CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Max Graef & Glenn Astro - The Yard Work Simulator (Ninja Tune:ZENCD227)
Max Graef & Glenn Astro - The Yard Work Simulator
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
長らくビート・ミュージックを引率するNinja Tuneから放たれたアルバムは、なんとハウス・ミュージックを軸にしている。手掛けたのは以前から交流があったMax Graef & Glenn Astroで、それぞれがTartelet Recordsから生演奏やサンプルを用いてディスコやファンクにジャズにその他諸々を吸収したハウスのアルバムをリリースしており、多様なビートへの拘りを強く感じさせる新世代だ。Ninja Tuneのハウスへの接近は何となく流行っているようにも思われるハウスへの迎合…ではなく、そこにはモダン・ファンクやジャズやR&Bなどの要素があるからこそ、レーベル性を失う事なく新たな音楽性を得る事に成功している。事実、2015年には同レーベルはRomareによる『Projections』(過去レビュー)でハウスへの接近は既にあったわけで、その流れは本作へと続いているのだ。二人は本作において最近のダンス・ミュージックではよく使用される機材は使わずに、トラックリストや曲順を決めた上でコンセプチュアルな制作を進めたそうで、詳細は分からないもののサンプリングではなく基本は生演奏やマシンビートによる構成に聞こえる。幸いな事に手段が目的化する事はなくライブ感はありながらも、演奏の技巧を見せびらかすような内容ではなく、彼等のファンクやジャズと言った嗜好がラフさもある音として上手くハウスに馴染んでいる。冒頭の"Intro"ではカットアップしたような演奏がサンプリング・ミュージックにも聞こえるが、やはり音は生々しく迫る。続く"Where The Fuck Are My Hard Boiled Eggs?!"はジャズのようなリズムの響きに、途中から優雅で豊潤なシンセがうねるようにコード展開し、ロウなビートダウン・ハウスの風合いがある。"The Yard Work Simulator"に至ってはほぼブレイク・ビーツで、鋭利に刻まれる弾けたグルーヴに豊潤なシンセのなめらかな旋律は、豊かなコズミック感さえも纏っている。そしてけたたましいブラジリアン風なパーカッションが炸裂する"Magic Johnson"は、突如としてしっとりとメロウなジャズ・ハウスへと変化する情緒的な一曲で、続く"Jumbo Frosnapper"ではビートは落ちてざっくりしたヒップ・ホップ的を更にぶつ切りにしたような奇怪な展開をする。何だかアルバムの構成としては忙しなく方向性は目まぐるしく変わるのだが、それもNinja Tuneの身軽な自由さ故と考えれば不自然ではなく、彼等の影響を受けた音楽が明確に表現されているのだ。



Check "Max Graef" & "Glenn Astro"
| HOUSE11 | 20:00 | comments(1) | trackbacks(1) | |
M.ono - Volle Schnauze EP ( Heist:Heist 012)
M.ono - Volle Schnauze EP
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
アーティストのとしての活動も絶好調なDetroit Swindleは、2013年から自らでHeistというレーベルを始動させ、今やもう人気沸騰中のMax GraefやAndy Hartらを早くからピックアップし、レーベル主宰の観点からも敏腕を発揮している。そして次に送り出すのはドイツはライプツィヒからRico GrafことM.onoで、2014年にはNite GroovesからもデジタルでEPをリリースしてはいるものの、アナログは本作で3作目とまだ初々しさが残る期待のアーティストだ。アーティストに関しての詳細が分からないので、Heistというレーベルの生っぽさを残したビートダウン〜モダンなハウスまで包括する音楽性を信頼し購入したのだが、その判断に間違いはなかったようだ。タイトル曲の"Volle Schnauze"からしてスウィングするパーカッションとリズミカルなキックにうねるような揺さぶりをかけ、そして陶酔感のあるシンセのリフでデトロイトにも似た叙情性を発しながらフュージョンのような優美さもあり、これぞモダンなディープ・ハウスと言わんばかりの一曲だ。"Perle"はぎくしゃくとしたリズムが小気味よく、揺らぐ幻惑的な上モノや生き物ようにうねるシンセが特徴なものの、全体としてよりファンクやフュージョンの雰囲気が前面に出ている。その一方で裏面には繊細なシンセのメロディーとややエグいシンセのリフによって麗しく展開するテック・ハウスの"Delaware State Route"や、ややアシッド気味のベースラインと不穏なメロディーを用いてレイヴ風なディープ・ハウスの"Pegasus '83"と、Heistにしては少々意外にも思う音楽性ではあるがパーティーのピークタイムにもばっちりはまりそうな曲ではある。強烈な個性を感じさせるわけではないが粒揃いで安定感があり、一先ずM.onoというアーティストの今後を追ってみたくなる位には十分に魅力のある作品だ。



Check "M.ono"
| HOUSE11 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Fouk - Kill Frenzy EP (Heist:HEIST010)
Fouk - Kill Frenzy EP
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
今をときめくDetroit Swindleが主宰するHeistは、Max GraefやAndy Hartなど黒くファンキーなビートダウン・ハウス系のアーティストとの関係が強い。そんなレーベルから聞き慣れないFoukなるアーティストの新作がリリースされているが、実はこのユニットはDaniel LesemanとHans Peeman a.k.a. Junktionによるものだ。前者はOutplayから生の質感が強いディープ・ハウスを手掛け、後者はSleazy Beats Black Opsからもリリースしている通り、やはり漆黒のビートダウン・ハウスに定評があり、その二人によるタッグなのだから相性の良さは折り紙付きだ。何といってもタイトル曲の"Kill Frenzy"が素晴らしく、ハンドクラップとグイグイと加速するような生の質感を伴うジャジーなビート感で引っ張りつつも、さり気なく流麗なエレピのメロディーやゴージャスなホーンを交えて、ブラック・ミュージックの香りを纏ったライブ感溢れるディープ・ハウスに仕上がっている。裏面は一転してレイドバックしたジャジー・テイスト強めな2曲が収録されており、緩んで臨場感のあるドラミングとトリッキーなボーカル・サンプルや浮ついたサウンドを仕込んてリラックスしたムードさえもある小洒落た"Lefty's Bar"と、よりざっくりとラフな生々しさがあるビートと幻惑的なリフに内向的なエレピを組み合わせてディープさを強調した"Ken Sent Me"で、パーティーの喧騒の間にリラックスした空気を持ち込むしっとりした味わいがある。どの曲もやはり生温かく臨場感あるビートの音色が効果的で、それがブラック・ミュージックらしいファンキーさに繋がっており、Detroit Swindle好きな人には是非ともな一枚だ。



Check "Fouk"
| HOUSE11 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Box Aus Holz 001 Lost Tracks (Box Aus Holz:BAH001)
Box Aus Holz 001 Lost Tracks

ドイツはベルリンと言えばテクノ…だけでなく、近年のハウス隆盛は是非ともチェックしておくべきだろう。西洋的に耽美で洗練されたテック・ハウスや黒く深いディープ・ハウスの充実は言うまでもないが、よりブラック・ミュージック色の強いビートダウン系のハウスなら例えば新興勢力のBox Aus Holzは勢いのあるレーベルの一つだ。2012年に発足したこのレーベルは当初からAndy HartやMax Graefなど今では注目を集めるアーティストをフィーチャーし、ディスコやファンクの要素を持ち込んだラフな質感のあるビートダウン・ハウスを手掛けて、局所的ではあるのかもしれないが話題となっているようだ。本作は失われた作品集と名付けられたレーベルカタログの第一番であるが、しかりリリースは2015年の初頭なので空いていたカタログ番号を埋める形でリリースされたのであろう。本作で先ず目が行くのはReverend G名義の変名も合わせて3曲に関わっているMax Graefだろう。Delfonic & Max Graefによる"Kimmenschwitzer part 1"ではねっとりドロドロとした低重心のビートと切り刻んだようなサンプリングを散りばめたビートダウン・ハウスを展開し、Kickflip Mike & Reverend Gではヒップホップ色の強いざっくりしたビートやファンキーなラップに耽美なフェンダーローズのメロディーを導入した"Magic Loop"を披露するなど、ビートへの拘りとソウルフルでメロウな世界観の確立が成されている。他のアーティストで面白いのはHubert Davizによる"9 To 5 Wecker"で、もはやハウスのフォーマットからは逸脱したヒップホップの影を残しながらも歪なビートを生み出すカットアップ具合が個性的だ。またレーベルが発掘したニューカマーと思われるAxel Sは、切り刻んだようなファンキーなサンプリングとうねるブレイクビーツで腰にぐいぐいくるグルーヴを体感させる"Riesenglied 95 (Fur Nano)"を提供しており、デトロイト・ハウス系との親和性の良さも感じさせる作風が印象的だ。計6曲、ディスコやファンクにヒップホップをビートダウン・ハウスに落とし込んだねっとり濃厚な黒い音楽性が素晴らしく、しかもこれがベルリンから届けられていると言うのが何とも面白い。

| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
BEST OF 2014
今年も一年間当ブログを御覧頂いた読者の皆様、どうもありがとうございました。今年も昨年に引き続き毎週パーティーライフを楽しみ、素晴らしい音楽にも出会う事が出来ました。やっぱりパーティーは最高だなと思った一年ですが、オールナイトにおけるパーティーについての問題では、風営法改正案の大きな動きもありました。今後良い方向へと進む事を期待するのみですが、現実的な問題として夜遊びたいと思う人は減っているのかなと思う時も多々あり。私個人的にはやっぱりパーティーは絶対にオールナイトのクラブでないと!という気持ちは強くあります。しかし時代に合わせて多様性を許容する事も無視は出来ないと思うのも事実で、ニーズに合わせてパーティーを作っていく必要はあるのかもね…でもやっぱりパーティーはオールナイトと言う考えは譲りませんが。また音楽自体がインスタントなものになり無料の配信だけで聴かれるような状況ではありましたが、ダンス・ミュージックの分野に関して言えばやはりアナログでのリリースは根強く、プレス数は減ってもその分多くの作品がリリースされていました。そんな作品を毎週買っては聴く生活の繰り返しで、ブログの更新が追い付かない程に良質な音楽は今でも生み出されている事を実感した一年でもありました。ちなみにこのブログも夏頃に発足から10年が経過しましたが、これからも色々な音楽・パーティーを発信する為に2015年も頑張って続けたいと思います。それでは、来年も良いお年を!
続きを読む >>
| BEST | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Max Graef - Rivers Of The Red Planet (Tartelet Records:TARTALB003)
Max Graef - Rivers Of The Red Planet
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
才能ある新鋭はいつだって突然に舞い降りる。ベルリンと言えばテクノ/ハウスが猛威を振るう中で、まだ20歳の正に新鋭と言う表現が相応しいベルリン出身のMax Graefは、音楽性を何でも取り込むように雑食性の高い豊かなビートメイクを披露する。2012年のデビューから2013年には数枚のEPを手掛け、デビューから僅か2年にしてアナログ2枚組のアルバムを完成させ(しかもCD盤は無しと気合充分)、性急な勢いながらも既に注目の存在に成長している。先ず以て述べておくと本作が革新的だとか前衛的だとか誇張する気持ちは全くないが、ハウスやディスコにジャズやソウル、ヒップホップやフュージョンなど多様な音楽の要素を、この若さで一つのアルバムに違和感溶け込ませているセンスは評価するに値する。しかしリスナーからすればアーティストの年齢など評価には関係がなく、結局はそういったセンスを元に自由を謳歌するようなビートとスモーキーな音像が遊び心に溢れており、心がウキウキと湧き立つようなアルバムである事がMaxの評価を高めている。アルバムは - 正にアルバムらしく - DJの為だけの作品ではなく礼儀正しい順序で、フルートやサックスに生ドラムなどを使用したふざけたような即興演奏的なイントロから始まり、続いて優雅なローズ使いがありながらも訝しさが漂うビートダウン・ハウス"Itzehoe"へと雪崩れ込む。かと思えばスクラッチを導入したヒップ・ホップの"Superswiss"で小休憩を入れ、そこから光沢のあるフュージョン的なシンセ使いが豪華なダウンテンポ"Running"でぐっと色気を増す展開が待ち受けている。その次の"Jazz 104"では怒涛のジャズ・ドラムのビート攻め、そして"Tamboule Fudgemunk"では不明瞭で荒々しいまるでデトロイト・ハウスを思わせるスモーキーな音が…と、一息入れる展開ながらも雑種な音が怒涛の勢いで迫り来る。確かに考える暇を与えないような多種多様な展開ではあるが、そのフリーダムな音楽には肩の力が抜けたノスタルジーと渋味のあるエモーションがあり、とっちらかった印象よりもブラック・ミュージックとしての統一感に染まっているのだ。この耽美なメロディー、キレのあるビート、齢20歳にしてここまで聞かせるかと称賛の言葉しか見つからない。2014年のベスト・アルバムにランクイン入りするか?



Check "Max Graef"
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |