CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
セレブラル・ヘミスフィアーズ
セレブラル・ヘミスフィアーズ (JUGEMレビュー »)
ミスター・フィンガーズ,MR. FINGERS
RECOMMEND
BLACK SUN
BLACK SUN (JUGEMレビュー »)
FAR OUT MONSTER DISC
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Lord Echo - Curiosities (Bastard Jazz:BJCD05)
Lord Echo - Curiosities
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
来日が目前に迫るニュージーランドで活躍するMike Fabulousによるソロプロジェクト・Lord Echo。レゲエをベースに多方向へと音の広がりを見せた2011年のデビュー作"Melodies"(過去レビュー)は世界的にも高い評価を得て、DJのみならず一般のリスナーからも好感を得て大ヒットを記録したようだ。当方が好むテクノでもなくハウスでもなくレゲエを土台としているが、そんな筆者にとってもLord Echoの甘いメロディーと洗練されたレゲエサウンドは耳を魅了し、即座にLord Echoはお気に入りのユニットとなった。そしてそれから2年、満を持してLord Echoの2ndアルバムが到着。基本的にはレゲエを軸にジャズやファンクにソウルやダブなど、前作からの路線に大きな変更は無い。がアルバムの幕開けとなる"Endless Dawn"では、いきなり小気味良いジャジーなリズムにギターやキーボードが被さり、スィングするグルーヴが門出を祝うような高揚感を誘発する。続く"Bohemian Idol"は正にLord Echoらしいラヴァーズ・ロックよろしくなレゲエで、裏打ちのカッティング・ギターとかすれたような甘いボーカルに心酔。更に"Digital Haircut"ではふくよかなパーカッションのリズムとキレのあるギターにはファンクを感じるが、清々しいまでの爽やかな音がからっと心地良く広がる。一方コズミックな電子音が躍動する"Put In My Head"ではアフロなビートが疾走し、Pharoah Sandersのカバーである"The Creator Has A Master Plan"ではもはやバンド・サウンドを活かした円熟味のあるハウスと言った赴きで、その観点からすると随分とダンサンブルになった印象も受けるだろう。また前作に於ける音を絞ったすっきりとした演奏に比べると、本作では少々豊かな音色で装飾し過ぎてしまった感もあり、タイトで身軽なレゲエの雰囲気は若干後退したように聞こえる。これを円熟と捉えるかメジャー化してしまったと捉えるかは微妙なところだが、レゲエファン以外も魅了する都会的なレゲエとしては申し分がないのも確かだ。さて、後はライブで真価を体験するのみだ。



Check "Lord Echo"
| ETC4 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Calm + Moonage Electric Ensemble - Milestone (Music Conception:MUCOCD-020)
Calm + Moonage Electric Ensemble-Milestone
Amazonで詳しく見る

Calmの隠れた名作が復刻〜、有難い。極少数だけ販売された"The City Child"と言う写真集に付録されていたCalmのライブ盤が、ボーナストラックも追加されて目出度くリイシューです。何が良いってやはり脂が載ってる頃の2000年のライブが体験出来るって事ですよ。これは勝手な推測なんだけど、Calmファンの多くは00〜03年辺りの作風が好きな人が多いんじゃないかと思うんですよ。だから2009年と言う現在に、こうやって過去の遺産を穿り返してくれたのは非常に嬉しいんですわ。内容に関しては正に期待していた通りの、ジャズ+ダウンテンポ+チルアウトなバンドサウンドで生き生きとした音が素敵です。小洒落たフェンダーローズや血が煮えたぎる様に熱く唸るサックス、そしてFarrがコントロールするリズムトラックなどが見事に絡み合い、都会的でかつ砂糖と珈琲が溶け合うようなビターでスウィートな空気を醸し出していますね。ロマンティックなピアノの旋律から始まる"Light Years"や、サックスソロがソウルフルに奏でられるハウストラック"Simple Chords Again"、そしてPharoah Sandersの"Love Is Everywhere"をサンプリングした"Authentic Love Song"など聴き所は多数、と言うか一切の捨て曲は無い。どれもが長尺であるにも関わらず、長さを感じさせずにぐっと心を掴んで離さない激情を持ち合わせているんです。Calmのアルバムの中でも一番良いかもしれないな、まじで。

試聴

Check "Calm"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 00:11 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Henrik Schwarz - DJ-Kicks (Studio !K7:!K7207CD)
Henrik Schwarz-DJ-Kicks
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
近年注目を浴びているHenrik Schwarz、自分の中ではInnervisionsからリリースしているアーティスト位の認識しかなく、正直どんな音楽性かは殆ど知りません。しかしながらネットや雑誌でもこの"DJ-Kicks"は評判が良かったので、興味を持ち購入に至りました。聴く前に取り合えず選曲はチェックしてるんだけど、とにかく何でも打ち込んであってジャンルの幅は広いんだけど、一応統一性は感じられる。それは黒い音が中心って事。James Brown、Marvin Gaye、Pharoah Sanders、Drexciya、Rhythm & Sound、D'Angelo、Arthur Russellらのファンク、ジャズ、エレクトロ、レゲエ、ソウル、ディスコと言った黒人音楽をふんだんに使用していて、なかなか良い黒光りをしているのです。この多岐に渡る音楽性は非常に面白いし、またこれだけ黒い音なのにファンキーと言うよりはドイツっぽいドゥープな雰囲気を発しているのが不思議。現実を超越する呪術的な雰囲気の如く黒いサイケデリアを呼び起こす原始的な音楽ですね。ただMIXCDと言うよりはコンピ的な印象を受けてしまうのは、やはりジャンルの幅の広さゆえでしょうか。どうしても音やテンポの差がが激しくなってしまうので、聴いているとはっと時折り醒めてしまう瞬間もありました。それでも真っ黒な音楽で覚醒した世界を見せ付けるHenrik Schwarzは、奇才と言う以外に他は無いでしょう。

試聴

Check "Henrik Schwarz"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE4 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(2) | |
Jungle Brothers - Done By The Forces Of Nature (Warner Bros. Records:9 26072-2)
Jungle Brothers-Done By The Forces Of Nature
Amazonで詳しく見る

去年宇宙をテーマにした音楽を紹介する"宇宙からの歌、宇宙への音"(過去レビュー)と言うディスクガイドを購入したのですが、その中から面白そうな音源を大量に購入してみました。なんで今日から一週間弱はそれら宇宙を感じるディスクのレビューを行う予定です。

まず一発目は自分の得意分野ではないヒップホップからJungle Brothers。とても有名なグループらしく、Kraftwerkをサンプリングした"Planet Rock"で有名なAfrika Bambaataa(訂正:ではなくて、その弟・Afrika Baby Bambaataa=Nathaniel Hallでした)も所属するグループです。ヒップホップが苦手な理由は独特な歌い方のラップが肌に合わないからなんですよね。とちょっと身を構えつつも本作を聴いてみると、やっぱりラップは一杯入ってるよ。でもそのラップ以上にビートがめちゃめちゃ格好良いぞ!思わず首を振り振りしたくなる肉体を刺激するリズム。ヒップホップって言うかこれはむしろファンクって呼びたくなるヴァイブスを感じるぜ。宇宙的かと言うと自分にはしっくり来なかったけど、この野性味溢れる黒光りするビートは渋くて惚れる。日本で流行る妙にハッピーでウキウキなヒップホップとは一味も二味も違うじゃん。で実はビートプログラミングの大半はTowa Teiがやったんだって、知らなかったよ。色々調べた所、Roy Ayers、Earth, Wind & Fire、Parliament、Pharoah Sanders、Afrika Bambaataaなど色んなアーティストの曲をサンプリングしてるとか。曲を聴いてどこに何が使用されているのか全然分からないけれど、そんな事は抜きにしてファンクを感じられるアルバムですね。

Check "Jungle Brothers"
| ETC2 | 22:50 | comments(5) | trackbacks(0) | |
宇宙からの歌、宇宙への音 (Rittor Music)
宇宙からの歌、宇宙への音
Amazonで詳しく見る

宇宙、それは果てしなく広大で人知の及ばない未知の世界。老若男女問わず誰しもがその大きな存在に畏敬の念を感じ、そして人間は宇宙の前ではちっぽけな存在に過ぎないと思わせられてしまう。しかし昔から人間は宇宙に魅了され続け、ある者は星を観察しある者は壮大な物語を描き、そして音楽で宇宙を体現する者も。そんな宇宙を感じる音楽を集めたのが本書であり、ロックやヒップホップ、ファンクからジャズ、ワールドミュージック、そして一番宇宙がぴったりなテクノまで、ジャンルを越えて宇宙音楽を集めてしまった。しかし宇宙音楽とは一体?近未来的な電子音が鳴っていれば、それで宇宙?ただ想像力を喚起する瞑想的な物が宇宙?いや、そんなはずじゃないはず。無限の広がりをイメージした宇宙だってあれば、自分の心の中に存在するインナーシティーだって宇宙かもしれない。テクノのThe OrbやIan O'Brienと並んでプログレのPink FloydやHawkwindもいれば、VangelisやBrian Enoもいるし、ジャズのPharoah SandersやHerbie Hancookもいる。煮えたぎるファンクバンドのFunkadelicや"Planet Rock"で有名なAfrika Bambaataaも入ってるし、インドやアジアの民族・宗教音楽など馴染みのないものまで、とにかく宇宙、コズミック、スペーシーを喚起させる音楽ばかり。自分はテクノ、ジャーマンプログレには関しては頷く作品ばかりだったが、それ以外のジャンルに関しては知らない作品ばかりだったので、余裕が出来たら購入してみようと思った。ありそうで無かったコンセプトの本なので、誰でも楽しめるはず。

8/23追記
この本に載っているCDでいくつかは既に本ブログでレビューを掲載していましたので、リンクを張っておきます。
Steve Hillage - Rainbow Dome Musick
Harmonia - De Luxe
Cluster & Eno
Manuel Gottsching & Michael Hoenig - Early Water
Ian O'Brien - Gigantic Days
Global Communication - 76:14
Pub - Summer
| ETC2 | 22:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Pharoah Sanders - Love In Us All (Universal Classic:UCCI9134)
Pharoah Sanders-Love In Us All
Amazonで詳しく見る(限定盤)
 Amazonで詳しく見る
スピリチュアルな演奏で聴く物の心を揺さぶるサックス奏者・Pharoah Sanders。ジャズの人らしいですが自分は全然知りませんでした。彼との初邂逅は2年程前に"Joe Claussellプレイ"とのコメントに釣られて、まんまとお店の罠にはまりレコードを購入した訳です。その時はCDは廃盤状態だったので止むなくLPを購入した訳ですが、何時の間にかCDもリプレスされてました。でもお店の宣伝に釣られて購入したのは間違いでは無く、Joe Claussellがプレイする事にも納得の心温まる渾身の内容だと思います。実際A面の"Love Is Everywhere"はMasa Collectiveがカヴァーしたり、更にはそれをKyoto Jazz Massiveがリミックスしたり、日本の市場でも評判は良いみたいですね。2曲のみの収録ですがラブとピースに溢れた"Love Is Everywhere"、B面のカオティックな"To John"はどちらも20分近くの大作で質・量と共に満足出来る内容です。ジャズって言っても色々あるんだろうけど、本作はジャズとか知らなくても楽しめる様な心に響く音が詰まっているよ。これは音楽への、そして人への愛なんだな、愛。



Check "Pharoah Sanders"
| ETC2 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(1) | |
Lonesome Echo Production - Silver Ocean (V2 Records:V2CP-132)
Lonesome Echo Production-Silver Ocean
Amazonで詳しく見る

時にはゆったり大らかなハウスで心地良くなりたい、そんな自分がCDの山から引き抜いたのがコレ。DJ・プロデューサーである井出靖と、レコーディングエンジニアの太田桜子から成るLonesome Echo Productionの「Silver Ocean」。何と言ってもタイトルからして素晴らしい、まるで広大な海の航海を喚起させる。そしてやはりその内容ものびのびとゆったりと、どこまでも心地良く心を躍らせてくれる。そして何よりも彼らの音楽は流行に左右されない普遍性に溢れている。嫌みのないポップミュージックな面、そしてディープでフロアに対応するダンスミュージックとしての面、その両面が向かい合わせではなく一緒に存在しているのだ。オープニングを飾る「SWEET DREAM」ではサルソウルを思い出させるクラシックな作りで、美しいボーカルハーモニーが高揚感を誘います。そしてバスドラはBPM120前後の一番心地良いテンポを刻み、体をゆったりと揺らします。まるでこれからの幕開けを祝福するかの様な曲。2曲目はブラジリアンテイストな「NO COLO DO MAR 」、優雅なストリングスと渋いギターカッティング、そして南国を思わせる跳ねるパーカッションが素晴らしい。Osunlade参加の4曲目「SOUL GALACTIC」は、スピリチュアルで秘めたる闇が待っているディープハウス。「SPIRIT OF DRUMS」はタイトル通りで、ダビーでゆったりとしたトライバルハウス。呪術的なポエトリーリーディングが絡み、怪しくも不思議な感じ。他にもブロークンビーツやラガ、レゲエ等を導入したり幅広い音楽性を感じさせるけれど、それでも一貫した統一性を感じるのは彼らの普遍的な音楽を作りたいと言う意志の現れなのだろうか。実に清々しいハウスミュージックでありダンスミュージックでもあり、聴き終わった後には満足げな笑みだけが残る。

試聴

Check "Yasushi Ide"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE2 | 22:00 | comments(3) | trackbacks(0) | |
Pharoah Sanders - Love In Us All (Impulse:ASD-9280)
Pharoah Sanders-Love In Us All
今回はLPを紹介します。何故これを購入するに至ったかと言うと、昨日シスコのHPで色々試聴中にたまたま「"Love Is Everywhere"はJoe ClaussellやDavid Mancuso等も未だにプレイ」と言う売り文句に釣られて試聴し、今日速攻買いに行った訳であります。そして家に帰ってレコードに針を落とすと…むぉ〜う、なんてスピリチュアルで哀愁満載のジャズなんだろう。これは確かにJoe Claussellの音楽にも共通する、オーガニックで美しい音楽だ。なんつーか一曲20分の大曲で、テクノも時間が長い曲が多いので自分にぴったりであります。高揚感が長続きしてずっと気持ちよく聴いていられますよ。そもそもPharoah Sandersとは有名なサックス奏者らしく、ググルと一杯情報が出てくる。気になる人は自分で調べてちょ。でこの曲は特に人気があるらしいが、今までなかなか再発されずに一昨年にシスコがCDアルバムでがんばって再発したらしい。完全限定生産なので当然現在は廃盤、そして最近またまたシスコがLPで再発したのです。と言う訳で今日シスコで購入出来て、財布はスカスカ、しかし心はほくほく満足げであります。今更こんな事を言うのは遅いだろうけど、買うべし!買うべし!買うべし〜〜っっっ!全霊長類必聴!特にCDを見かけたら…僕に譲ってください、お願いします。

Check "Pharoah Sanders"
| ETC1 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |