CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
PBR StreetGang - Shade EP (Crosstown Rebels:CRM 166)
PBR StreetGang - Shade EP
Amazonで詳しく見る(MP3)

ロンドンを拠点とするCrosstown Rebelsは節操がない位に様々なDJ/アーティストの作品をリリースし、テクノ/ハウス構わずに大量のカタログを所有する名門レーベルの一つだ。そんなレーベルの新作はイギリスはリーズのユニットにであるPBR StreetGangによるもので、今までにもWolf Music Recordingsや20:20 VisionにToy Tonicsなどから作品をリリースするなど何処かのレーベルを拠り所とする事ない事もあってか、作品毎にテクノ~アシッド・ハウス〜テック・ハウス〜ニューディスコと多様な姿を見せている。本作ではハウス寄りながらもダークでアンダーグラウンドな匂いを発する作風が強く、タイトル曲でもある"Shade"では地べたを這いずり回るような低いアシッド気味なベースラインとざっくりしたリズムを強調し、そこにスカスカの上モノが幻惑的な作用を引き出すように使用され、隙間を活かす事で軽快な走りを見せながらツール的な機能性を高めて汎用的な使い方の出来るトラックに仕上げている。A面のもう一つの曲である"Reading"も作風に差はなくハンドクラップを用いる事で弾けるようなリズム感がありながらも、やはりアシッド気味なベースラインと小刻みに揺れ動くヒプノティックなシンセを配置し、展開は極力抑えながらもちょっと悪っぽくて危ういムードがフロアの深い闇に似合っている。どちらも派手な作風ではないものの、展開を抑える事でじわじわと神経を侵食するような効果が持っているだろう。そしてB面にはフレンチ・ハウスの大ベテランであるI:Cubeが"Shade (I:Cube Remix)"を提供しており、原曲からの雰囲気をがらっと変えたアーリー・ハウス/ブレイク・ビーツ色を強めてレイヴの雰囲気にぴったりなリミックスを披露している。大波に揺られるような崩れ気味のビートに耽美なピアノの旋律やスクリュー音のようなSEも加えて、闇の中に美しさが舞う荘厳な世界観を展開し、アンダーグラウンド性はありながらも大箱のピークタイムに合う派手目の仕様だ。そしてその後にはクレジットにはないものの、この曲の後にはおそらく"Reading"の別バージョンも収録されており、計4曲どれもフロア即戦力となるであろう充実のEPだ。



Check "PBR StreetGang"
| HOUSE12 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |