2019/11/17 PRIMITIVE INC. 13th Anniversary MASTERS AT WORK in JAPAN - Our Time Is Comming - @ ageha
誇張でも何でもなく正にハウス・ミュージック界の最強の二人組コンビ、Louie VegaとKenny Dopeから成るMasters At Work。近年は別々にソロ活動が中心なものの、ラテンやアシッド・ジャズをハウスに取り込んだNuyorican Soulやよりクラブ・トラック的なKenlouといったプロジェクト、そして当然Masters At Workとしての功績はハウス・ミュージックという枠を越えてダンス・ミュージックとして大きな影響を残すレジェンドな存在。そんな二人がMAWとして揃う事は近年は稀であるのだが、ここ日本においては2016年以降PRIMITIVE INC.が主体となってMAWを軸に据えたパーティーを開催しており、当初はその余りのゴージャスさに単年開催かと思っていたものの蓋を開けてみれば本年まで4年連続開催とある種の恒例お祭り行事として定着するまでになった。本年度もメインフロアではMAWのみのロングセットを中心に、他のフロアでは近年再燃するジャパニーズ・ハウスから横田信一郎やジャンルをクロス・オーヴァーするKaoru Inoue、DJ NoriとMuroによるアナログセットを披露するCaptain Vinylらバラエティー豊かな人材が揃って、祝祭な一日を作り上げる。
続きを読む >>
| EVENT REPORT7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2019/8/12 Euphony @ Aoyama Zero
ニュー・エイジやアンビエントの再燃・再発掘が作品のリリースとしては肌に感じるものの、実際にそれをクラブ/パーティーで聞く機会は未だ少ない。どうしてもクラブ側が盛り上げようとするとメインフロアもセカンドフロアもダンス中心に向かいがちな現状において、敢えてアンビエントやニュー・エイジ、いやそれだけでなくエクスペリメンタルやワールド・ミュージックとダンスに執着する事ない音楽を軸に、オーガニックからエレクトロニクスが交差し時代や国境を超越した世界を構築するパーティー『Euphony』が立ち上がった。元来ワールド・ミュージック性が強いInoue Kaoruが発起人となり、バレアリックやアンビエントに造詣の深いmaa、そしてサイケからアンビエントまで広範囲なshunhorの3人が紡ぐバレアリックのその先へ。時代にジャストにハマるパーティー『Euphony』が始動する。
続きを読む >>
| EVENT REPORT7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2019/5/18 FreedomSunset feat. Mixmaster Morris @ Oppa-la
90年代から長きに渡りアンビエント・シーンで活躍するThe Irresistible ForceことMixmaster Morris。2019年も4月末から日本各地を精力的にツアーとして回っているが、この度湘南を代表するクラブであるOppa-laに久しぶりに登場する。それもなんと湘南の夏の名物パーティーであるSunset Loungeの番外編的なFreedomSunsetに初登場となれば期待せずにはいられないわけだが、その周りを固めるのは過去にもMorrisと共演歴のあるDJ YogurtやRoundhouse等でも活躍するMEGUMILK、また焚火dub主宰のTyme.のshiba@FreedomSunsetをフィーチャーしたライブもありと、色々な音楽を浴びて楽しむ事が出来そうだと非常に楽しみなパーティーだ。
続きを読む >>
| EVENT REPORT7 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Mildlife - Mildlife Remixed (Research Records:RREP01)
Mildlife - Mildlife Remixed
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
オーストラリアはメルボルンから2018年にデビューしたばかりの4人組バンドであるMildlifeは、ジャズやファンクにディスコといったジャンルを咀嚼した新世代バンドで、既にデビューアルバム『Phase』が高い評価を獲得しているようだ。そんな作品からクラブ・ミュージック側からのアプローチとしてリミックスEPがリリースされているが、同郷であるオーストラリアからはTornado WallaceにSleep D、そしてスウェーデンのMount Liberation Unlimitedがリミックスを提供しているのだから、もしMildlifeというバンド自体に知識は無くともダンス・ミュージック側からすれば少なからず興味を惹くような作品だろう。注目はWallaceによる"The Magnificent Moon (Tornado Wallace Remix)"だろうか、普段は比較的トリッピーでバレアリックな作風もある彼だが、ここではブレイク・ビーツを用いながらも原曲のメロウな雰囲気を忠実に引き継いでいる。しなやかでグルーヴィーなキックやパーカッションが持続し大海原を揺蕩うようにリラックスしながら、そこに叙情性のあるシンセのメロディーやコズミックな電子音を展開して、永続的な心地好いムードに浸るディープ・ハウスは見事なりミックスだ。Sleep Dによる"Im Blau (Sleep D Remix)"はスローモーながらも強烈なサイケデリアを発する怪作で、毒々しく快楽的なベースラインのシーケンスに浮遊感や残響のある効果音を散りばめてひたすら中毒的な恍惚状態へと導いていくトランシーなハウスは、パーティーに深い時間帯にもはまるであろう。そしてリエディットと冠された"The Gloves Don't Bite (Mount Liberation Unlimited's Re-Edit for the Dancefloor)"は正にその通りで原曲の雰囲気を損なう事はなく、生っぽさを残したディスコ・ダブ調にダンスフロアの4つ打ち色を強めて全体を綺麗に整えたような曲調で、しかしながらよりメロウネスは際立って11分もの大作は全く間延びしていない。三者三様、それぞれのアーティストの個性が発揮されながらどれもダンストラックとして機能しており、これならばもしMildlife自体を知らなくても十分に楽しめるリミックス盤なのだから、何はともあれ先ずは聞いてみて欲しい。



Check Mildlife
| HOUSE13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |