CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Inner City - Big Fun - Big Hits! The Collection (Music Club Deluxe:MCDLX158)
Inner City - Big Fun - Big Hits! The Collection
Amazonで詳しく見る

デトロイト・テクノがまだあくまで前衛的なダンスミュージックを聴く者の中で評価が高かった80年代後半、デトロイトのビルヴィレー・スリーと呼ばれる中でいち早くメジャー路線で才能を開花させたのがKevin Saundersonだ。幾らデトロイト・テクノが一部の耳の肥えたリスナーを満足させていたとは言え、それらがメジャーチャートに昇る事は無かったはずだ。しかしKevin SaundersonがボーカルにParis Greyを迎えたユニットであるInner Cityには、妖艶な歌があり分り易いメロディーがあり、そしてポップなセンスがあった。デトロイト・テクノが新世代のダンスミュージックだったのに対し、Kevinはディスコ/ハウスなど既存のダンスミュージックを彼なりに押し進める事に未来を視ていた。結果的に言えばInner Cityは大成功を収め、US/UKのメジャーチャートにも幾つかのヒットシングルを送り込んだ。本作はそんな経歴のあるInner Cityの2枚組ベスト盤なのだから、はっきり言って悪い訳がない。今でもクラブでかかる事は珍しくないソウルフルな傑作ハウス"Good Life"や"Big Fun"、時代を感じさせるレイヴィーな"Your Love (Serial Diva Paris Is Burning Club Mix)"や"Hallelujah 92"(なんとLeftfeildのリミックスだ!)など、コテコテな程に濃厚なセクシーさを放出する歌にハウスでは定番のピアノの整ったコード展開が繰り広げられるクラシカルなハウスチューンがこれでもかと揃っている。まあこれがデトロイトかどうかと言う事はさておき、確かにメジャー感ばりばりな曲ではあるがKevinの歌物トラックへのセンスの良さは間違いはないし、このボリュームで1000円弱のお値頃な事を考えれば買って損はしないだろう。

Check "Kevin Saunderson"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Joris Voorn - Balance 014 (EQ Recordings:EQGCD024)

Joris Voorn-Balance 014
Amazonで詳しく見る(UK盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
新次元…と言うのは言い過ぎかもしれないが、これが最新のテクノの形である事にもはや疑いはないだろう。世界各地、日本においても大人気となったJoris Voornの最新MIXCDはアルバム2枚に100曲ものトラックを使用した驚愕の内容。とは言えこのPCを使ったスタイル自体は、2001年のRichie Hawtinの"DE9"(過去レビュー)の時点で完成系を成しているので、実は最新であるとは言い切れない。が、このスタイル自体がテクノと言う世界に普及しているのは間違いない。各曲から一部分をパーツとして切り出し、それをPC上で細かにループ・エディットを繰り返し、本人が言うように"絵を描く"様な作業を繰り返すスタイル。全く異なる曲の一部が同じ時間・場所に存在する事により、全く異なる新しい音楽へと変容を遂げる進化。もはやこれはMIXCDと言うよりも、Jorisのオリジナルアルバムとさえ言える様な境地にまで達している。"Mizurio mix"は(比較的)アッパーでグルーヴィーなテクノ、ミニマル、テック系中心の内容で、しかしながら覚醒感を刺激するドラッギーさも感じさせます。対して"Midori Mix"はエレクトロニックミュージックをより幅広く吸収したフリースタイルな選曲で、テクノの中にディスコダブやバレアリック、ダウンテンポ、ジャズも取り入れられて開放感のある音が持ち味。どちらのミックスも各曲が自然に融解し、そして再度融合し、今まで違う世界観が繰り広げられ非常に興奮出来る内容でした。同じ事を既にやっているRichie HawtinのMIXCDに比べると、カラフルなのが特徴でこれはこれで素敵です。

ただ欲を言わせて貰うと、本作があくまでホームリスニング仕様である事。これは結局はクラブではプレイする事の出来ない内容だから。かつてJeff Millsがアナログを一時間に40枚程も矢継ぎ早に回していたプレイは、既に過去の物となってしまったのか?いや、そうではないと思う。そこには瞬間瞬間に生まれる独創性や閃きがあったはずで、あれにこそ僕は人間的な熱や魂を感じる訳で。だからJorisにも一枚位はコンピューターを使用しないで、クラブで再現出来る単純だけども爆発力のあるプレイが聴けるMIXCDを出して欲しいと言う気持ちもあります。テクノロジーが必ずしも全てを豊かにする訳じゃないんだ。

試聴

Check "Joris Voorn"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO6 | 00:30 | comments(2) | trackbacks(1) | |
Dave Clarke - Remixes & Rarities 1992-2005 (Music Man Records:MMCD026)
Dave Clarke-Remixes & Rarities 1992-2005
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(Uk盤)
Dave Clarkeと言えば兎にも角にもフィルター流行の起爆剤となった"RED"シリーズが有名なんですが、近年はFatboy Slimのレーベル・Skintから作品をリリースしていて平凡なブレイクビーツをやったりしてなんだかなーと言う状態です。しかしそんな彼に愛想を尽かしている人には、彼が今までに手掛けたリミックス集を聴いてみて欲しいと思います。タイトル通り新旧のリミックスが収録されておりますが、やはりどちらかと言うと昔の作品の方が素晴らしい出来が多いでしょうか。DJ Rush、Green Velvet、Leftfield、New Order、Robert Armaniなどのリミックス仕事は冴えまくっていて、狂気のシカゴハウスを通過したラフでハードな4つ打ちテクノを披露しています。やっぱりDave Clarkeはフィルターハウス/テクノをやらせると超一流で、個人的にはこの路線でオリジナル楽曲を創って欲しいんだけどねー。だって比較的近年のリミックスになると特に目立たないブレイクビーツ作品ばかりで、かつてのDave Clarkeの才能が陰ってる気がするんですよね。Skintと言うレーベル性には合ってるけれど、一体この路線変更した訳は何なのか気になるな。

試聴

Check "Dave Clarke"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO5 | 17:30 | comments(0) | trackbacks(1) | |
Leftfield - Leftism (Columbia Records:CK67231)
Leftfield-Leftism
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
金に困ってうっぱらってしまったCDが中古屋で安く売られていると、再度購入したりする事ありませんか?僕は結構あるんですよね、CDは大事にしないといけないですね。この「Leftism」もそんなパターンですよ。活動歴12年位の割にはアルバムは2枚しか出していないしそんなに派手なイメージはないんだけど、この1stアルバムはその時代の空気を目一杯取り込んだバレアリックな作風になっています(EP時代は92、93年なんだけどアルバムは95年とちょっと時代外れですね)。90年台前半の享楽的なダンスシーンの中でも、プログレッシブハウス・テクノを中心にダブ、ヒップホップやトランスも取り込んだ快楽的なサウンドは受けない訳がなく、EP・アルバムと共に当然ヒットしていました。やっぱり目玉はジョンライドンがヴォーカル参加の「Open UP」なんだけど、今聴くとさすがに古臭い(笑)。でもこれが当時の最先端のテクノではあったと思うし、マイナー調で不穏な感じの中にもやはり快楽的な何かを感じさせますね。バレアリック臭ぷんぷんなダビーハウスな「Release The Pressure」、イビザの雰囲気を丸ごと閉じこめたチルアウトトラック「Melt」、美しく静かなアンビエントな曲調からアッパーでトランシーに変容する名曲「Song Of Life」など、とにかく時代を完璧に掴んだアルバムであった事は間違いない。プログレッシブなサウンドだけどテクノが好きな人にも受け入れられているのは、やはりクラブミュージックとしての質の高さなのかな。

ベスト盤+DVDも出るから、これから聴く人は注目。
「Leftfiled - A Final Hit: Greatest Hits+Dvd」

Check "Leftfield"
| TECHNO2 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Leftfield - Rhythm & Stealth (Columbia Records:CK68529)
Leftfield-Rhythm & Stealth
Amazonで詳しく見る(UK盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
7月下旬にシスコアルタに訪れるとラストセールの最後の最後なので、異様にCDが安かった。アルバムが500円とかで買えた訳なんですよ、はい。で、このアルバムは今までCDRでしか持ってなかったから、安いなら買っちゃえ〜と勢いで購入。久しぶりに聴いたんだけど、ダークはダーク、暗黒エレクトロ+ミニマルテクノって感じの痺れまくりな一枚ですな。名盤の1STアルバムから想像だに出来なかった変化を遂げた、2NDアルバムにしてラストアルバム。1STアルバムはイビザ的な高揚感と開放感に溢れたプログレッシブサウンドって感じで、派手で弾けてて一般的に受ける様なメジャーな音だったと思います。しかしこのアルバムはどうよ?1STアルバムの様なのを期待してた人の半分以上を裏切ったんじゃないのかな。実は僕もそんな人でありまして、当初は全然好きじゃなかったんだけど…いつのまにかハードなトラックにすっかりはまっていましたね。ダブの重心にヒップホップなリズム、ミニマルなテクノが融合しごっつい硬めのトラックがびっしり。ただハードミニマル勢のアーティストが出す音とはまた微妙に違って、それはやはり黒さを感じる所なのかもしれない。硬めのトラックの間には、ダウンテンポでチルな落ち着いた曲も挟まっていて、アルバムとしてもバラエティに富んで飽きる事が無い。余りにも1STからのからの変化が大きいけれど、この変化は想像以上に素晴らしくまじかっけぇぇぇ!爆音で聴いたら発狂しそうだね。

Check "Leftfield"
| TECHNO2 | 22:30 | comments(2) | trackbacks(0) | |