4) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2009/07/03 (FRI)
UNIT 5th Anniversay Party
Live : SILVER APPLES, Buffalo Daughter, SALMON feat. MAKI999
DJ : KENJI TAKIMI, DJ NOBU, CHIDA, DJ KIMI

2009/07/10 (FRI)
CABARET Celebrate the 5th anniversary of UNIT!!
DJ : DANIEL BELL, CASSY

2009/07/10 (FRI)
Bound for Everywhere -3rd Anniversary- @ Wedge
DJ : Calm

2009/07/11 (SAT)
MILD SEVEN presents BLUE WINDY NIGHT @ ageHa
DJ : Francois K, Derrick May

2009/07/17 (FRI)
THE BEACH @ MICROCOSMOS
DJ:Toshio Matsuura, Kaoru Inoue

2009/07/19 (SUN)
MIDNIGHT DJ LOUNGE “human” @ MICROCOSMOS
DJ : Nick Jones, Aron T

2009/07/19 (SUN)
Francois Dubois aka Funk D' Void Japan Tour Osamu M&Satoshi Fumi "Outerspace" Release Party @ Womb
DJ : Francois Dubois a.k.a. Funk D'Void, Osamu M, Satoshi Fumi

2009/07/31 (FRI)
WARRIOR ON THE DECKS Launch Party @ Air
DJ : Ken Ishii

スケジュール的に行けないのが多いです。ミクロコスモスの"The Beach"なんか楽しそうで行ってみたいのに。デリック×フランソワは流石に来日し過ぎて、有り難みを全く感じなくなっているこの頃。月末のケンイシイは久しぶりに行きたい。GWはクラシック回しまくったそうで、今回も期待したい。
| UPCOMING EVENT | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Luger E-Go - A Trader In Furs Living In Exile (Crue-L Records:KYTHMAK107)
Luger E-Go-A Trader In Furs Living In Exile
Amazonで詳しく見る

Crue-L RecordsのEPを連続で紹介してきましたが、その最後は主宰者であるKenji TakimiことLuger E-Goの一曲。またこれが素晴らしく良いんだから、ほんとまいっちゃいます。なんと飼い猫の鳴き声をダビーに加工させてトラックに取り込んだ、何とも不思議でドリーミーな超緩めのハウスなんだけど、フニャ〜ンなどとふざけた様に歌っている?その鳴き声がトリッピー過ぎ。悲壮感を漂わせているピアノも麗しくもダウナーで、じわじわと心に染みてきます。これぞCrue-L Recordsの音を代表するような和製バレアリックと言っても過言ではないですね。しかしそれ以上に素晴らしいのが、Radio SlaveことQuiet Villageに依るリミックス。12分にも及ぶメランコリーの極み、そしてサイケデリックかつダビーな音響空間は恍惚の一言。真っ暗闇の奥底で何かが蠢き、何かが鳴っている様な、恐ろしくも美しい圧倒的な世界観。深く広くどこまでも堕ちていく感覚は、まるで夢そのもの。こんなにイッチャッテいる曲は久しぶりに聴きました。超絶お勧め。

試聴

Check "Kenji Takimi"

| HOUSE4 | 08:05 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Break Even Point - Death Of A Hills Dancer (Crue-L Records:KYTHMAK106)

Break Even Point-Death Of A Hills Dancer
Amazonで詳しく見る

Crue-L Records設立15周年記念としてリリースされた"Crue-L Future"(過去レビュー)に曲を提供しデビューを飾ったBreak Even Pointのシングルは、同曲のKenji TakimiのLuger E-Go名義とDiscossessionのリミックスを含む内容。Break Even Pointに関しては詳細が全くと言ってよい程不明なんですが、マイアミ在住の二人組だそうです。まずはA面の"Discossession Requiem"、コズミックな上物がトリッピーながらもどこか悲壮感を漂わせるダウナーなサイケデリックハウス。ふらふらと揺れながらズブズブと闇に堕ちていく様な感覚で、覚醒感や快楽とはまた異なる不思議な気持ち良さ。まるでドラッグに溺れて酩酊している危ない感じ。そして狂っているのがB面のLuger E-Goリミックスなんだけど、ひたらすフィードバックノイズが唸りをあげてループするもはやハウスとも言えないノイズトラック。一応4つ打ち使用なんだけど踊れる踊れない以前に、やかましくて発狂しそうですわ。不協和音の如くノイズが心神喪失をもたらす。

試聴

Check "Break Even Point"
| HOUSE4 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Discossession - Mahmoods Moon (Crue-L Records:KYTHMAK117)
Discossession-Mahmoods Moon
Amazonで詳しく見る

前述のレビューに続きまたDiscossessionのEPですが、こちらが彼等の1stリリース。Discossessionに関してはよく知らないんだけど、日本人を含む4人によるユニットみたいですね。バンド名の通りディスコをセッションした様な音楽が特徴で、まだリリース数は少ないものの自分が期待しているユニットの一つです。でこの1stリリースとなるトラックなんですが、まるでAsh Ra Templeなどのジャーマンプログレバンドがディスコに挑戦したような作風になっていて衝撃を受けました。咆哮し空間を切り裂くサイケデリックなギターは攻撃的ながらも、そこにコズミックなシンセリフが加わり、過激さと覚醒感の混ざり合った狂気のバレアリックハウスと言えばよいのでしょうか。ダンスミュージックだけどまるでバンドがプレイしているみたいにロッキンで、でも腰砕きなダンスグルーヴがあって、本当に格好良い。そしてB面にはCrue-L RecordsのボスであるKenji TakimiがLuger E-Go名義でリミックスを提供しているんだけど、オリジナル以上によりドープにサイケデリックな面を強調した暗黒系ダブハウスになっていてこちらも相当やばいです。まるで回転数を間違えたようなレコードを聴いている様に空間がねじ曲げられる音響空間と、金属系のダビーなパーカッションが廃退的に響いてきて、真っ暗闇の亜空間に放り出された気分になります。Crue-Lは狂ってる。

試聴

Check "Discossession"
| HOUSE4 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Discossession - TV Scene (Crue-L Records:KYTHMAK126)
Discossession-TV Scene
Amazonで詳しく見る

Kenji Takimi主宰の日本が誇るバレアリックなレーベル・Crue-L RecordsのEPが幾らかまとまったんで、まとめて紹介したいと思います。これはLinda Di Francoと言うバンドの曲"TV Scene"をDiscossessionがカヴァーし、それをSoft RocksとCheeがリミックスしたトラックを含む、計3曲のEP。まずはDiscossessionのカヴァーだけど、アコースティックで切ない歌物。ダンスミュージックと言うよりはベッドルーム系で、真夜中のチルアウトにも似合いそうなトラック。そしてSoft Rocksのリミックスはと言うとバンドっぽくリズムに躍動感が出ているのだけど、カヴァーのイメージをそれ程壊さずに忠実な雰囲気が強いです。やはり特筆すべきはDiscossessionのメンバーの一人であるCheeによるリミックス。"TV Scene(Celestial Forest Mix)"〜"Arianna Suite"と二つのトラックが合体して計15分にも及ぶ長尺な流れになっているんだけど、天にも昇るコズミックなシンセなども上乗せされてまさにバレアリック一直線でヒプノティックなリミックスに昇華されております。緩くて気怠いのにでもふわ〜んと空へと浮かび上がるようなトリップ感、そしてフロアでの朝方のアフターアワーズにぴったりなメランコリー。長さを全く感じさせないどころか、まるで何時までも続いて欲しい夢の様だ。本当に素晴らしいバレアリックワールドです。

試聴

Check "Discossession"
| HOUSE4 | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2009/01/16 (FRI)
HORIZON presents HOUSE LEGEND ALFREDO AGAIN!! @ Unit
DJ : Alfredo, Takimi Kenji, YODA

SALOON "Erection"
DJ : DJ Yogurt, CRYSTAL, やけのはら, YAMADAtheGIANT, ALF

2009/01/17 (SAT)
Bed making... @ Heavy Sick Zero
Act : L?K?O, G.RINA a.k.a. Goodings RINA, ユダヤ JAZZ, DJ Yogurt, 1TA-RAW, K.E.I

2009/01/23 (FRI)
Taicoclub Presents SO VERY SHOW! @ Womb
Live : Sleeparchive, Akiko Kiyama
DJ : Kaito a.k.a Hiroshi Watanabe, DJ Nobu

2009/01/24 (SAT)
Beatport 5th Aniversary @ Womb
DJ : Richie Hawtin

2009/02/07 (SAT)
root & branch presents UBIK featuring LUOMO @ Unit
Live : Luomo
DJ : Moodman, Hikaru, DJ Yogurt

2009/02/07 (SAT)
groundrhythm @ Air
DJ : Kaoru Inoue
Live : TRAKS BOYS

2009/02/10 (TUE)
World Connection @ Air
DJ : Kerri Chandler

2009/02/14 (SAT)
DBS Presents 2009 "Dubstep Warz" Skream+Benga @ Unit
DJ : Skream, Benga, Goth-Trad, Yama a.k.a. Sahib

世の中が不安や悩みに包まれても、どぉんすとぉっぷざみゅ〜じっく!こんな時こそ必要なのは愛!と言う事でHeavy Sick Zeroのパーティーはブラコン・ナイトらしい。ブラザーコンプレックスじゃなくて、ブラック・コンテンポラリー。DJ YogurtはMakin' Love Set!をやる予定。つまりは愛のあるプレイ!ならば行かんでど〜する〜?ルオモのパーティーにもDJ Yogurt出るのね。ルオモたんは新宿リキッドのライブは愛と狂気が倒錯したライブだったけど、最近はどうなんしょ?きっとまた愛のある一夜を聴かせてくれるかい?ミニマル元坊主に愛は不要だが、ロングセットならたまには聴いてみたい。ケリチャンのDJは最先端のテクノロジーを駆使したプレイで、見た目的にもまじですげーよ。去年行った時はびっくらこいた。そしてハウス愛がある。
| UPCOMING EVENT | 00:05 | comments(4) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2008/10/04 (SAT)
CLASH39×STANDARD @ ageHa
DJ : Francois K., Ken Ishii

2008/10/04 (SAT)
Animismic ~Deep Spiritual and Organic~ @ Unit
DJ : Ron Trent, DJ Olive

2008/10/04 (SAT)
groundrhythm @ Air
Guest Live : Aril Brikha
DJ : Kaoru Inoue, Shutaro Tanizawa

2008/10/04 (SAT)
Double Force @ Seco Lounge
DJ : Nick the Record, Frederic Galliano

2008/10/11 (SAT)
TWO SENSES @ Air
DJ : Toshiyuki Goto, DJ Katsuya, Kazuaki Kawamura

2008/10/11 (SAT)
OVUM presents JOSH WINK @ Womb
DJ : Josh Wink

2008/10/12 (SUN)
HORIZON presents MADCHESTER NIGHT ~20 years from The Stone Roses~ @ Unit
DJ : YODA, Kenji Takimi, Sugiurumn

2008/10/12 (SUN)
Escape @ Air
DJ : Derrick May

2008/10/24 (FRI)
Awake @ Unit
LIVE : Exercise One
DJ : Oliver Bondzio, DJ Wada, HINA

2008/10/25 (SAT)
URBANGROOVE @ Seco Lounge
DJ : Frankie Feliciano, DJ AK
LIVE : Trans Of Life

2008/10/25 (SAT)
WOMBNOISE @ Womb
DJ : Anderson Noise, Ken Ishii

2008/10/31 (FRI)
Air Tokyo Presents Halloweeeeeen Party @ Air
DJ : Ken Ishii

WOMBはがさ入れが入ったそうで、もう流石に終焉の雰囲気を感じるな。そんなに好きなクラブでもないけれど、都内のクラブは本当にやばい状態だ。クラブ摘発より政治家とヤクザを摘発してください、警察は。クラブは悪くなんかないんです。ただ音楽好きが集まってるだけなんです。しかしYELLOWのオーナーが脱税してたそうで、移転→新規開店は難しくなるのかな。どうでも良いけれど4日(土)にイベントが固まり過ぎだよ!自分は久しぶりにケンイシイとフランソワが聴きたいので、アゲハに行きますが。
| UPCOMING EVENT | 09:45 | comments(2) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2007/09/14 (FRI)
SAL BY CORROCHE PRESENTS CROSS MOUNTAIN NIGHTS THE 6TH ANNIVERSARY @ WOMB
Guest DJ : Adam Beyer
DJ : Torsten Feld
LIVE : Dr.Shingo

2007/09/14 (FRI)
Kompakt Night Meets Stefan Marx Exhibition At Beams T Opening Party &
Supermayer First Album Release Party @ YELLOW
DJ : Superpitcher, Toshiya kawasaki
LIVE : Lawrence, Code E
Lounge DJ : Kaito, Lawrence

2007/09/16 (SUN)
Mutant Disco @ Club Wedge
DJ : DJ S2 a.k.a. Santiago Salazar, KZA
Support DJ : MATSUSHIMA, chack

2007/09/21 (FRI)
VADE @ WOMB
DJ : Ben Sims and more...

2007/09/22 (SAT)
Directions @ ageHa
Arena DJ : Laurent Garnier, DJ Wada
Water Bar DJ : Ken Ishii, DJ Yama
Tent DJ : Kenji Takimi, Force Of Nature

2007/09/22 (SAT)
Runch @ UNIT
GUEST DJ : Daniel Bell
GUEST LIVE : The Suffragettes
DJ : Yoshiki, Yone-Ko

2007/09/23 (SUN)
Jerome Sydenham Nagano Kitchen Release Party @ YELLOW
DJ : Jerome Sydenham, Hideo Kobayashi
LIVE : Hiroshi Watanabe a.k.a. Kaito
Lounge : Toshiyuki Goto

2007/09/29 (SAT)
Public Outburst Laurent Garnier Tour @ YELLOW
LIVE : Laurent Garnier(maestro)+Benjamin Rippert(keyboard)+Phillipe Nadaud(saxophone)
DJ : DJ Alex From Tokyo

2007/10/07 (SUN)
Deep Space @ YELLOW
DJ : Francois K.
SPECIAL GUEST LIVE!

2007/10/12 (SAT)
vendor & BAL Presents ON THE FLOOR @ UNIT
DJ : Theo Parrish
LIVE : The Recloose Live Band, CRO-MAGNON
| UPCOMING EVENT | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
BEST OF 2006
来たるべき大晦日が遂にやってきました。今年はPRIDEの不祥事で格闘はK-1しかTV放映されません。非常に残念です。さて、今年の年越しは万座温泉で過ごすので、31日から3日までは外出しています。なのでこの更新も前もってまとめておいたのが、自動でアップされるようになっています。今日は年間ベストを選ぶと言う事で、時間をかけて今年リリースされた物で印象に残ったのを探していたのですが、あちらを立てればこちらが立たず状態でどれを切るか本当に迷いました。年間ベストとは謳っておりますが、実際の所数日後に選び直したらまた内容は変わるだろうし、今の時点の気持ちで選んで物と考えた頂いた方が宜しいかと。でもどれも最高に素晴らしい音楽ばかりなんで、是非参考にしてみてくださいね。

それでは続きをどうぞ。
続きを読む >>
| BEST | 12:00 | comments(12) | trackbacks(4) | |
Crue-L Future Compiled By Kenji Takimi (Crue-L Records:KYTHMAK-100DA)
Crue-L Future Compiled By Kenji Takimi
Amazonで詳しく見る

瀧見憲司率いるCrue-L Records設立15周年+カタログナンバー100を記念し、未発表曲や初CD化の曲を集めた最新のレーベル紹介盤が登場。僕自身はCrue-L Recordsには殆ど興味もないのですが、気になるアーティストも参加していたので取り敢えず購入。1曲目Crue-L Grand Orchestra「More Than Paradise (LUGER E-GO Re-Edit)」からして、既にバレアリックな空気プンプンなチルアウト。悲壮感に漂うストリングスが何度も何度も頭を駆けめぐり、途中から入る優しくもか弱いピアノアレンジに、いつの間にか世界は天国へ。2曲目「Walk Through Happiness(LINDSTROM Remix)」は今が旬のLINDSTROMをリミキサーに迎えています。アコースティックギターの郷愁に満ちた音に、ディスコダブ的なギラギラのベースアレンジを加え、最新のエクレクティックなモードを披露。そして3曲目「Inspiration Information(KAORU INOUE Remix Beatless)」では、クロスオーバーの代表的存在・井上薫が素晴らしいリミックスを披露。ギターアルペジオを多用した開放感あふれるビートレスなアレンジで、井上薫の持ち味が最大限に表現されたアジアンな出来だと思います。そして何と言っても注目は「Spend The Day Without You (EYE Remix#2)」でしょう。元々は限定でリリースされたレコードから、このCD用に再アレンジしたバージョンを収録。EYEによる変態曼荼羅な世界が爆発し、イコライジングを強烈に効かしたハイエナジーディスコサウンドに変容。頭の中を何だか分からない狂気と歓喜が混ざった気持ちが突き抜け、どんな場所でもどんな人でも盛り上がる事間違い無しの一曲です。その後もハウスやチルアウト、ディスコダブなどが収録されていますが、このCrue-L Recordsと言うのは和製イビザなのだと感じました。アンビエントの様に瞑想を誘う訳ではないのですが、実在の時間を無視したスロウな時を刻み聴くだけで心が安らぐパラダイスの世界を提供してくれる音なんですね。「Crue-L Future」と言う通り、これからのレーベルの進むべき道を示した素晴らしいコンパイルだと思います。

試聴

Check "Kenji Takimi"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE2 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(1) | |
Crue-l Grand Orchestra - Crue-l Grand Orchestra (Crue-l Records:KYTHMAK-70DA)
Crue-l Grand Orchestra-Crue-l Grand Orchestra
Amazonで詳しく見る

Kenji Takimi(瀧見憲司) Presents Crue-l Grand Orchestra。長年日本のアンダーグラウンドダンスシーンを支えてきた重要人物であり、ハウスやディスコダブのみならずサイケデリックロックやニューウェーブ、ハードロックまでもプレイし、独特の空間を創り上げる。しかしそんな説明はよそに、彼のユニット・Crue-l Grand Orchestraの2002年最新作は、オーケストラや生音を多用した幸福感とサイケリデリアに染まったチルアウト。イビザやバリ、ハワイで録音されたこのアルバムは、そこの空気をそのままパッキングしたかの様な享楽的で開放的な気分に満ちている。流麗で儚いストリングス、繊細で優しいピアノ、そして自然音などのSEもふんだんに取り入れ、とろけるようなドリーミーな世界が広がっていく。凝っている様で意外とシンプルな構成も、少ない音数でじっくりと気持ち良い音を聴かせてくれる。日本発イビザ直行の短いパラダイスワールド、奇想天外な旅が待っている。美しくも壊れかけの旅が待っている。疲れた日本人の為の、エナジーチャージとして是非勧めたい。ジャケットからしてもう狂ってる。

試聴

Check "Crue-l Grand Orchestra"
| ETC1 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Kenji Takimi - SESSIONS VOL.2”THE DJ AT THE GATES OF DAWN-DANCESTONELIVE-” (Musicmine:IDCH-1009)
Kenji Takimi-SESSIONS VOL.2”THE DJ AT THE GATES OF DAWN-DANCESTONELIVE-”
Amazonで詳しく見る

瀧見憲司、CRUE-L RECORDSの主宰者でありアンダーグランウンドなハウスDJ、否ダンスミュージックDJとして人気を博しています。なんて言いつつもまだDJプレイは未体験、彼のユニット:CRUE-L GRAND ORCHESTRAのバレアリックなチルアウトアルバムがお気に入りな僕です。じゃあDJの方はどうよって感じで、ヤフーオークションでお安く購入。まずトラックリストを拝見すると…お〜殆どの曲知らないぞ。Doc MartinとかDJ Garthのアメリカ西海岸ハウス位しかわかんね〜。幕開けはディスコっぽいけど、すぐに前半は適度にあげつつトライバル風のハウスの連続。時折ニューウェーブを感じさせる古臭いボーカル物を入れたり、流行のディスコダブでずぶずぶと沈めてくれる。ところが中盤以降はぐちゃぐちゃになっちゃって、テックハウスやディスコダブ、ディスコ、なんだかわからん物が規則性無しに並んでいる。DJMIXと言う物は大抵スタイルと言う物があるのだろうけど、この人のDJMIXには無国籍を感じる。一体どこの国の音楽なんだろう?東南アジアの危険な香りがするとも言えるがそれだけでは無いし、アメリカ西海岸の清涼な景色も思い浮かべられる。だが後半ではどこかの民族の怪しい呪術を聞かせられてもいる様な…。彼のDJMIXにはその呪術に依って、決して忘れる事が出来ず虜となってしまい何度も聴きたくなる様な魅力がある。スタイルを破壊して無国籍の音楽、つまりハウスミュージックでは無くダンスミュージックを創造している。僕自身はジャンルがばらばらなMIXCDは受け止め方が難しいけれど、そんな事はどうでも良くなってしまう。瀧見憲司のセンスが僕の心をロックした。

Check "Kenji Takimi"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE1 | 22:30 | comments(2) | trackbacks(0) | |