Stuntman Mike Car's Soundtrack (Part.2) (Troubled Kids Records:TKR013)
Stuntman Mike Cars Soundtrack (Part.2)

スペインのディープ・ハウスのレーベルと自称するTroubled Kids Recordsは、ヴァイナルのメディアに拘りディープな音楽性を貫く。本作は、映画「Death Proof」の中に出演するキャラクターであるStuntman Mikeがドライブ中に流すサウンド・トラックという位置付けのEPのようで、2013年にはその第一弾もリリースされている。この第二弾にはデトロイトからAlton Miller、日本からはMiruga、スペインからはErnieとレーベルオーナーのJesus Gonsevとそれぞれ正しくディープ・ハウスを得意とするアーティストが参加しており、その面子からも作品の質の高さはおおよそ予想はつくだろう。Millerの"When The Morning Comes 2nd"は2010年にリリース済みの別バージョンだが、控え目に優美なローズのコード展開と生っぽく爽やかなビートを軸に麗しいシンセソロが舞い踊り、ソウルフルで王道的なデトロイト・ハウスがベテランとしての貫禄を感じさせる。Gonsevによる"Traits Of Humankind"もズンドコとした太い4つ打ちに柔らかく温かみのあるメロディーが華麗さを演出し、際立った個性を感じさせる作風ではないがディープ・ハウスとしての基本的なスタイルを守っている。非常に個性的なのはMirugaによる"Endless Waltz"で、力強く跳ねるようなジャジーなリズムの上にエレガントさを添える耽美で躍動的なエレピの旋律が華を添え、そこに様々な音色が重層的な厚みを出して華やかながらも生々しいグルーヴを生んでいるのだ。そしてErnieによる"Sharepoint"は空気感のあるパッドやリバーブを効かしたボイスサンプルを用いて、奥行きや壮大な空間の広がりを感じさせる作風で、他の3曲よりもアンビエント性も感じさせるがこれもディープ・ハウスの一種だろう。サウンド・トラックという体裁のコンセプトは理解出来ないものの、収録された曲自体は正しくハウスのパーティーで映える曲ばかりで、一見の価値ありだ。

| HOUSE12 | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Mankind - Metro City Blues (3rd Strike Records:STRIKE7LTD300)
Mankind - Metro City Blues

謎に包まれたロンドンのディープハウスレーベル・3rd Strike Records(どうやらディスコレーベル・Under The Shadeの別ラインらしい)。Erdbeerschnitzel、The Tortoise、Vakulaなどまだそれ程世に知れ渡っていないアーティストの作品をリリースするも、そのどれもが局所的に高評価を得ている正にアンダーグラウンドと言う言葉が相応しいレーベルです。そんなレーベルの新作は詳細不明のMankindなるアーティストのデビュー作、しかも全世界で300枚限定と言うファン泣かせなリリース。タイトル曲である"Metro City Blues"からして秀逸で、プリミティブなシンセのリフレインとローファイなキックやパーカッションで、まるで大海をゆらゆらと漂流するようなゆったりとしたBPMのメロウな小波に揉まれ、気分も夢見心地なディープハウスに包まれます。裏面の"Come Go"は微妙に黒くジャジーな味も醸し出しつつ、やはりゆったりとしてディープハウス、又は適度に洗練されてビートダウン的な音を聴かせてくれます。更にそれをスムースかつパーカッシヴに仕立て上げたフロアライク仕様の"Honey Soundsystem Remix"も、深みが増しており非常に使い易いハウストラックになっております。デビュー作からして既にベテランの風格を感じさせるMankind、兎に角レーベル共々に目が離せません。

試聴

Check "Mankind"
| HOUSE7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Speicher CD3 Mixed By Jorg Burger & Michael Mayer (Kompakt Extra:KOMPAKT EXTRA CD3)
Speicher CD3 Mixed By Jorg Burger & Michael Mayer
Amazonで詳しく見る

自分酒が大好きなんすけど、酒のエンゲル係数が高くてやばい。先日パーティー行った時もノリでスパークリングワインを買ったのは正月だから良いとして、それ以外にも焼酎やらワインやらウイスキーやらを計8杯位は飲んでしまった。ちなみに最近はこれでも酒にめっきり弱くなった方ではあるので、二日酔いしやすくなった。そんな二日酔いに効くのが、実はハイチオールC。美白の為の錠剤ではあるんだけど、本来は二日酔いの為なんだと。酒を飲む前飲んだ後に、是非試してみてはどうでしょうか。常用している自分は、肌が白いとよく言われる。だから何だって話ですが。。。

ドイチェテクノの総本山・Kompaktにも変化の波が訪れているのか、いつのまにかHPの作りが随分と変わっておりました。願わくばヴァイナルはずっと販売を続けて欲しいと思いますが。そんなKompaktのサブレーベル・Kompakt Extraの音源のみを使用したMIXCDシリーズが、このSpeicher。3作目ではKompaktの表番長・Michael MayerとThe ModernistのJorg Burgerがデジタルミックスをしております。二人でMIXCD制作する場合って、どんな風にやるんでしょうね?多分PC見ながらあーだこーだ言ってるんでしょうけど。ミックス自体はなかなか良い緩み具合で、あげる事を知らずじわじわと浸食してくるジャーマンアシッドが強めのミニマル風。そこにディスコティックなビキビキシンセやポップなメロディーも入ってきたり、半ばトランスに近い位までのどぎつい音もあったり、思ったよりも耳にビッシバシと効く印象の強さを感じさせます。やはりKompaktの音の広さや懐の深さを感じさせる選曲で、レーベルの今後の流れを掴むのにも役立つMIXCDですね。去年はKompaktは目立った作品が少なかったので、今年は頑張ってちょ。

試聴

Check "Michael Mayer" & "Jorg Burger"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO6 | 00:10 | comments(2) | trackbacks(0) | |