CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
ele-king presents Wildman's House (Ki/oon Records:KSC3913)
ele-king presents Wildman's House
Amazonで詳しく見る

acid over the rainbowのびびんばさんがお勧めしていたので、気になって購入してみた一枚。びびんばさんは自分の手が届かない痒い所をさり気なく紹介してくれるナイスなセンスを持ったお方です。音楽以外にもお酒の紹介もしてくれていて、飽きないブログで大変お勧めなんで是非ご覧になって下さいね。

さてまずタイトルに注目。はい、"ele-king"ですよね、知ってる方はオタク。現リミックス編集長の野田努がかつて発行・編集していたテクノ雑誌です。アンダーグラウンドな音楽を率先して紹介していた雑誌で好きだったんだけど、やっぱりアングラは売上が延びないのか廃刊しちゃったんですよね、残念。その"ele-king"の野田努や中田久美子(テクノ好きな写真家兼翻訳家でいいのかな?)らが選曲を行ったこのMIXCDですが、彼らによるとディープハウスを集めたとの事。まあしかし色々なアーティストがざっくばらんに入っていて、フレンチハウスのMotorbassにカナダのNick Holder(Track Heads)、デトロイトハウスのMoodymanとAlton Miller、ロンドンのPhil Asher(Basic Soul)、スウェーデンテクノのJesper Dahlback、ラテンハウスのBasement Jaxx、そして日本から横田進と田中フミヤ(Karafuto)とひとえにディープハウスと言えども一つにはまとめられない幅広さがあります。ここでの野田努のディープハウスとは"音楽性に意識的であろうとするアンダーグラウンドなハウス"を指すらしいが、確かに一般的に見ればアンダーグラウンドな選曲でも堅苦しい音楽を聴かせる訳でもなく、意外とノリの良いハウスが多くハッピーな気分で受け入れられると思います。かといって享楽的にただ盛り上げるだけのMIXCDとも違い、統一されたエモーショナルな雰囲気が自然と存在していて、そうゆう意味で確かにディープハウスなんだなーと感じました。昔の野田努はセンスが良かったなと感慨深くなる一枚。

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE3 | 19:50 | comments(4) | trackbacks(1) | |
Motorbass - Pansoul (Astralwerks:ASW81839-2)
Motorbass-Pansoul
Amazonで詳しく見る

先日給料が入ったので、久しぶりに渋谷のユニオンへ行って中古漁り。そこでゲットしたのは、フレンチフィルターハウスの元祖:Motorbass。フレンチフィルターハウスを流行らせたのはDaft Punkなんですが、そんな彼らも影響を受けたのがMotorbassなんだとか。メンバーは現CassiusのPhilippe ZdarとAirをプロデュースしたEtienne De Crecy(って知らないな)の二人で、現在の活躍を見ればMotorbassが素晴らしいのも当たり前だったと言う事でしょうか。Daft Punkも影響を受けたと言うのはあくまでその手法だけで、Motorbassはもっとアンダーグラウンドでシリアスなハウスだと思います。ニューヨークハウスなんかにはどす黒いファンクや熱いソウルに溢れていますが、西洋の(特にフランス)ハウスにはそうゆう感覚は無く、逆に洗練され研ぎ澄まされたエレガンスが存在しています。決して下世話になる事もなければ派手過ぎる事もなく、品のある音楽なんですね。斜めに見れば気取っていると思われるかもしれませんが、それがフランス人気質なんでしょう。シンプルながらも意外と太いリズムトラックをループさせていて、Chateau Flightをストレースにハウス化させたらきっとこんな感じなんだろうと思いました。Daft Punkの100倍は良いよ、間違いない。ちなみにこれは再発盤なんで、初期レアトラックを納めたボーナスディスク付きです。

試聴

Check "Motorbass"
| HOUSE2 | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Secondhand Sounds: Herbert Remixes (Peacefrog:PFG021CD)
Secondhand Sounds: Herbert Remixes
Amazonで詳しく見る
Herbertは凄い。自身の曲作りも凄い。その上のリミックスに関しても、とてつもなく凄い。リミックスの上手さに関してはCarl Craigと並ぶ程の凄さを持っている。このリミックスアルバムはもちろん他人の曲をリミックスしたものを集めただけなのだが、それ以上のものだろう。単なるハウスとは一線を画す、マイクロハウス。音を選びつつ端正に散りばめられた音、隙間を生かし少ない音数ながらも独自の世界を作り出す。既存の音は使わないと言う、音には最大のこだわりを持つ彼独自の音と、独自の音の配置が相まって最大の効果をもたらすのだろう。知性のかたまりの様な彼だが、また子供の無邪気な遊び心に溢れたユーモアのな一面も見せる。そしてお洒落でキュートな音楽でもあるのに、硬派なテクノよりもテクノらしい音楽でもある。実験性と実用性を兼ね備えたトラックと言うものは、きっとこうゆうものなだろう。何度も言おう、これはリミックスアルバムだがこれは紛れもなく彼自身のアルバムだ。ある意味Herbertの最高傑作。

試聴

Check "Matthew Herbert"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE1 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |