CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Bartosz Kruczynski & Poly Chain - Pulses (Into The Light Records:ITLIntl02)
Bartosz Kruczynski & Poly Chain - Pulses
Amazonで詳しく見る(MP3)

2019年にEarth Trax名義ではEP2枚、そして本人名義では本作を含めてアルバム3枚をリリースと精力的な活動を行うポーランドのBartosz Kruczynski。複数の名義を用いて幅広いジャンルの音楽を手掛けているが、この本人名義では過去にはGrowing Binからアルバムをリリースしており、ニューエイジやアンビエント再燃のムーブメントの中でモダン派アーティストとして頭角を現している。そしてこの新作、ギリシャ産の辺境音楽の発掘に力を入れるInto The Light Recordsからの珍しくギリシャ産音楽ではないリリースとなり、Kruczynskiと同じくポーランド出身のエクスペリメンタンル・ミュージックを手掛けるSasha ZakrevskaことPoly Chainとの共作となっている。本年度のアルバムである『Baltic Beat II』(過去レビュー)もニューエイジ路線という点では同じもののフィルド・レコーティングも用いたオーガニックな響きを打ち出していたのに対し、本作は彼等がライブで行った経験を元に複数のアナログシンセを用いてセッション的に制作された内容だそうで、その点で電子音響性の強いアンビエントが中心になっている。オープニングは霧のようなドローンが持続する"Jacana"、幻想的な雰囲気の中からシンセのアルペジオが浮かび合ってきて、キックレスではるものの次第にアシッド風に変化するシンセが快楽的なグルーヴを生む。続く"Solacious"もアナログシンセの微細な揺らぎが抽象的なアンビエント性となっているが、次第に壮大なシンセのシーケンスも加わってくると70年代の電子楽器を用いたエクスペリメンタルなジャーマン・プログレと共鳴した、例えばTangerine Dream辺りを思い起こさせる壮大なメディテーション世界へと突入していく。一方で序盤はぼやけたドローンの音像が続いてから、次第に電子音の反復がメランコリーを誘う"Quietism"は安らぎに満ちたアンビエント性があり、桃源郷へと誘うような叙情的な電子音のレイヤーは余りにも切ない。"Fluxional"はアルバム中最も刺激的な曲で、ボコボコとしたリズムと神経を逆なでするエグいアシッド・サウンドがこれだもかと脈打ち、キックレスではあるもののダンス・フロアでも興奮を呼び起こすであろうドラッギーな一曲。そこからラストの"Echolalia"では微睡むようなシンセのレイヤーが叙情的で色彩豊かな風景を描き出しつつ、徐々にそれらが溶け合いながら静かに霧散するドラマティックな流れで、安静を取り戻してアルバムは綺麗に幕を下ろす。Kruczynskiらしい情緒豊かなアンビエント性、そしてZakrevskaの前衛的なドローンが一つなり、電子音響の海が広がる現在形ニューエイジ/アンビエントとして見事なアルバムだ。



Check Bartosz Kruczynski & Poly Chain
| ETC4 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |