CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Ryo Murakami - Esto (Bedouin Records:BDNLP 002)
Ryo Murakami - Esto
Amazonで詳しく見る(MP3)

孤高の存在、いや隠棲的と呼んでもよいか、もはや踊らせる事を前提としたダンス・ミュージックに執着する事もなく我道を突き進むRyo Murakami。覚えているだろうか、かつてはPoker Flat RecordingsやQuintessentialsなどから洗練されたミニマルなディープ・ハウスをリリースしていた事を。しかしそれももはや忘却の彼方、2013年作の『Depth Of Decay』から突如ダンスビートからの脱却を図り、インダストリアルやドローンを含む抽象的な音響テクノへと転換した事で完全なるオリジナティーを確立し、音楽に対して自由である事を謳歌している。本作は2015年にリリースされたアルバムに続いて同様にアラブ首長国連邦のBedouin Recordsからリリースされた2016年作であり、彼にとって3枚目のアルバムとなる。RAの記事によれば「本人によると、タイトルの『Esto』はエスペラント語で「存在」を意味し、全11曲の曲名は、今思うことや感じたこと、願いや希望、絶望などを断片的に切り取った単語で構成」されているそうで、つまりはよりパーソナルな作品と考えられるだろうか。勿論音楽的に大きな変化があるわけではないが、しかし闇が支配しながらも前作よりは音の響きが生っぽいというかよりライブ感を得ているように思われる。始まりの"Pray"、祈りというタイトルにしては呻き声のような電子音から始まり不気味で宗教的な重苦しさがあり、不協和音のような音響が空間を捻じ曲げていく。膨れ上がる低音、闇を切り裂くメタルパーカッションによるヘビーでドローンな"Divisive"は静かに始まったかと思えば、途中から金切声のような電子音が雄叫びを挙げてインダストリアルな世界へと突入する。しかし続く"Thirst"はディストーションを効かせたギター風な電子音のノイズが持続するも、音の密度が減る事で途端に開放感へと向かい闇から這い出たような雰囲気さえも。が"Fanatical"では潰れたような生々しいドラムに錆びたメタルパーカッションが入ってきて、テンポを更に極限まで落としたドゥーム・メタルのようなダウナーさだ。B面に移るとより表現は豊かになり、痺れるような電子音の持続にピアノが滴り落ちてきて悲哀のムードになる"Doom"、意外にも小刻みに動き回る電子音が用いられて躍動的な動きのある(それでも尚重苦しくはあるが)"Sun"、グリッチ音のような音を用いつつも弦楽器風な音や錆びた電子音など様々な音を用いてエレクトロニカ的でありながら殺伐とした荒野が広がる"They Know"など、確かに感情表現が今までよりも前面に出ているように思われる。決して軽々しく聞き流せるような音楽ではなく非常に神経質的ではあるが、ノイズやフィードバックには繊細さもあり、この重圧を含む音楽は全身で音を浴びる事の出来るライブでこそ真価を体感出来る筈だ。音源を聞いて興味を持った方は、是非とも現場に足を運ぶべきだろう。



Check "Ryo Murakami"
| TECHNO13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Ryo Murakami - Deist (Bedouin Records:BDNLP 001)
Ryo Murakami - Deist
Amazonで詳しく見る(MP3)

アラブ首長国連邦のBedouin RecordsからRyo Murakamiのリリース告知がされたのはいつ頃だったか、もうリリース自体も記憶から消え去っていた頃にようやくリリースされた本作は、彼にとっての2枚目となるアルバムだ。2013年にリリースされた初のアルバム『Depth Of Decay』では、過去の官能さえも匂わせる洗練されたミニマル〜ディープ・ハウスから全く方向性の異なるインダストリアルかつドローンの音響を用いた作風へと変化し、その大きな路線変更は衝撃を与えるには十分なものだった。それから2年が経過しその変化は驚きから彼の個性へと完全に馴染んだ状態だが、2枚目となるアルバムはその変化を冷静な眼差しで評価するには適しているだろう。前作から続き分かりやすいビートは少なく、反復からの枠から外れて常に流動的な変化を見せるアブストラクトな構成は、電子楽器による即興演奏と呼んでもよいのではないか。開始となる"Wall"からいきなり鈍いサウンドが重くのしかかる閉塞感がこれ以上ない暗黒の世界、闇の奥底ではリバーブによる音響が蠢き、「聴く」ではなく「体感」と呼ぶべき音の重圧が迫り来る。"Passover"ではのっそりとした呪詛的なリズムは入るものの、雷鳴のような轟く電子音やパルスらしき神経を逆なでするエグい音が効果音的に導入され、重苦しく廃退的な雰囲気からは人を寄せ付けない暴力性さえ感じられる。生音を強調したキックが入る"Immersion"は何処かドゥームメタルを匂わせる場面もあるが、錆びた金属音や呪詛的なシャウトのサンプリングなどが導入され、破滅へと向かう光の射さない暗闇のみが広がっている。もやっとした電子音の振動の中に弦楽器が朧気に浮かび上がるタイトル曲の"Deist"、それも美しいというよりは暗闇の怪しさをより強調する使い方で、音が少なく動きのない構成だからこそひりつく緊張感が続く。そして"Bias"ではフィードバックされたようなノイジーな音がうねり、フィールド・レコーディングのような音響が微かに継続し、時間の経過を歪ませる如く惑わせられる。本作でMurakamiの視線はぶれる事なく『Depth Of Decay』を継承しながら、より自由でより即興性の高い電子音響へと向かい、メロディーとビートではなくリバーブやディレイを強調した空間的な表現方法を我が物としている。決して快楽的なダンスのビートも無ければ分かりやすいメロディーも無いが、ここには電子音の体験/体感と呼べる圧倒的な空間創出があり、全身で音を浴びるといった表現が適切だろう。全く明かりのない暗闇が広がる世界の緊迫感と重圧感に、ただただおののくばかり。



Check "Ryo Murakami"
| TECHNO12 | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Ryo Murakami - Spectrum EP (Meakusma:mea015)
Ryo Murakami - Spectrum EP
Amazonで詳しく見る(MP3)

孤高の道を進むと表現するのは言い過ぎだろうか。しかしかつてはフロアで踊らせる事を重視するミニマル・ハウスを制作していたRyo Murakamiにとって、2013年に発表したアルバム『Depth Of Decay』は定型的なビートからの脱却かつエフェクトを用いて繊細に変化するインダストリアルな音響を聴かせる実験的な内容であり、それまでの彼に対してのイメージを刷新する意欲作であった。見事にイメージを塗り替えつつもそれが単なる物珍しさではなく実験的な音楽として受け入れられている点で、流行り廃りとは無縁な孤高の道を歩んでいるように感じられる。そんなMurakamiにとって久しぶりとなるEPが届けられたが、本作も『Depth Of Decay』の系譜に属す作品だ。"Contagion"ではつんのめるような金属的なビートが入っているが、不鮮明な上モノが朧気に浮遊しながらもリバーブなどの繊細な残響を用いながら徐々に迫力を増していくドローン系の曲で、まるで生き物のような躍動を見せる。"Statical"は無味乾燥としたキックが3拍子を刻む変則的なビートが入っており、その奥では荒野をイメージさせるような環境音らしきものがうっすらと鳴り、そこに不気味な電子音が時折刺激を加えるダークなアンビエントとも言える。どちらの曲もフロアで踊らせて汗だくになるような曲ではないが、この冷たくアブストラクトな音響はクラブの爆音で聴けばきっと背中がぞくっとするような体験を味わせてくれる事だろう。B面にはノイズ/ドローン系では高い評価を得るPorter Ricksが"Statical (Porter Ricks Change Of Tide Remix)"としてリミックスを提供しているが、何とこちらはPorter Ricks関連の作品としては10年ぶり以上となる。こんなにも長い時間が経過しているにもかかわらず、Porter Ricksらしさは全く失われずに淡く柔らかいノイズで満たしながら浮遊感のある4つ打ちを加えて、更にリバーブ/ディレイを用いて音の境界をぼかすような音響が心地良いアンビエント/ドローンとして鳴っている。



Check "Ryo Murakami"
| TECHNO11 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2013/11/8 root and branch presents "ubik" featuring Miles a.k.a. MLZ @ Unit
UKはマンチェスターのModern Loveは実験的なダブテクノにおいて高い評価得ており、Andy StottやDeepChordにClaro Intelectoなど注目すべきアーティストを抱えている。今回はそのレーベルから代表格であるDemdike Stareの片割れ・Miles a.k.a. MLZことを招き寄せているが、日本からもインダストリアルやダブ・ステップも咀嚼したハードなプレイを聴かせるKeihin、そしてノイズまみれの踊らせないライブが話題となっているRyo Murakamiも参戦と、モノクロームで退廃的な一夜が確定していたパーティーだ。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2013/9/21 ATOM - Exclusive Live at AIR A Night From Berlin @ Air
ATOM™、Ryo Murakamiによるライブセット、そしてGonno、Keihin、NehanによるDJとパーティーの最初から最後まで硬派なテクノの音に包まれる事が予想される一夜。特にATOM™はBerghainで行われた「GRAND LOOP SET」を特別なライブを披露する事に注目だが、日本のRyo Murakamiも半年ぶりにAirへ帰還して、再度フロアに踊る事を要求せずに震撼させるライブをする事にも期待が集まっている。誰もがテクノと言う括りにありながら、各アーティスト毎に異なるテクノを演出する一夜はどうだったのか。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2013/5/11 Make Some Noise Presents Ryo Murakami 1st Album “Depth of Decay” Release Party @ Ochiai Soup
今年になってからRyo Murakamiのライブを聴く機会があったのだが、以前リリースしていたハウストラックからがらっと変わったヘビーな電子音響ライブへと変容していた事に衝撃を受けた。そんな変化もあってからの音楽を遂にアルバムへと纏め上げて近々リリースとなるそうで、今回は落合SOUPでライブを聴ける機会があったので足を運んできた。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2013/3/29 Maktub @ Air
アンダーグラウンド街道を突き進むKeihinとFuture TerrorクルーのKurusuらが、従来の枠に当てはまらない個性的なダンス・ミュージックを推し進めるべく"Maktub"を始動させた。その初回パーティーにはオランダからのダブステッパー・2562と日本から世界へ進出したディープ・ハウスを手掛けるRyo Murakamiのライブがフィーチャーされ、DJとライブによりダンス・ミュージックの未来を披露する事となった。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 15:30 | comments(1) | trackbacks(0) | |
Pan Sampler Vol.2 (Pan Records:PAN 04)
Pan Sampler Vol.2

Ryo Murakami、DJ PI-GE、Sisiが運営するPan Recordsのレーベルサンプラー第二弾。新進気鋭のアーティストを起用しながら日本から世界へ向けて発信されるディープ・ハウスは、正にディープと言う表現が適切なフロアに広がる闇夜に密接にリンクした音を鳴らしている。本作ではRyo Murakami自身の曲と共に、MojubaからはSven Weisemann、海外のレーベルからのリリースで注目を集めつつある日本人アーティストのImugem Orihasamの曲も収録され、それぞれが空気の揺らぎさえも伝わるような奥深い音響を生み出している。Svenによる"Nandus"は所謂体が動き出すダンストラックではないが、彼らしいナチュラルで繊細な音質をねっとりとしたダブ処理で平たく延ばし、様々な音が融解するアンビエンスを生み出している。対してImugem Orihasamの"Hellucination"はダブ・ステップも意識した躍動するリズムとダブ音響が刺激的だが、しかし淡々と発しては消えて行くソナー音のようなパッドが物悲しくもあり、深海を航行する潜水艦のように孤独でもある。徹底して感情を排した冷たさが思考を停止させ、真っ暗闇に包まれたフロアに居る人達を更に深く深く潜らせて行くだろう。際立った個性を放っているのはRyo Murakamiによる"Deep Forest"だろう。タイトル通り濃霧が広がる森の奥へと誘われるようにフィールド・レコーディング風にも聞こえるノイズやSEを多用し、霧の奥からはアコースティックな音やぼやけたシンセ音が浮かび上がっては消え、宗教的にも感じられる崇高な世界を創り上げているのだ。Mike InkによるGas名義にも似たドローンアンビエントは、ただひたすら心地良い。

試聴
| HOUSE8 | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Pan Sampler Vol. 1 (Pan Records:PAN 03)
Pan Sampler Vol. 1

クラブミュージック業界もアナログからデジタル配信へと移り変わりつつある中で、敢えてそれに逆らいアナログにこだわった新興レーベルが立ち上がる現実もあります。日本に於いて2009年にRyo Murakami、DJ PI-GE、Sisiらに依って設立されたこのPan Recordsもそうで、既にクラブでは活躍している彼等が日本から世界に向けたディープハウスを発信すべく運営をしております。本作はタイトル通りでレーベルサンプラーとなっており、Sai、Dennis Uprock、DJ Pi-Ge、Naoki Shinoharaら4人の作品を収録しています。注目すべきはSaiことYohei Sai、金沢のアーティスト。実は外国の某DJから日本に凄いアーティストがいるんだと教えてもらったのがこのSaiで、ここに収録された"Flash Back"も乾いたリズム/パーカッションによるミニマルな展開の中で幽玄なパッドがすっと伸びていくディープハウスで、途中に差し込まれる"Flash Back"と言う甘い囁きもとてもセクシーです。Dennis Uprockによる物憂げなシカゴ・ハウスのリズムとメロディーに初期デトロイト・テクノの未来的な感覚、DJ Pi-Geによる脂を落としきったアナログ音に懐かしさを感じるハウス、Naoki Shinoharaの平坦な展開ながらも内に秘めた感情を丁寧に解放したようなディープハウスなど、そのどれもが個々に味がありながらディープな音の整合性は取れています。レーベルの確かな方向性を感じ取りつつ、DJ使用にも適した良い一枚ですね。

試聴
| HOUSE7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Ryo Murakami - Monophonic EP (Pan Records:PAN01)
Ryo Murakami - Monophonic EP

近年海外のレーベルに認められ作品をリリースする日本人アーティストが増えつつありますが、Ryo MurakamiはDessous、Poker Flat、Quintessentials、Baudなど良質なディープハウス/テクノを手掛けるレーベルからリリース歴があり、東京のクラブシーンを代表するアーティストの一人と言っても過言ではないでしょう。本作は彼自身のレーベル・Pan Recordsから2作目となりますが、目玉はA1のQuintessentialsからリリースされた"Lunch Of God"をSTEREOCiTIがリミックスした曲。STEREOCiTIと言えばベルリンディープハウスで要注目のMojubaに所属している日本人アーティストですが、ここでも彼の手腕は冴えております。淡々としながらもうっすらと感情を込めた幻想的なパッドが浮かんでは消え、闇の奥底まで反響する乾いたパーカッションが虚空に鳴り響く、深い静かな森に誘われるかのようなディープハウスはストイックでありながら美しい。他にRyo Murakamiが3曲を提供、A2の"Planet"は土着的なパーカッションと不気味なメロディーが絡み合うエキゾチックなディープハウスで、B1の"Cloud"はRhythm & Soundを思わせるスモーキーな濃霧に覆われたレゲエ寄りのダブテクノ、それぞれ作風を変えてアンダーグラウンドなクラブサウンドを披露しております。東京から世界に向けたディープなサウンドは、今拡がりつつあります。

試聴

Check "Ryo Murakami"
| HOUSE6 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2009/04/04 (SAT)
groundrhythm @ Air
Featuring Live : Petar Dundov
DJ : Kaoru Inoue, PSYCHEDELIC BUS aka HIROKI MURAI

2009/04/04 (SAT)
World Spin @ LA FABRIQUE
Guest DJ : Boo Williams
Resident DJs: stock, taca

2009/04/11 (SAT)
Andres Japan Tour 2009 @ Air
DJ : Andres, DJ KENSEI

2009/04/11 (SAT)
SOLSTICE MUSIC PRESENTS SCRAMBLE @ FACE
Live : System 7, X-DREAM, MIRROR SYSTEM
DJ : MARCUS C. MAICHEL, FUNKY GONG, KLOWD

2009/04/17 (FRI)
Makin' Love Mix, Deep Ver. @ Grassroots
DJ : DJ Yogurt, Universal Indiann

2009/04/18 (SAT)
INNERVISIONS presents THE GRANDFATHER PARADOX @ Air
DJ : Âme
Live : Ryo Murakami

2009/04/24 (FRI)
UNIT presents FUMIYA TANAKA Long Set @ Unit
DJ : Fumiya Tanaka

2009/04/25 (SAT)
Francois K. presents FW @ Air
DJ : Francois K

今月はAIRが熱いですね。Petar Dundovのライブ聴きたいな。彼のトラックは最近はよくクラブでかかってるよ。Moodymann直系のAndresとDJ Kenseiのパーティーも楽しそうだ。System 7はいつも思うのだが、テクノのパーティーに出演して欲しい。今月のMakin' Loveはディーパーバージョンだそうです。楽しみです。フランソワはオープン〜ラストセットで長丁場、死ぬかも新米。そういや4月は誕生日なのでWOMBには一回だけ無料で入れるんだが、こんな時に限って目ぼしいパーティが無い、ムカムカ。
| UPCOMING EVENT | 00:10 | comments(4) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2008/09/05 (FRI)
SQ presents AGORIA WORLD TOUR'08 @ Unit
DJ : Agoria, R.i.v.e.r, Dr.Shingo

2008/09/06 (SAT)
FLOATRIBE @ Unit
DJ : Kaoru Inoue, Kentaro Iwaki
Live : Kentaro Iwaki×Toshizo×Nori

2008/09/12 (FRI)
PUBLIC IMAGE @ Mado Lounge
Special Guest DJ Set : First Transmission From Jeff Mills
Live : Ryo Murakami
DJ : Akr, Sisi, Zuyack

2008/09/13 (SAT)
MINUS CONNECTED #04 -PLUS8 SPECIAL
DJ : Adam Beyer, Akr

2008/09/19 (FRI)
Endless Flight @ Unit
Guest Live : Isolee
Live : Koss aka Kuniyuki
DJ : KZA, Toshiya Kawasaki

2008/09/19 (FRI)
In:Flame @ Air
DJ : RAUDIVE a.k.a. Oliver Ho, DJ Sodeyama, Takuya

2008/09/20 (SAT)
NIXON presents "om:tokyo" @ Liquidroom
DJ : Mark Farina、J-Boogie、Anthony Mansfield、Groove patrol
Live : Samantha James

2008/09/22 (MON)
CHaOS @ Womb
DJ : Fumiya Tanaka, Zip

2008/09/26 (FRI)
AIR 7th Anniversary [01] @ Air
DJ : Ken Ishii, Kaoru Inoue, Ryota Nozaki, DJ Sodeyama, ☆Taku Takahashi

2008/09/26 (FRI)
Taicoclub Presents So Very Show! @ Womb
DJ and Live : Jimmy Edgar
Live : De De Mouse
DJ : Kaoru Inoue

2008/09/27 (SAT)
WOMB Presents W @ Womb
DJ : Steve Bug, DJ Wada

2008/09/27 (SAT)
Directions @ ageHa
DJ : Funk D'Void, Osamu U

2008/10/04 (SAT)
CLASH39×STANDARD @ ageHa
DJ : Francois K., Ken Ishii

2008/10/04 (SAT)
Animismic ~Deep Spiritual and Organic~ @ Unit
DJ : Ron Trent, DJ Olive

久しぶりのジェフミルズ。2010年1月1日12:01AMに東京に帰還するらしいけれど、2009年〜2010年はカウントダウンで来日って事ですよね?それまではもうジェフは来日しないそうなので、今回は何としても行かないと。10月4日はフランソワ、ケンイシイ、ロントレントが被ってしまった。迷うなぁ…。
| UPCOMING EVENT | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Steve Bug - Fabric 37 (Fabric:FABRIC73)
Steve Bug-Fabric 37
Amazonで詳しく見る(UK盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
いつのまにか現在のテクノシーンのメインストリームを突き進んでいる気がするPoker Flat Recordingsとそのボス・Steve Bugですが、Bugの今年2枚目となるMIXCDは名門Fablicシリーズからです。まあどのレーベルから出そうがこの人のプレイは既に地盤が固まっていて、基本的にはクールで緩めなミニマルハウスが主になっています。近年彼がリリースしているMIXCDがどれも同じ様な内容なので敢えてコメントもし辛いのですが、それでもやはり聴いていてじわりと効いてくるプレイは流石だと思います。ミニマルな中にも恍惚を誘うパーカッション系の曲や妖艶な色気を感じさせるテックハウス、果ては狂気じみた雰囲気さえ感じさせるアシッディーな曲も織り交ぜて、冷たい感覚は保ちつつも単調に陥らずにぐいぐいと引き込まれる世界観はBugらしいですね。新機軸もそろそろ見たいなと思いつつ、ミニマルなのが彼の持ち味だからきっとこれで良いのだ。しかしこういう音楽は部屋でしらふで聴くよりも、クラブで酒をがんがん飲んでぶっ飛んだ状態で聴く方が絶対に気持ち良さそうです。

試聴

Check "Steve Bug"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO5 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |