CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
E. Live - Boogie For Life (Star Creature:SC1223)
E. Live - Boogie For Life

2019年のGiovanni DamicoやLiquid Pegasusによる色彩豊かな感覚に満たされるシンセ・ファンク〜ブギーなアルバムが素晴らしく、レーベルの音楽性に魅了させられたのがシカゴのStar Creatureだ。2016年頃に設立されたまだ新興レーベルのようだが、ブギーやディスコにファンクやR&Bといった音楽を纏め上げモダンに聞かせる過去から未来への視点を持っており、キラキラとした都会的な感覚が特徴だ。そんなレーベルの新作がEli HurwitzことE. Liveによるミニアルバムで、レーベルを代表するアーティストの一人だけあって前述のレーベルの音楽性を象徴していると言っても過言ではない程に、本作のライブ感溢れるシンセバリバリでファンキー&ブギーな作風はポップさ弾けて爽快な風が吹き込み楽天的な太陽の光が射すようだ。アルバムジャケットのポップな色使い、そして都会のビル群とビンテージシンセを題材した内容からしてもう完全にシンセ・ファンクが想像され、聞く前から何処となく心がウキウキしてこないだろうか。タイトル曲からして素晴らしく、シャキシャキとしたドラムに合わせて透明感のあるスペーシーなシンセとキレのあるギターカッティングがファンキーなビートを叩き出す"Boogie For Life"、懐メロのような心に染みる複数の音色のシンセが代わる代わる登場し、これでもかとメロウに展開するブギーな幕開け。からっと乾いたパーカッションが空に向かって響く涼し気な"Sunny Side Up"は、流麗なピアノコードや生音強めにうねるベースから始まり、中盤では光沢感のあるシンセがキラキラと眩しいように響いて、ライブ感溢れるジャズ・ファンクと呼べかよいか。ずんずんとノリの良い4つ打ちのドラムがディスコ風な"Rolling Steady"は、ここでもエレクトロニックな響きの複数のシンセがお互いを刺激するように盛り上げているが、ポップでスペーシーな感覚に満ちたシンセの響きは憂いと共に儚くもある。"Brazao"はブラジル音楽を意識したようでチャカポコとしたパーカッションのリズムが前面に出ており、そこに艶めかしいベースやギターカッティングを被せて腰にくるファンキーさを出しつつ、そしてやはり分厚く煌びやかシンセのうねるメロディーが郷愁を誘う。扱っているジャンルとしては古典的というか新しさは無いのだろうが、しかしそんな音楽に全く古さを感じさせない澄んで綺麗な音の聞かせ方やこれ以上ない位にエモーショナル性の強い旋律やコードの表現など、古い音楽を咀嚼した上でモダンに昇華している点が素晴らしい。僅か6曲のミニアルバムだが、しかしそこには近未来のモダンブギーが詰まっている。



Check E.Live
| HOUSE14 | 07:30 | comments(0) | - | |
Liquid Pegasus - The Toby Glider EP (Star Creature:SC1217)
Liquid Pegasus - The Toby Glider EP
Amazonで詳しく見る(MP3)

カラフルな建物の後ろに太陽が沈み行くのだろうか、そのほのぼのとしながら切なさも伝える風景は正にバレアリックな雰囲気そのもの。コンテンポラリーなブギーやモダンファンクを得意とするStar Creatureの新作はロスアンゼルスのJoshua S. LundquistことLiquid Pegasusによるもので、プロフィールを参照するとMetro AreaやMaurice Fultonがお気に入りという事からもそのディスコ寄りな音楽性も想像するのは容易いだろう。何でも過去にもStar Creatureや日本のCity Baby Recordsから既にヒットを飛ばしていたようで、それらの作品を聞いても底抜けに明るくドリーミーなモダンなブギー/ファンクが鳴っており、既にアーティスト性はほぼ確率されているようだ。アタック感の強いレトロなキックを用いたディスコ・ビートな"Uptown Shuffle"は、上モノは輝くように綺麗なシンセが朗らかな旋律をなぞって、ゆったりと闊歩する緩いビート感ながらも少し跳ねたリズムに、心はうきうきと踊り出すシンセ・ファンク。より力強くみぞおちを叩き出すビート感の強い"Cut Loose"は更に快楽的なベースのうねりも加わってイタロ・ディスコ色が強く、ゴージャスなシンセが絡み合いながらミラーボールが回りだすようなご機嫌な曲だが、しかし古臭さは皆無で今っぽく聞こえるモダン性も。"Big Chill"では一旦テンションを落としてスローなディスコを聞かせるが、可愛らしい電子音や切ないシンセのメロディーによって切なさを強調し、そして次の"Dance Amnesia"では再度ドスドスと潰れたようなキックを響かせながら厚みのある豊かなシンセのメロディーとぶいぶいと太くうなるベースが虹色を思わせる豊かな色彩を発し、派手ながらも何処か懐かしさのあるシンセ・ファンクとなって躍動する。基本的にディスコやブギーにファンクなど古典をベースにした作風ではあるが、愛着のあるメロディーセンスやキャッチーな音の選び方が上手く、音楽的には決して新鮮味は無いにもかかわらず色褪せない普遍性がある。勿論この爽快感や開放感、バレアリック方面でも効果的なのは間違いなし。



Check Liquid Pegasus
| HOUSE13 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |