CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
2014/12/6 DAWD @ Oath
Jun Kitamura、REMI、haraguchic、SINOによる不定期開催パーティーであるDAWD、年内最後の開催となる今回のゲストには初のアルバムをリリースしたばかりであるDazzle Drumsが抜擢された。今回のDAWDへの出演はアルバムリリースツアーの一環にも組み込まれているが、約1年前にもDAWDに出演したDazzle Drumsとレジデント陣との相性の良さは既に確認されており、当然期待出来るパーティーになるであろう。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
The Pink Collection (Eskimo Recordings:541416 506032)
The Pink Collection
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
ベルギーのEskimo Recordingsと言えばLindstrom & Prins Thomasを輩出していたりとニュー・ディスコ系に強いレーベルではあるが、それと共にOptimoやIvan Smagghe、Rub' N' Tugらフリーキーなアーティストが個性的なMIXCD/コンピーレションを手掛けている事でも知られている。そのレーベルからの新たなシリーズが"The Pink Collection"なるニュー・ディスコのコンピレーションで、何と全曲新録と気合の入ったアルバムになっている。ジャケットからは大人びてお洒落なイメージが伝わってくるが、実際にそれは間違っておらずディスコ的な汗臭さや熱狂は皆無で、モダンかつ洗練された甘いなディスコが満載だ。特にかつてのディスコ的な生音よりも綺麗に伸びる電子音が強調され、シンセの快楽的で甘い旋律と覚醒的なシンセベースのブリブリとしたラインが基軸になったトラックは、ディスコの一聴して耳に残る性質を伴いながらも再生ではなく進化と言った意味でのニュー・ディスコと呼ぶ表現が相応しい。キラキラと煌めくようなゴージャスな音使いでは熱いと言うよりは温かく、ソウルフルと言うよりはスイートで、また全曲がミッドテンポでゆったりと聞かせるタイプである事がより大人びたゆとりとなり、バレアリック感を増長させているのだ。ニュー・ディスコに対し造詣があるわけでもないので収録されているアーティストを知らなかったが、ベテランから新鋭まで起用しているそうなので、これからこの周辺の音楽を知るための道標にもなりそうである。



Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE9 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Silver Apples - Silver Apples / Contact (MCA Records:MCAD-11680)
Silver Apples-Silver Apples / Contact
Amazonで詳しく見る

プログレッシヴロックって言うとやはりUKやドイチェか日本が盛んだった気がするけれど、アメリカにも盛んではないけれど一応存在はしておりました。"Optimo Presents Psyche Out"(過去レビュー)と言うドロドロへヴィーなサイケデリックMIXCDに収録されていて気になったのが、アメリカのSilver Apples。二人組のロック?バンドなんだけど、片方は自作のThe Simeonと言うアナログシンセ、もう片方は膨大な数のタムを使ったドラムを担当と言う変則的な組み合わせ。基本的にギターとかベースは使用していないみたいで、こんな二つの楽器だけで大丈夫かと不安になりますが、実際に聴いてみるとそのラリラリッぷりは尋常じゃないですね。ミニマルである意味テクノとも共振する打ち込みっぽいドラムに合わせて、ブリブリで覚醒的な浮遊感のあるアナログシンセが絡み、恍惚とも快楽とも狂気とも異なる不思議な感覚を生んでいる。気持ち良いとかじゃなくて、まるでオーヴァードーズして限界を超えちゃった様なヘロヘロさ。ヴォーカルも歌っているのに全く抑揚が無くて、まさかドラッグをきめて歌ってたのかと疑いたくなります。音自体に古さは漂っているけれど、ローファイでじわじわと神経に作用してくるし、これが1968〜69年のリリースって言うのだからやはり尋常ではないわ。1stと2ndがカップリングになっているのでお得です。

試聴(1st) 試聴(2nd)

Check "Silver Apples"
| ETC2 | 00:10 | comments(2) | trackbacks(1) | |
Annie - DJ Kicks (Studio !K7:!K7190CD)
Annie-DJ Kicks
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(US盤) Amazonで詳しく見る(UK盤)
Studio !K7が送る名MIXCDシリーズ・DJ Kicksの最新作は、ノルウェーの歌姫・Annieが手掛けております。つか、全然知りません、Annieって誰?ここでちょっとググッて調べた所、元々は90年代はロックバンドにおいて歌い手を務め、その後はDJ活動を初めてクラブシーンにも足を踏み入れ、2005年には1STアルバム「Anniemal」をリリースとの事。ってどうゆうアーティストと絡みがあるかもよく分からないし、未だに詳細は不明。とにかく、名MIXCDシリーズと言うだけで購入しました。しかしこれはこのシリーズの中でも一番独特と言うか、めくるめく万華鏡の世界って感じか?最初にぶっちゃけ言うと、繋ぎも下手だしテンポもめちゃめちゃだし、スキルはないと思うよ。ただそれを差し置いて、ロック、エレクトロニカ、テクノ、エレクトロを破天荒におもしろおかしくミックスしていて、聴いているだけでウキウキする気分になります。鋭い棘のありそうなパンキッシュサウンドでありながらも、どこかキュートで女の子らしい可愛いプレイなんじゃないでしょうか。流行のエレクトロクラッシュなミックスが好きなら、ご機嫌で聴けちゃう事でしょうね。若々しい弾けるパッション、子供の様に無邪気な遊び心があって、元気のない人にエネルギー注入ってか。

試聴

Check "Annie"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| ETC1 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
BEST OF 2005
来たるべき大晦日が遂にやってきました。K-1とPRIDEの両方を見なくては!最近は年末は毎年そうです。ちなみに未だにカウントダウンはどれに行くか決めておりません。どれもインパクトに欠けるイベントばかりでとか言っておきながら、ケンイシイに行っちゃいそうですな。さて、勝手ながら今年も年間ベストを選んでみました。が、今年は余りにも量が膨大なんで選ぶのに困り、泣く泣くカットした物が多数。そう考えると相当な量の音楽を聴いたんだなとしみじみします。以下のリストに残った物は僕のお気に入りの一部ではありますが、是非とも皆様のCD選びの参考になって頂ければ幸いです。

それでは続きをどうぞ。
続きを読む >>
| BEST | 14:00 | comments(11) | trackbacks(2) | |
Optimo Presents Psyche Out (Eskimo Recordings:541416 501334)
Optimo Presents Psyche Out
Amazonで詳しく見る(UK盤)
 Amazonで詳しく見る(US盤)
ジャイアントインパクトッ!!年に数枚出るか出ないかの怪作、かつ傑作!現在の時点で年間ベスト3入りを断言する超絶MIXCDが出ました。こんなのが出るなんて知らなかっただよ。お店で暇だからなんとなく試聴したら、これがすんげぇ〜やべ〜と言うか、もう電撃走って即レジに持って行っちゃいましたよ。トラック見て貰えると分かるんだけど、HawkwindとかSilver Applesのサイケデリックロックに混ざって、Fast EddieとかMr.Fingersのアシッドハウス、Sweet ExorcistやThrobbing GristleのCarl Craig Re-Versionなどのエクスペリメンタルテクノ、果てはエレクトロディスコダブなど何でも使える物は使っちゃってるんだよね。ただこのMIXCDはビートで踊らせると言う事では無くて、本能に訴えかける麻薬的な魔力を持っているのです。はっきり言ってごちゃ混ぜ過ぎて踊れるとかそうゆう物じゃないんですよ。もう脳味噌の奥にずぶずぶと音が進入してきて、脳味噌をシェイクシェイク!ずぶずぶとダークワールドに引き込まれたら最後、抜け出る事は不可能。覚醒的なサイケデリック空間で、ヨダレをウヘウヘ垂らしながら聴く事になるでしょう。とにかく強烈すぎ!これは聴いてみないと分からない。今日このレビュー読んだ人はマジで買わないと損ですっっっ!!ストレートなテクノ求めてる人は、そうゆうの期待しちゃダメよ。

試聴

Tracklistは続きで。

Check "Optimo"
続きを読む >>
| ETC1 | 19:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |