CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECOMMEND
ジ・ワン
ジ・ワン (JUGEMレビュー »)
ウィル・セッションズ & アンプ・フィドラー Feat. デイムス・ブラウン,DAMES BROWN WILL SESSIONS & AMP FIDDLER Feat
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NEUE TANZ
NEUE TANZ (JUGEMレビュー »)
YELLOW MAGIC ORCHESTRA
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Defected Presents House Masters - Masters At Work Volume Two (Defected Records:HOMAS24CD)
Defected Presents House Masters - Masters At Work Volume Two
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
ハウス・ミュージックという音楽の中で最強のコンビ、それはLouie VegaとKenny Dopeから成るMasters At Workである事に異論はないだろう。いや、単にハウス・ミュージックという枠組みの中だけで語る事は最早困難で、二人の異なる多様なルーツが混ざる事で、ラテンやアフロの血湧き肉躍るビート感やソウルフルな歌と情熱的な旋律でアンダーグラウンドなダンス・トラックからポップな音楽までクロスオーヴァーし、時代を先取りながら後世に残るクラシックを膨大に生み出した稀代のDJ/アーティストだ。オリジナルからリミックスまでその素晴らしい作品群は嘘偽り無く膨大であり、レアな曲まで含めればその全てを集めるのは困難に等しい。そんな状況下で2014年にリリースされた第1弾(過去レビュー)のコンピレーションだけでも40曲収録であったが、それから1年経ってリリースされた第2弾の本作でもまたもや40曲収録と、両者を揃えればMAWの魅力を十分に理解するには十分過ぎる程のボリュームと質だ。喜ばしい事に4枚組というボリュームを活かしてどの曲もフルバージョンで収録されており、例えばGeorge Bensonによるメロウなギターと憂愁の歌、そして優しく包み込む美しいキーボードがフィーチャーされた"You Can Do It (Baby) (Nuyorican Style Mix)"は15分での完全版で聴く事が出来るのは、想像するだけで感涙必至だろう。またLoose JointsやFirst Choice、Donna SummerやNina Simoneなど過去のディスコやジャズに於ける巨匠の名曲を、MAWがリミックスして再度生まれ変わらせるように新たな魅力を引き出した曲も収録されており、当方のようにそんなリミックスを知らなかった人も多いだろうから守るべき遺産を世に知らせるベスト盤としての価値もあるのだ。ちなみにレーベルの広報によればクラブ向けの曲を中心とした第1弾に比べると、本作はどちらかと言うと緩んでリラックスしダウンテンポな曲が多いとの事だが、実際に聴いてみればそれは雰囲気からの判断で、実際にはメロウながらもMAWらしいざっくりと生っぽくも躍動感のあるグルーヴが通底している。文句無しに素晴らしい至宝のハウス・ミュージックが並んでおり、第1弾と合わせて聴けば一先ずMAWでお腹いっぱいになるだろう。



Check "Masters At Work"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE11 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
Neneh Cherry & The Thing - Dream Baby Dream / Cashback (Smalltown Supersound:STS23412)
Neneh Cherry & The Thing - Dream Baby Dream / Cashback
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)

偉大なるフリー・ジャズ系トランぺット奏者であるDon Cherry、その義理の娘であるNeneh Cherryのアナログを私が購入したのは意外に感じるられる人もいるかもしれないが、リミキサーにFour TetとLindstrom & Prins Thomasが起用されているのだから食指が動くのは当然です。A面はSuicideの"Dream Baby Dream"をNenehがカヴァーした曲を更にFour Tetがリミックスしているが、当初思っていたよりも勢いのある正確な4つ打ちを基調にしているのは驚きました。しかしジャズ調のホーンの音は残しつつも原曲の混沌とした空気は吹き飛ばし、Four Tetらしく電子音と生音をファンシーに織り込んだ曲調に緊張感は感じられず、ある種牧歌的なムードさえ漂うダンスミュージックは体が揺れつつも気分は和むばかり。B面にはノルウェーを代表するコズミック・ディスコの代表格であるLindstrom & Prins Thomasが"Cashback"をリミックスしていますが、こちらがど本命でしょうか、吹っ切れ具合が素晴らしいです。ウニョウニョと躍動するシンセのリフレインにベースライン、前へ前へと猛進するボトムが効いたハウスビート、そこに加わる色っぽい女性ボーカルや血潮がたぎるホーン、それらが一体となり快楽の極みへと突き進んでいくコズミック・ディスコの快楽性と言ったら…。かなりイケイケで世俗的で享楽的なダンスミュージックではあるけれど、この豪華に装飾された綺羅びやかな世界観はクラブで酒を飲んで盛り上がりたくなりますね。

試聴

Check "Neneh Cherry"
| HOUSE8 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |