CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Roger Nichols & The Small Circle Of Friends (Universal Music:UICY-9164)
Roger Nichols & The Small Circle Of Friends
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
続・あべっくすのS子ちゃん関連。先日音楽友達のY子さんとS子ちゃんと渋谷で飯食べて帰ろうとしたら、S子ちゃんがツタヤの地下に行きたいと言い出して噂の掘り出し市で物色してきました。その時にS子ちゃんがしきりに本作を勧めてきたので、彼女の音楽センスを信用して購入してみた一枚。ちなみにこのS子ちゃんはニトログリセリン並みに扱いが難しいのだが、キ○ガイかって程音楽好きでCDを物色している時、クラブで素敵な音楽が流れている時、そんな時のニンマリ笑顔っぷりは半端なく輝いている。尋常じゃない音楽バカです。珍種なので貴重です。

さてお勧めのRoger Nicholsと言う人のこの作品、なんと67年作、古っ!ジャケットは見た事あるな〜と思ってたんだけど、どうやらソフトロックやポップス方面では名作と言われる盤だったみたい。そしてRoger Nicholsは、後にカーペンターズとの仕事で評価を得た人だったのか、有名な人だったのね。しかし本作を聴いて最初に思ったのは、コーネリアスの1stアルバムは本作のパクリだろと…(他にもスクリーマデリカとかからパクッてるし、初期のコーネリアスは外道)。本作はいわゆる90年代初期に流行った渋谷系の元祖みたいな扱いなのかね。とても良いです、ソングライティングが素晴らし過ぎです。甘く切ない泣きの旋律と、軽く爽やかな春風が吹き込むアコースティックサウンド、華麗さを演出するストリングスアレンジと、センチメンタル120%なほくほく哀愁サウンドだよ。実はアルバムの半分はカヴァーなんだけどそのどれもがオリジナルにしか聴こえないNichols色に染まっていて、もうカヴァーだとかオリジナルだとかは全く気にならない出来。陳腐な表現になるが癒し系アルバム。



Check "Roger Nichols"
| ETC3 | 08:00 | comments(6) | trackbacks(0) | |