CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
3 [12 inch Analog]
3 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Kraftwerk
クラフトワークの3-Dライブの8タイトルがアナログ化で8枚組。全てダウンロードコード付き。6/9リリース!
RECOMMEND
RECOMMEND
NARKOPOP
NARKOPOP (JUGEMレビュー »)
GAS,Wolfgang Voigt
Mike InkことWolfgang VoigtことGasによる久しぶりのアルバムが登場。霧靄に包まれた音響アンビエントは変わらず。4/21リリース!
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Shinichiro Yokota Presents Do It Again and Again (Far East Recording:FER-06910)
Shinichiro Yokota Presents Do It Again and Again
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
ジャパニーズ・ハウスの再評価の一人に寺田創一が居るのは周知の事実だが、それに連れられて続々とその波の大きさは増している。共鳴するように失われた作品が現代に一斉に浮かび上がってきているが、横田信一郎もその一人だ。寺田は自身でFar East Recordingと言うレーベルを主宰しており、そしてそのレーベルで行動を共にしていたのが横田だそうで、寺田からハウス・ミュージックやシンセサイザーの手ほどきを受けて共同の制作を行うようになり、複数のハウスをレーベルに残していた。但し寺田に比べると横田のリリースされた作品は決して多くはなく、言葉通りに歴史に埋もれてしまっていたアーティストだ。そんな彼の80年代後半から2000年以降の実に27年間にも及ぶ長い期間に制作された楽曲を纏めたのが本作であり、横田にとっての初のアルバムである。流石に時代的に古い楽曲が多い事もあって音楽的な目新しさは皆無だが、だからこそ90年代前後のNYハウスに影響を受けたクラシカルかつポップな作風が今になって評価される所謂ジャパニーズ・ハウスらしく、逆説的に新鮮に感じられるに違いない。始まりは正にタイトル通りに鐘の響きが特徴の"Bells"、リズムはすかすかでスリムながらもバウンスするように跳ねて数少ないシンプルな旋律だからこそ、ごまかしの無い楽曲性が際立っている。あの有名なハウスの声の部分をサンプリングした"Gotta Have House"、ブレイク・ビーツ気味なビートも相まって90年代のラフな質感のハウス・ミュージックのグルーヴそのもので、日本にもこんなセンスが埋もれていたかと思うと感慨深い。同じように日本の童謡をサンプリングした"Machibouke"も和の雰囲気を持ちながらもハウスになっていたり、三味線を用いてエキゾチック感炸裂な"Sora - Sky Magic"では江戸時代を匂わせる時代錯誤なユーモアもあったり、日本と言う背景をそのまんまハウスに投影させている。他にもロービートやダウンテンポまで披露しているが、基本的にはハウスによく見られるピアノの使い方や跳ねるハウスのビートに派手なサンプリングなど、90年代のUSのハウスの影響を彼なりに消化したように思われる。何故にこんな良質なジャパニーズ・ハウスが埋もれていたのか、それはきっと早過ぎたのかもしれないが、素晴らしい作品は今になっても色褪せる事はない。



Check "Shinichiro Yokota"
| HOUSE12 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |