CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Earth Trax & Newborn Jr. - Truth EP (Phonica Records:PHONICA026)
Earth Trax & Newborn Jr. - Truth EP
Amazonで詳しく見る(MP3)

Bartosz Kruczynskiとしてオーガニックなニューエイジやアンビエント方面で評価も高いEarth Trax、そしてヒップ・ホップやダウンテンポも取り込んだアルバムをDopeness GaloreからリリースしたNewborn Jr.によるポーランドのコンピは、2016年頃から手を組んでヒット作を送り出しているが、活動初期はアンビエンス感溢れるシンセを用いたエモーショナル性の強いディープ・ハウス色が特徴だったものの、リリースを重ねるに連れてアシッド・サウンドやうねるブレイク・ビーツが徐々に現れはじめ、レイヴ再燃の動きに同調している予兆は既にあった。そしてそれが完全に顕になったのが本作、90年代の懐かしくもエネルギッシュな興奮が詰まったレイヴを、彼等のかねてからの音楽性とミックスして自分達のモノとしている。タイトル曲の"Truth (Main Street Mix)"からしてTB-303らしきアシッド・サウンドがビキビキとうなりつつダーティーなベースが下部を支え、熱狂的なシャウトやギトギトしながらも派手なシンセサウンドのメロディーが引っ張っていくこのレイヴィーなハウスは、90年代のクラシカルな雰囲気さえ漂わせている。別バージョンとなる"Truth (Back Alley Mix)"も大きな違いはないものの、一部にダブな処理を加えて揺らめくような残響がシカゴのアシッド・ハウス的にも聞こえたりもする。一転して"Old Way, New Way"は従来の彼等らしいアンビエント・ハウスで、若干アシッド風なベースは用いつつもフルートの朗らかなメロディーと優美なピアノのコードを展開し、軽快なブレイク・ビーツで快適なグルーヴを生むこの曲も90年代のオールド・スクール感がある。"And Then"も同様にフルートを用いているが、先程の曲が陽だとしたらこちらは陰、夜の怪しい雰囲気に覆われ激しいグルーヴではないものの真夜中の熱狂的なダンスパーティーへと次第に移っていくような時間帯のブレイク・ビーツ調のハウスで、じわじわと感情を揺さぶっていく。再燃しているレイヴサウンドを意識しながらも、単なる焼き直しに終始せずロウな感覚やアンビエント性も取り込み、強い印象を残す作風として素晴らしい。



Check Bartosz Kruczynski & Newborn Jr.
| HOUSE14 | 12:00 | comments(0) | - | |
Bonobo - Fabric Presents Bonobo (Fabric:fabric201)
Bonobo - Fabric Presents Bonobo
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
ロンドンの名門クラブ・Fabricがパーティーの雰囲気を再現すべく17年間に渡りリリースし続けてきた4つ打ちを軸とした『Fabric』とブレイク・ビーツを打ち出した『Fabric Live』のミックスシリーズは、しかしネット上に溢れるストリーミングの無料ミックスの台頭を前に、遂にそのリリースは終焉を迎えた。最早販売されるミックスに未来は無いのか…否、確固たるコンセプトやマネージメント力のあるレーベルをバックに制作されたミックスだからこそ、ある一定の品質が保たれ信頼を寄せる事が可能となる事だってある筈だ。一度はミックスのリリースを止めたFabricもクラブ/パーティーの現在形を表現するべく、再度その歩みを始動させて手掛けるのが『Fabric Presents』シリーズで、タイトルからして殆ど変わってないのはご愛嬌か。第一弾に抜擢されたのはトリップ・ホップやジャズにアンビエントやエレクトロニカと様々に音楽を横断するNinja Tuneの人気アーティストであるSimon GreenことBonoboで、その知名度や実力からしてシリーズ立ち上げに迎えられたのも納得だろう。さて、当方はBonoboのDJプレイを体験した事はないが、ここでのプレイは4つ打ちのテクノ/ハウスを主軸に用いて高揚感のあるパーティーの雰囲気で、そこにスパイスとしてジャズやアンビエントも盛り込むなど、思っていたよりもダンス性の強い内容ながらもBonoboの音楽性も表現されている。初っ端自身の未発表曲である"Flicker"はセンチメンタルモードなエレクトロニカ風で、そこからまたも自身のどっしり4つ打ちながらもエキゾチックな"Boston Common"、そしてブラジリアンなサンバのりながらも優雅な"Jacquot (Waters Of Praslin)"、森林の訝しいエキゾチック感溢れるハウスの"Hidden Tropics"と、音楽性は様々ながらも確実に序盤から踊らせにくる選曲だ。また"Nia"や"Maia"などヒプノティックなシンセを前面に出した覚醒的でメランコリックなディープ・ハウスで盛り上がりつつ、中盤は"TKOTN"や"By Your Side"など変化球的に崩した情緒的な雰囲気に包まれるブロークン・ビーツのリズムで揺らしつつ、同じブロークン・ビーツでも何処か刺々しく不穏でもある"Roach"や"Perpetrator"で攻撃的に攻める瞬間もあり山あり谷ありで大きく揺さぶる。そこからドラマティックにじわじわと盛り上がるテクノの"Mirapolis (Laurent Garnier Remix)"を通過し、終盤はフューチャー・ジャズやブロークン・ビーツのしなやかなリズムとメランコリーで空気で落ち着きを取り戻し、最後は微睡みに落ちていく有機的なアンビエントの"Collage Of Dreams"によって平穏を取り戻す。色々なリズムと温かく豊かな感情性でBonoboらしい幅広いクロスオーヴァーな音楽性ではあるが、しかし滑らかなグルーヴ感によって持続的なダンスな感覚に纏められており、これがDJミックスではあるがおおよそBonoboらしい音楽性が表現されている。この新シリーズにどういった意味が込められているのかまだ分からないものの、幸先が良いスタートを切っている。



Check Bonobo

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE14 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |