CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
BEST OF 2018
今年も一年間当ブログを御覧頂いた読者の皆様、どうもありがとうございました。今年は節約も兼ねてBandcamp等の配信でも積極的に音楽を購入するようになった結果、輪をかけて購入する量は増えたもののそのおかげで聴き込めていない音楽も増えてしまい、レビューも書けずにこの年末のベスト紹介で掲載する機会も逃してしまう始末。また昨年に続きパーティーへと足を運ぶ機会も減っており所謂ダンス・ミュージックに対する関心は減少というか、良い意味でそこへの拘りは少なくなり、その半面ホームリスニングにも耐えるうバレアリック/アンビエント/ニュー・エイジといった音楽への興味がより増えた一年でした。そんな今の趣向から選んだ年間ベストは当ブログの昔のベストに比べると確かに方向性が変わったのは事実ですが、音楽への愛や興味は全く変わっておりません。また来年も素敵な音楽に出会い、そして色々と紹介出来たらと思います。それでは、来年も良いお年を!
続きを読む >>
| BEST | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Scott Gilmore - Another Day (International Feel Recordings:IFEEL 069)
Scott Gilmore - Another Day
Amazonで詳しく見る(MP3)

好調な活動を続けるバレアリック・ミュージック筆頭格のInternational Feel、2018年の初作品はロスアンゼルスのScott Gilmoreによるもの。2017年には同レーベルよりアルバムをリリースしているものの、他には殆ど作品が無く詳細については分からないが、そのアルバムを聞く限りではチープな録音マシンやHammond 102200など古いシンセやリズムマシンを用いて宅録を行うDIYアーティストのようで、確かにレーベルのリラックスした開放感はありながらもまた今までのレーベルのアーティストとは異なる音楽性も含んでいる。本作でもその宅録な雰囲気ははっきりと感じられ、"Electric Gestures"からほのぼのとしたシンセで和みの旋律を描きつつ臨場感ある安っぽいリズムが爽やかなグルーヴを刻み、その力の抜けきったリラックスした雰囲気は正に海沿いの景色が広がるバレアリックではあるのだが、根源は何だか70年代のサイケデリック・ミュージックやプログレ等からの影響が感じられる。"Things Forgotten"は哀愁染み出る味わい深いギターと豊かなシンセストリングスによるAOR風で、やはりInternational Feelの他のダンス系のアーティストとは異なる方向性からレーベルの音楽性に適合している。"Lately"はエモーショナルで色鮮やかなシンセがリードしつつ、バックではか弱くギターカッティングがしみじみとした味わいを付け加えるビートレスなAORで、ぼんやりと夕暮れの景色を眺める郷愁ムードだ。そしてタイトル曲の"Another Day"、うきうきとノリの良いリズムが入り妙に光沢のある多層のシンセが多幸感を生むコズミックかつポップな曲で、やはり太陽の日が燦々と降り注ぐ野外の開放的な雰囲気はダンス・ミュージックの枠には当て嵌まらずともInternational Feelが示すバレアリックな方向性と一致する。どれもコンパクトに纏まった構成でDJMIX向けではないかもしれなが、曲そのもののリスニングとしての質の高さは保証されており、快適な時間を提供するホームリスニングとして素晴らしい。



Check Scott Gilmore
| HOUSE13 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |