2014/12/19 Roundhouse @ Air
2014年、REMYUSICのサポートを受けて立ち上げられた生粋のハウス・パーティーであるRoundhouse。今まで3回開催されてきた中でそれぞれ本当に個性的で実力のあるDJを招致していたが、年内最後となる今夜はUSはサンフランシスコからDoc Martinを呼び寄せた。サンフランシスコという開放的で和やかな雰囲気とヨーロッパらしい妖艶さを兼ね備えたプレイは、一般的なイメージとしてあるソウルフルなUSハウスとは異なりふらふらとした酩酊感が続き、その上げずに揺れる心地良いグルーヴが特徴だろう。そしてRoundhouseの魅力はと言えばそんなゲストだけではなく、毎回RemiやNebu Sokuといったハウス・ミュージックでは信頼のおけるDJや、宇川直宏もVJで出演とパーティーをしっかりと作り上げている事だろう。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2014/3/29 ROUNDHOUSE @ Air
シカゴ出身、サンフランシスコ在住、西海岸ハウスを代表するMark Farina。日本には度々訪れてはDJを披露しているものの、今回は遂にAirに初登場。しかも新たにスタートを切るROUNDHOUSEの一回目のゲストと言う事もあってか、通常のハウスセットのみならずラウンジにてマッシュルーム・ジャズセットも披露するなどファンにとっては非常に興味を惹く内容だろう。更にはシカゴ愛を実直に表現するRemiやNebu SokuにStock、そしてラウンジにはOathにてレギュラーパーティーを主催するDAWDクルーらが集まり、メインフロアのVJには一年ぶりの技を披露する宇川直宏までもが登場する。門出となるROUNDHOUSEの一夜、期待せずにはいられない。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Jackin' House Beatz Edited and Mixed by NEBU SOKU (KSRCorp.:KCCD-474)
Jackin' House Beatz Edited and Mixed by NEBU SOKU
Amazonで詳しく見る

"Jackin'"と言う言葉が冠されたタイトルならば条件反射で反応してしまうのは、シカゴ・ハウス好きな人の性。ハウス、特にUS西海岸ハウスやシカゴ・ハウスへの実直な愛情を表現しているKai Ishikawa & MEGUMILKによるNEBU SOKUが、"Jackin'"なハウスをコンセプトにしたMIXCDをリリースした。内容を語る前に先ずは"Jackin'"が何であるかを説明せねばならないが、昔のハウス・クラシックスに於いてはある種のステータス的にタイトルや歌詞で使われていた言葉だ。ライナーノーツにはKai Ishikawaによる解説がなされているので参考にして欲しいが、自分はクレイジーな猛威を奮う感覚的なモノだと捉えている。またはハンマーで叩かれたように痺れる感覚があり、黒いファンキーさを伴う中毒的なモノでもあるかもしれない。人によって感じ方は異なるだろうが、そこに何か共通する事があるかもしれない。それを解読する為に内容に移ろう。本作では幕開けから飛ばしまくっていて、ピアノやホーン等と熱の入った歌のオーガニックな面とド派手なサンプリングの面を生かしたハウスを中心にヒップホップやディスコ、ラテン、ロック等様々な要素を垣間見せながら疾走する。73分に36曲を詰め込んだメガミックス的な展開は息をつく暇もなく行き先も見えぬまま突っ走るが、ファンキーな跳ね感に妖しいエロスやソウルフルな情熱、洗練された洒脱な感覚もあったりとジャンルと共に様々な空気が入れ代わり立ち代わりで注ぎ込まれていく。自分は中盤以降のちょっとセンチメンタルにしっとりした音が出てくる所から終盤までの流れが気に入っているが、腰を揺らすグルーヴ感は徹頭徹尾貫いている。つまり本作は汗を伴う肉体感のパーティー・ミュージックである事を主張しており、それこそが"Jackin'"な音楽なのであろう。



Check "NEBU SOKU"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE7 | 12:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
2011/12/17 NO BORDERS presents FISH SLAP @ WAREHOUSE702
80年代からDJ活動を行なっていたデトロイト第一世才でありながら、アンダーグラウンドな場所を拠り所にしていてせいかなかなか日本にはその情報が入って来なかったDelano Smith。00年代に入りデトロイト・ビートダウン一派として作品をリリースする様になってからは、日本でも日の目を浴びる事になりDJでも注目されつつあります。彼の作るトラックは素晴らしいハウス作品が多いものの、DJプレイに関しては一体どんなものかと確かめに聴きに行ってきました。
続きを読む >>
| EVENT REPORT3 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |