CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Ronny & Renzo - Heartbreak Theme (REKIDS:REKIDS 056)
Ronny & Renzo - Heartbreak Theme
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
Radio Slave主宰のサイケなテクノを送り出すRekidsより、ベルギーのデュオ・Ronny & Renzoが新作をリリース。この二人組はKing Kung Foo Recordsを自身で主宰し2006年から一年に一枚のペースでEPをリリースしておりますが、新作も前作から一年ぶりと相変わらずのマイペースっぷりです。が一年分の英気を込めた作品だけあって、本作も前作に負けじとやばい。ねっとりと超スロウなビートの上を重苦しいベースや暗黒さながらのSEが浮遊し、そしてドラッギーなシンセがミニマルに反復しつつサイケの泥沼に引きずり込まれる暗黒ディープミニマル。途中のブレイクでは一気に暗闇が晴れるように未来的な煌きのあるサウンドが這いずり出てきて、まるで大仰なCarl Craigの未来感を拝借した音も聴ける。と思ったら裏面ではCarl Craigがリミックスを提供しており、原曲よりビートを上げつつ切れ味も出したプログレ仕様。時折入るメタルパーカッションやらブリブリなシンセも加えてドギツさを増しながらも、Blade Runnerにも通じる近未来的な世界観がCarlの特徴。クラブでの深い時間帯にて壮大な展開を浴びせかけられるであろう名曲です。

試聴

Check "Ronny & Renzo"
| HOUSE7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Ronny & Renzo - Broken Fingers (King Kung Foo Records:KKFR74006)
Ronny & Renzo - Broken Fingers
Amazonで詳しく見る(MP3)

ベルギーのレーベル・King Kung Foo Recordsの主軸ユニット・Ronny & Renzoの新譜は、Crue-l Grand Orchestraにも通じるドロドロなサイケデリック感と意識も遠のく程のバレアリックな高揚感が掛け合わされたダウンテンポな作品。そもそもRonny & Renzoって誰なのかと言うのもよく分からないのですが、一年に一枚と言う寡作な活動の上に限定リリースと言う形が多く、今回初めて彼らの音源を聴く事が出来ました。最初のリリースではQuiet Villageをリミキサーに迎えている事からすると、Ronny & Renzoは多分サイケデリック方面の人達なんでしょう。この新作も極度にテンポダウンし粘度の高い黒い沼が拡がる陶酔系ですが、奥底でウニョウニョとシンセが唸りをあげていてどこか不気味な雰囲気も感じさせます。裏面ではSombrero Galaxy(DiscossessionのメンバーJohnny Nash+Tako Reyenga)がリミックスを提供していて、ミニマルなベースラインで沈静化させつつニューエイジ風な郷愁丸出しのギターも加え、オリジナルのドープさよりもソフトでラウンジ等への親和性の高いリミックスとなっております。どちらも瀧見憲司が好きそうなトリップ感の強い作風で、しかも10分と長尺なので陶酔感が持続する素晴らしい一枚です。

試聴

Check "Ronny & Renzo"
| HOUSE6 | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |