CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Nomadico - The Code Switcha (Yaxteq:YXTQ 004)
Nomadico - The Code Switcha
Amazonで詳しく見る(MP3)

近年テクノ/ハウスに置いて全盛期に比べると陰りを見せているデトロイトという聖地、その原因の一つは特に影響力の大きいUnderground Resistance一派の活動が停滞している事も、少なからず関係しているであろう。そんな状況ながらも逆境を跳ね返すべく奮闘している者もおり、例えばUR一派のDJ Dex改めNomadicoことDan Caballeroもその一人だ。元はDJ DexとしてURのターンテーブリストとして活躍し、TimelineやLos Hermanosに参加しつつ自らはEl Coyoteというラテンユニットも組んだりしていたが、2015年頃からはYaxteqを設立し自らの足で歩み始めている。そして2018年末にリリースされた自身初のアルバムが本作で、デトロイトのダークサイドを表現したテクノ/エレクトロがこれでもかと詰め込まれており、流行や新しさは皆無ながらもデトロイトのクラシックを地で行く作品だ。オープニングの"Introversion"はビートレスながらもアンビエント性のある壮大さがこれから待ち受ける冒険を示唆するような幕開けに相応しい曲で、続く"Still Cruisin"ではデトロイトらしい叙情的なシンセのリフと跳ね感のあるのリズムによるテック・ファンクを聞かせ、序盤は大人しめな始まり方だ。"RTD 60"でもまだアッパーな展開にはならないが、ダークで膨張するような太いベースラインと不気味な上モノが支配するダークテクノで、徐々にデトロイトのハードな側面を映し出す。そして"909 Soto Street"で遂にリズムは太くかつ跳ねて勢いを獲得し、微妙なアシッド・ベースが底辺でうねり暗黒のデトロイト・エレクトロと化す。"Radio 3031323"は一旦勢いを抑制しつつも同様に細かくアシッドが蠢き、エレクトロ調の角々したリズムで腰にくるグルーヴを刻み、"Machine Learning For Homeboy"や"Hustla"では図太いキックが強烈な4つ打ちを刻み荒廃した街を投影するような暗い上モノに支配されたダーク・テクノで、如何にもUR一派らしいハードさを体験させる。また乾いたパーカッションと横揺れリズムが溜めのあるグルーヴを生み明るいシンセのリフが反復する"Backyard Trippin"もデトロイトらしいエレクトロ・ファンクで、暗く世界観の中にも時折希望を見い出せる瞬間もある。先人達が切り開いてきたテクノ/エレクトロを忠実に受け継いで、流行なんぞ何のその。悪く言えば古臭い古典的な音楽かもしれないが、またぶれない姿勢も実にUR一派らしい。



Check Nomadico
| TECHNO14 | 11:30 | comments(0) | - | |
2013/11/30 Underground Gallery presents. Onomono “Unifys” Release Party @ Club Asia
過去のブログを読み返してみたところ、何とClub Asiaに行くのは3年ぶり。今回はThe Blue HerbのトラックメーカーであるO.N.Oが、ミニマルテクノ・プロジェクトであるonomonoのアルバムリリースの一環としてパーティーに出演する。そしてパーティーを主催するのが神戸のレコード屋であるUnderground Galleryである関連か、同じくアルバムをリリースしたばかりのRondenionや、交流の深いUnderground ResistanceからNomadico aka DJ Dexを招待してのデトロイト色も濃厚な布陣となっている。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 17:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Underground Resistance - Electronic Warfare 2.0 (Submerge Recordings:SUBJPCD-013)
Underground Resistance-Electronic Warfare 2.0
Amazonで詳しく見る

テクノファンお馴染みURからの新作アルバムは、今年6月にダブルパックのEPでリリースされていた"Electronic Warfare 2.0"(過去レビュー)をCD化した内容。でもそれだけじゃ申し訳ないと思ったのか、SIDからウェブ注文のみでリリースされていたレアな"Electronic Warfare 2.1"も一緒に収録されています。更にはDJ SkurgeやNomadico(DJ Dex)がリリースしたEPからの曲も収録されていたり、ちょっと変則的なアルバムですね。僕は2.0の方はレコードで持っているのでわざわざCDを買うのも何だかもったいないなと思っていましたが、2.1なども収録されているならばまあ納得かなと思いましたが。さてこの"Electronic Warfare 2.0"はかつてURからJeff Millsが離脱した後URが沈黙を続け、そして遂にURの帰還となった"Electronic Warfare"の続編になります。それはデトロイトに古くから存在するエレクトロに注目した内容でありましたが、どうしてもURのエレクトロはダークになります。Galaxy 2 Galaxyの音に慣れているとこのエレクトロな音は不気味に不安を煽る様に聞こえますが、これこそがURの闘争・抵抗の意志を表した音なのでしょう。まあしかしチンピラと言うか不良と言うか、本当に素行の悪い音ですね。Mike Banksは本当に格好良い漢(おとこ)だよ。

TAKAMORI K.さんがMike Banksにインタビューしているので、興味のある方は是非読んでみましょう。インタビューはこちら(MIXIユーザーのみ)

試聴

Check "Underground Resistance"
| TECHNO5 | 15:45 | comments(0) | trackbacks(2) | |
BEST OF 2006
来たるべき大晦日が遂にやってきました。今年はPRIDEの不祥事で格闘はK-1しかTV放映されません。非常に残念です。さて、今年の年越しは万座温泉で過ごすので、31日から3日までは外出しています。なのでこの更新も前もってまとめておいたのが、自動でアップされるようになっています。今日は年間ベストを選ぶと言う事で、時間をかけて今年リリースされた物で印象に残ったのを探していたのですが、あちらを立てればこちらが立たず状態でどれを切るか本当に迷いました。年間ベストとは謳っておりますが、実際の所数日後に選び直したらまた内容は変わるだろうし、今の時点の気持ちで選んで物と考えた頂いた方が宜しいかと。でもどれも最高に素晴らしい音楽ばかりなんで、是非参考にしてみてくださいね。

それでは続きをどうぞ。
続きを読む >>
| BEST | 12:00 | comments(12) | trackbacks(4) | |
DJ DEX a.k.a. Nomadico - Invisible Show Case Vol. 01 Part One & Two (Submerge:SUGCD-002-1~2)
DJ DEX a.k.a. Nomadico-Invisible Show Case Vol. 01 Part One
Amazonで詳しく見る


DJ DEX a.k.a. Nomadico-Invisible Show Case Vol. 01 Part Two
Amazonで詳しく見る


昨日で今年のCDレビューは最後と言いましたが、すいません、嘘こきました。とても大事なMIXCDを紹介し忘れていたので、今日もレビューします。そもそも何故このMIXCDを今まで紹介していなかったと言うと、アマゾンでは販売されていないから。Part OneはタワーレコードやHMVなど大型レコード店で、Part TwoはCisco、Disk Union、Underground Galleryなどのレコード専門店で販売されると言う変則的なリリースだったのですね。ただ内容に関しては今年一番聴き込んだ程に素晴らしく、今まで数多くリリースされたMIXCDの中でも最上級に位置する物だと僕は思っています。それを作ったのがコードナンバーUR061を冠するUnderground Resistanceの新参者・DJ DEXことDan Cabelleroで、TimelineやLos Hermanosのメンバーの一人でもあります。勿論URのコードナンバーを与えられる辺りでMad Mikeも才能を認めているのは周知ですが、DJ DEXのミックスはまじで眉唾物です。元々ヒップホップ上がりらしいのですが、そんな経歴を思わせる巧みでスムースかつパワフルなプレイで怒濤の流れを作っているんですわ。殆どがUR関連の曲で固められていますが、過去の名曲から新曲、Re-Editを含む未発表曲、そしてジャンルはテクノ、ハウス、エレクトロ、ラテンを何の違和感も無く混ぜています。URの歴代オフィシャルDJでもあるJeff Mills、James Pennington、DJ Rolandoも本当に才能ある人達だったのですが、DJ DEXもそれ以上に広がりと奥深さをを見せてきていますよね。今時にしては珍しいタンテのみを使った一発録りの為か、勢いや攻撃性が前面に出ている時もあるかと思えば、未来を夢見るデトロイトのロマンティックな音が沸いてきたり、URの歴史がここに結集している様に聞こえます。しかし幾ら僕がここで説明しても、きっと真価はなかなか伝わらないと思いますし、トラックリストだけ見たって良さは分からないでしょう。だから是非とも自分の耳で確かめて欲しい、DJ DEXのプレイを。これを聴けばデトロイトにも新しい息吹が吹こうとしているのを感じ取れるはずです。

試聴

Check "Dan Cabellero"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO4 | 22:00 | comments(2) | trackbacks(2) | |
Upcoming Event
PEOPLE WANT MORE LIFE @ YELLOW
2006/04/14 (FRI)
DJ: JEFF MILLS(AXIS), TAKAMORI K.

MATERIAL feat. IAN POOLEY @ AIR
2006/04/21 (FRI)
Guest DJ: Ian Pooley

CROSS MOUNTAIN NIGHT feat. JAMES HOLDEN @ WOMB
2006/04/21 (FRI)
DJS: JAMES HOLDEN, TORSTEN FELD, Dr,SHINGO

CLUB MUSEUM @ UNIT
2006/04/21 (FRI)
Special Live Performance: BRITISH MURDER BOYS(SURGEON & RISIS) -5 hours gig-

UNDERGROUND RESISTANCE "INTERSTELLAR FUGITIVES" TOUR @ LIQUIDROOM
2006/04/28 (FRI)
Featuring members:INTERSTELLAR FUGITIVES SPECIAL LIVE UNIT
Formed by - GERALD MITCHELL as THE DEACON (UR044), THE ANALOG ASSASIN (UR040), CORNELIUS HARRIS as THE ATLANTIS (UR3.14), RAY 7 as THE UNKNOWN SOLDIER (UR051)
...And maybe more fugitives
DJs:SUBURBAN KNIGHT aka JAMES PENNINGTON (UR011), DJ S2 aka SANTIAGO SALAZAR (UR057), DJ DEX aka NOMADICO (UR061)

STANDARD 4 @ WOMB
2006/04/28日 (FRI)
GUEST DJ: JORIS VOORN
DJ: KEN ISHII, SATOSHI ENDO

MOODYMANN JAPAN TOUR 2006 @ YELLOW
2006/04/29 (SAT)
DJs: MOODYMANN aka Kenny Dixon Jr, Alex From Tokyo

PANORAMA @ YELLOW
2006/05/02 (TUE)
DJs : Kentaro Iwaki a.k.a Dub Archanoid Trim, Terre Thaemlitz
LIVE: LUOMO a.k.a VLADISLAV DELAY

CLASH 12 feat. DERRICK MAY @ ageHa
2006/05/06 (SAT)
DJs :Derrick May, Ken Ishii, DJ Tasaka, Fumiya Tanaka, DJ Wada, Q'Hey
Toby, Yama, Shin Nishimura, DR.Shingo, Kagami, RKD1 & RKD2
LIVE : Chester Beatty, Newdeal

JAPANECTION PRESENTS SOUL DESIGNER TOUR @ WOMB
2006/05/19 (FRI)
DJs: Fabrice Lig, Jean Vanesse, Ken Ishii, Sisk
| UPCOMING EVENT | 23:55 | comments(0) | trackbacks(1) | |
Underground Resistance - Interstellar Fugitives 2 (Destruction Of Order) (Underground Resistance:UGCD-UR2005)
Underground Resistance-Interstellar Fugitives 2 (Destruction Of Order)
Amazonで詳しく見る

世の中はクリスマスムードですが、そんな時期にもアンダーグラウンドな世界からクリスマスプレゼントが届きました。今年、Galaxy 2 Galaxy名義(以下G2G)でもっとも音楽シーンで話題をかっさらったであろうUnderground Resistance(以下UR)から、2枚組のオリジナルアルバムが発表されています。URと言えばMad MikeとJeff Millsが設立したレーベルであり、またユニットでもあり、集合体でもあるデトロイトテクノの功労者。彼らの活動の根底にあるのはそのレーベル名そのものであり、音楽に依って自らを解放する事であります。彼らの音楽は希望や夢、もしくは怒りや闘争(暴力ではない)によって生み出されるのですが、今年前半のG2Gのコンピレーションアルバム「A Hi Tech Jazz Compilation」は前者から成るフュージョンテクノ、フュージョンハウスな音楽です。そしてこの度発売された「Interstellar Fugitives 2」は後者の、怒りや闘争の音をイメージさせるハードなエレクトロがこれでもかと言わんばかりに詰め込まれています。きっとデトロイトと言うハードな街で生き抜く為には、ハードな心が必要になるのかもしれません。G2GがMad Mikeを中心に進められ希望や夢に依って障害を突破するプロジェクトであるならば、このアルバムは反骨精神に溢れたURと言うある一種の民族を越えた共同体から成るプロジェクトなのでしょう。とまあ、URについてはライナーノーツにこれ以上もっと詳しい詳細が書いてあるので、そちらを読んで頂いた方が良いですね。とにかくMad Mike風に言うならばこのアルバムは最高にシットで、最高にイカシテルって事です。元々エレクトロ方面のURは結構苦手だったのですが、今作はテクノ色が強めでRed PlanetやLos Hermanos系のメランコリック路線もあったりで、比較的聴き易いのではないでしょうか。それでもタフでハード、ダークでソリッド、決して売れる様な音では無いと思います。しかしG2Gとは音色そのものは異なろうとも、見据える先は同じ所に向いています。だからこそ面と向かい合い彼らのソウルを感じたいし、聴き過ごす事なんて出来やしません。Mad Mike、いえURとしての活動に期待をせずにはいられません。

蛇足ながら、最近のURのアートワークなり音なりが小綺麗になっているのは、何か彼らに変化でもあったのでしょうか?G2Gのコンピ、Los Hermanosのアルバム、そして今回のジャケの変に洗練された感じは明らかに今までと異なります。また「Return Of The Dragons」以降の音も、妙に小綺麗と言うかクリアになったと言うか。単にレコーディング環境が良くなっただけなのでしょうか?アートワーク、音共にいかにもアナログだった頃と変化が見れるので少々気になりますね。

試聴

Check "Underground Resistance"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO3 | 13:00 | comments(3) | trackbacks(4) | |