CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Jesper Dahlback - Stockholm Mix Sessions 2 (Turbo:TRB60102)
Jesper Dahlback-Stockholm Mix Sessions 2
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤)
DK、Lenk、Sunday Brunch、Svekなど20以上に渡る名義で活動し、テクノ、ディープハウス、エレクトロ、アシッドなど様々なジャンルの方面でヒットを飛ばす若き才人・Jesper Dahlback。Adam Beyerと共作している事からもJesperの作風はハードな物と決め付けていたのですが、以前にリリースしたMIXCDでは耽美なディープハウスを回していてびっくり!トラックリストにI:Cube、Metro Area、Luomo、Next Evidenceなどが名を連ねている辺りで想像は付くと思いますが、全編メロウで緩めなムードのディープハウスでこれが心地良いんですわ〜。ハウスと言っても黒さは殆ど無しで欧州産の洗練された上品な甘さが漂う内容で、がっつり踊るクラブ向けと言うよりはスイーツな大人が集まるラウンジ向けのラグジュアリーなハウス。勿論馬鹿にしてる訳じゃなくて、それ位アダルティーな空間を演出するのにはぴったりな音だと言う事です。なんでこれはお家で聴いても当然気持ち良い訳で、夜中にワインを用意して自己に陶酔しながら聴くのが一番の効果的な聴き方なんじゃないでしょうか。

Check "Jesper Dahlback"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE3 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
The Mighty Bop (Yellow Productions:YPCD133)
The Mighty Bop
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤)
連日Next Evidenceを紹介してきた訳ですが、ならばフランスのインディーレーベル・Yellow Productionsについても紹介せなばならない。このレーベル、今をときめくBob SinclarことChris The French Kissと、DJ YellowことAlain Hoの二人が立ち上げたレーベルでございまして、フランスにおけるアンダーグラウンドダンスシーンを盛り上げてきたレーベルの一つでもあります。ブラジルやアフリカの音楽の要素も取り入れワールドワイドな音楽性を表現してきましたが、近年は音楽性の違いからAlain Hoは独自にPoussez!を立ち上げました。人気が出た事でポピュラーな作風に偏りがちになったChris The French Kissとは、決別せねばならなかったのでしょう。個人的な気持ちを述べると、やはりPoussez!のディープな音の方が自分は好きですね。

さてそんなChris The French KissとAlain Hoの最後の共同作品が、The Mighty Bop。アーティスト名でもあり、最後のアルバム名でもあります。最初は上品でしっとりなピアノの曲から始まったかと思うと、2曲目でいきなりスウィングしまくりのジャジーなトラックが炸裂。小気味良い跳ねるリズム帯、ソウルフルで渋いピアノの旋律、そして何よりも美しすぎるコーラス。いやー格好良いなぁ、ジャズなんだけれどもエレクトロニクスも導入されていて、クラブ方面の踊る欲求も満足させます。かと思いきや、しっとりと歌を聴かせるダウンテンポでムードのある曲もあったり。単一な曲作りになっておらず、アルバムの中でしっかり山場があって飽きずに聴けるよ。しかしいかにもフランスらしいと言えば、結局夜が似合うセクシーさで満たされている事。フランスの性的なエロさは、何故か下品でなく上品に感じるのは思い込みなのでしょうか。二人の共同作品として本当に素晴らしいですが、Alain Hoがやりたかったのはこうゆう音楽だったんだろうな。この後のChris The French Kissの路線を知る限りだと、Alain Hoが独立した気持ちも分からんでもない。

試聴

Check "The Mighty Bop"
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Basic Recordings Early Hours Mixed By Next Evidence (Discograph:6109152)
Basic Recordings Early Hours Mixed By Next Evidence
Amazonで詳しく見る

さて昨日紹介したNext Evidenceですが、Basic Recordingsと言うディープハウスレーベルも運営しておりまして、フランスハウスシーンにおいて本格的なハウスを素直にリリースしている所は好感が持てます。Next Evidenceのオリジナルアルバムはディスコ色が強く家でしっとり聴く感の強い物でしたが、このBasic Recordingsの曲を集めたMIXCDはやはり体裁上踊れてのれるフロアユースなトラックが集められて良いですね。基本ニューヨーク直系のパーカッシブなハウスで、全体的に起伏は少なめにゆったりとした展開で繋がれて行きます。どの曲も派手な展開は無くメロディーのしっかりしたオーソドックスな作りですが、そこはフランス発のハウスと言う事でセクシーさは上品に漂っています。べっとりベトベトな甘さじゃなくて、ほのかに香る夜のセクシーさ。フィルターハウスの様な一発でがつんと来るインパクトは無いけれど、何度も聴いて曲の良さを実感出来る様な地味だけれど上質な内容。何度も繰り返しますが、フレンチハウス=フィルターハウスの認識は捨てましょう。Franck Roger、DJ Deep辺りが好きな人は是非聴いてみて。

試聴

Check "Next Evidence"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE2 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Next Evidence - Thrills 2 (RUSH! PRODUCTION:ACCR-10001)
Next Evidence-Thrills 2
Amazonで詳しく見る

巷でフレンチハウスとはフィルターハウスみたいな認識が一部あったと思うが、フランスにもベーシックなハウスは存在しておりまして、その典型的な例がこのNext Evidence。このアルバム、当初はメジャーレーベルからリリースされたもののフランス国外に出回らず、結局はDJ YellowことAlain Hoが立ち上げたPoussez!から内容も新たに再リリースされたのだ。で内容の方なんだが、古っ!フレンチハウスシーンと逆行するかの様に、ディスコティック宜しくな創世記のハウスって感じだね。ストリングスとかギターとかホーンとかの生演奏がばっちり入って、しっとりメロメロなジャジートラックの連続。ズンズンズンと盛り上がるアッパーハウスは皆無で、オールドテイスト満載に郷愁を感じる秋が似合う音楽だな。7〜80年代に作られたって言われても、こりゃ気付かないね。大半の曲はボーカルも入っていて、インストの音楽は聴けん!なんて人はこうゆうハウスから入るといいかもしれないな。僕自身は普段こうゆう古い感じのハウスは聴かないけれど、人間の手作り感がしっかり感じられて、こうゆうクラシックなハウスもたまには良いかと思った。

Check "Next Evidence"
| HOUSE2 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
Rolando - From There To Here & Now (NRK Sound Division:NRKCD025X)
DJ Rolando-From There To Here & Now
Amazonで詳しく見る(UK盤)
 Amazonで詳しく見る(US盤)
Underground Resistanceの3代目DJとして、そしてGerald Mitchellと新たに立ち上げたユニット・Los Hermanosのメンバーとして活躍したDJ Rolando。しかしながらより広大で自由な活動を望むDJ Rolandoにとって、半ばコンセプト化されたURに居座り続けるには窮屈過ぎたのだろうか、人気を保ったままURを脱退。その後特にどんな活動をしているのかも耳に入らなくなって一年以上経ったのだが、遂に再始動なのか新たなるMIXCDをリリースする事になりました。しかも以前にも「Nite:Life 016」(過去レビュー)と言う名作MIXCDをリリースしたNRKから、今度は2枚組の大作でファン泣かせなリリースです。

Disc1はモロにハウス満開、軽く爽やかなアフロハウスから黒光りするディープハウス、キャッチーなアッパーハウス、温かみのあるソウルフルなハウスなど、どこをとっても4つ打ちハウスに囲まれています。以前生でDJ聴いた時は、ゴリゴリでミニマルなテクノ〜デトロイトテクノで鬼気迫る迫力のプレイだったけれど、このMIXCDでは幾分か肩の力が抜けてより自身のルーツに近いラテン的な面が出ている様な気がしますね。UR在籍時のハードで暗黒エレクトロをリリースしていた頃と同人物とは思えない程の変わり様ですが、このMIXCDの様なプレイをするのならばURとは一線を画すのも納得かな。デトロイト色が余りないから離れるファンも出てくるかもしれませんが、僕は素直に格好良いハウスだと思います。緩めの前半からキャッチーな中盤、疾走感溢れる後半(テクノ少々)まで手堅く盛り上げます。DJ Rolandoがまさか「Bar A Thym」をプレイするなんてって思ったけど、そんなプレイが彼のこれからの道を示唆しているんでしょう。

対してDisc2はダンサンブルながらもどちらかと言うと緩めの選曲で、夜にしみじみと聴くのに良いムードが出ています。Tread、David Alvarado、Vince Watsonらのテックハウス、Trackheadz、Indigenous Space People(Ron Trent)、Tokyo Black Star(DJ Alex From Tokyo)らのディープハウス、そしてデトロイト好きは見逃せない「Sueno Latino(Derrick May Illusion Mix)」を収録。ほぼフルレングスで収録してあるので、ミックスと言うよりはDJ Rolandoの自分用のリラクシングCDな意味合いが強そうです。たっぷり踊った後は体を休ませて、静かに時間を過ごそうって事なんでしょう。Disc1とは対照的に落ち着いて聴きたいですね。

さあ、後は新曲を待つのみ。DJ Rolandoの今後に期待が膨らむばかりです。

試聴

Check "DJ Rolando"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE2 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Miguel Migs - Nite:Life 03 [Original recording remastered] (NRK Sound Division:NRKMX003)
Miguel Migs-nite:life 03
Amazonで詳しく見る

朗報が入ってきました。以前にも紹介した「Miguel Migs - Nite:Life 03」が再発される事になりました。Neked MusicやNRK Sound Divisionから心地良いディープハウスをリリースしている西海岸ハウスの雄、Miguel Migsが担当した傑作MIXCDですよ。以前も紹介したのにアマゾンでは売り切れとなっていましたが、この度リマスターされて再発ですよ。ほんと熱いですよ!いや、熱いと言うよりしっとりムーディーで、大人の色気や優雅さを持ち合わせています。洗練された都会派ハウス、大人の余裕すら見受けられてワイングラス片手に聴いたらお洒落な世界に没頭してしまいます。と言うとただのお洒落なハウスで軽く片付けられそうですが、図太いトラック、パーカッシブなリズムも織り交ぜて、グルーヴィンに締まりのあるプレイで踊らせてくれます。いやーしかし最高に気持ち良い展開で、Nite:Lifeのタイトルを最もよく表現しているんじゃないでしょうか。これが再発されたのも、きっと多くの人が待ち望んでいたに違いないからですね。Franck Roger、Needs、Nick Holder好きな人には真っ先にピンと来るMIXCDだと思います。過去のレビューも参考にしてみて下さい。

試聴

Check "Miguel Migs"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE2 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
Versatile Mixtape Mixed By Dj Gilb'r (Versatile:VERCD012)
Versatile Mixtape Mixed By Dj Gilbr
Amazonで詳しく見る

フランスで一番お洒落で上品なハウスレーベルと言えば、真っ先に思い浮かぶのがVersatileです。レーベルを主宰するChateau Flightを筆頭に、Pepe Bradock、Next Evidence、Phil Asher、Kirk Degiorgio、Future Beat Alliance、Franck Rogerなども作品をこのレーベルから発表するなど繊細で美しい楽曲を得意とする人達が集まっています。今作はVersatile音源からChateau FlightのI:Cubeが選曲を、DJ Gilb'Rがミックスを行っています。しかしハウスは世界中に色んな音があれど、ここまで洒落ていてキザな音はそうは無いんじゃないでしょうか。しかもただの洒落たハウスじゃなくてクラブでも使用出来るリズム感もあるし、メジャーに対して尖った感覚も持ち合わせています。お洒落なハウスは数あれどそういった物に埋もれる事もなく、Versatileとしてレーベルカラー・上品さと硬派さがしっかり出ていますね。ハウス、ジャジー系、ディスコ、テクノなど色々な物がミックスされていますが、どこを切っても上流階級の様にエレガンスで、侍の様に男気に溢れています。目玉は何と言ってもChateau Flightの「Cosmic Race」でしょうか。究極にエレガンスと繊細を極め、クリスタルの結晶に光が乱反射する様な美しさを発しています。他にもうっとりメロメロになる曲ばかり。静かな夜のお酒のお供にどうでしょうか?

Check "Chateau Flight"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE2 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Jerome Sydenham - Ibadan People (Ibadan:irc043-2)
Ibadan People
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
ハウスシーンにスピリチュアルでディープな旋風を巻き起こした、Jerome Sydenham主宰のIbadan。それはJoe Claussell率いるSpiritual Life Musicとも共振し、互いに影響を及ぼし合い現在のハウスシーンに多大なる深化をもたらした(はず)。このMIXCDはIbadanの貴重なるレコードを一纏めに聴く事が出来る素晴らしい物である。Jerome Sydenham自身をはじめ、Joe Claussell、Dennis Ferrer、Jephte Guillaume、Kerri Chandler等のキラートラックを収録し、近年の32 Project(Hiroshi Watanabe)、Nature Soul(DJ Katsuya)らの日本人トラックさえも使用されている。前述のアーティストの曲を聴けば分かると思うが、Ibadanによってハウスシーンは一気にアコースティック、オーガニック指向が進んだと思われる。特にIbadanは過去の遺産をリイシューする事にも力を入れているのだが、「Ten City-All Loved Out(Joe Claussell Remix)」は柔らかいギターの音色をフューチャーした初期の傑作である。全てはここから始まったのかもしれない。アフリカンリズムを継承するパーカッション、人間の手によって鳴らされるアコースティックな音、優しく人間の温かみに溢れたメロディー。Ibadanはそんなレーベルなのだ。結局言いたい事は「Body & Soul」好きには必聴。

試聴

Check "Jerome Sydenham"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE1 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(2) | |
Miguel Migs - nite:life 03 (NRK Sound Division:NRKMX003)
Miguel Migs-nite:life 03
Amazonで詳しく見る
NEEDS布教活動第3弾。今回はNeked Musicから色気のあるディープハウスを送り出し続けている、Miguel MigsのMIXCD。Needs - Low Gravity Danceを収録。これは直球ハウスではなくジャジー風味で、溜まりのあるリズムがカッコイイです。上物シンセに関しては言わずもがな美しい。アルバム自体はNext Evidence - Spirit Of The Nightから幕を開ける。ジャジーディープハウスでのっけから美しくとろける様な曲。続いてアップテンポなハウスになったり、甘い展開になったり。ディープハウスの大御所Dennis Ferrerや今をときめくSun Orchestra aka Franck Roger(Needs Musicからも作品を発表)、そしてMiguel自身の曲を含んでいます。ムーディーで甘くありながら、一貫性を持ったMIXCDです。家で女の子と聴くも良し、低音がしっかり聴いているので踊るにも良しな万能なアルバムです。

Check "Miguel Migs"
| HOUSE1 | 18:45 | comments(5) | trackbacks(0) | |