2019/11/17 PRIMITIVE INC. 13th Anniversary MASTERS AT WORK in JAPAN - Our Time Is Comming - @ ageha
誇張でも何でもなく正にハウス・ミュージック界の最強の二人組コンビ、Louie VegaとKenny Dopeから成るMasters At Work。近年は別々にソロ活動が中心なものの、ラテンやアシッド・ジャズをハウスに取り込んだNuyorican Soulやよりクラブ・トラック的なKenlouといったプロジェクト、そして当然Masters At Workとしての功績はハウス・ミュージックという枠を越えてダンス・ミュージックとして大きな影響を残すレジェンドな存在。そんな二人がMAWとして揃う事は近年は稀であるのだが、ここ日本においては2016年以降PRIMITIVE INC.が主体となってMAWを軸に据えたパーティーを開催しており、当初はその余りのゴージャスさに単年開催かと思っていたものの蓋を開けてみれば本年まで4年連続開催とある種の恒例お祭り行事として定着するまでになった。本年度もメインフロアではMAWのみのロングセットを中心に、他のフロアでは近年再燃するジャパニーズ・ハウスから横田信一郎やジャンルをクロス・オーヴァーするKaoru Inoue、DJ NoriとMuroによるアナログセットを披露するCaptain Vinylらバラエティー豊かな人材が揃って、祝祭な一日を作り上げる。
続きを読む >>
| EVENT REPORT7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Shinichiro Yokota - I Know You Like It (Far East Recording:FER-06916)
Shinichiro Yokota - I Know You Like It
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
「こういう音が、いいんだろォ…?」こんなCD帯のあおりに笑わずにはいられない横田信一郎のニューアルバム。今となってはジャパニーズ・ハウスの創世記のレジェンドとなったSoichi Terada(寺田創一)と活動を共にしながら、しかしネームバリューでいえば寺田の大きな存在に隠れがちではあったものの、寺田と共に長く活動をしていただけありそのハウス・ミュージックのシンプルさが生み出す素晴らしさは寺田に負けず劣らずだ。90年初頭からリリースをしているだけありNYハウスに影響を受けてリズムマシンによるシンプルなビートとベース、そして綺羅びやかなピアノや流麗なシンセによるキーボード主体のサウンド、そして和的なポップ感覚を載せたハウス・ミュージックは、シンプルが故に時代が経とうとも色褪せない強度と普遍性がありだからこそ今再度注目を集めているのだろう。そしてこの新作である、冒頭のあおり文句まんまにファンが期待するクラシカルなハウス・サウンドは良い意味で変わらない。新曲である"I Know You Like It"から直球ハウス、ソウルフルな歌と凛としたピアノのコード、贅肉を落としながらも跳ねるハウスのビート感であっさりした響きだが、ポップさ弾けるメロディーや美しいシンセの伸びがぐっと心を熱くする。"Tokyo 018 (Watashi Wa Tokyo Suki)"はなんと寺田との15年ぶりの共同制作だそうだが、可愛らしいシンセの音色やエフェクトを掛けたボーカル等からは確かに寺田の影響も感じられ、そしてシンプルなビート感と鍵盤を用いた流麗な展開のシンセコードには二人の音楽的な相性の良さが現れている。ややブレイク・ビーツでズンドコと重厚感のあるリズムを強調した"Time Travelling"も内向的な鍵盤と哀愁奏でる歌がしんみり切なさを誘い、"Gypsy Woman (She's Homeless)"を思い起こさせるキャッチーなピアノ使いが印象的でざらついて安っぽいビートは跳ね感がある"Take Yours"は途中からふざけたようなアシッド・サウンドも加わりユーモラスで、どれもシンプルではあるが丁寧に個性が込められている。YMOカバーの"Simoon"含むラスト3曲は実は90年前半の曲ではあるが、それがら新曲と並んでいても全く違和感なく聞こえるのは、やはり横田の音楽性が当時から大きくは変わってないない事を示している。90年代のハウス・ミュージック黄金時代が蘇る横田の音楽、決して新しいとか革新性があるとかではないが、「これでいいんだよォ!」と太鼓判を押したいアルバムだ。



Check Shinichiro Yokota
| HOUSE14 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Shinichiro Yokota Presents Do It Again and Again (Far East Recording:FER-06910)
Shinichiro Yokota Presents Do It Again and Again
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
ジャパニーズ・ハウスの再評価の一人に寺田創一が居るのは周知の事実だが、それに連れられて続々とその波の大きさは増している。共鳴するように失われた作品が現代に一斉に浮かび上がってきているが、横田信一郎もその一人だ。寺田は自身でFar East Recordingと言うレーベルを主宰しており、そしてそのレーベルで行動を共にしていたのが横田だそうで、寺田からハウス・ミュージックやシンセサイザーの手ほどきを受けて共同の制作を行うようになり、複数のハウスをレーベルに残していた。但し寺田に比べると横田のリリースされた作品は決して多くはなく、言葉通りに歴史に埋もれてしまっていたアーティストだ。そんな彼の80年代後半から2000年以降の実に27年間にも及ぶ長い期間に制作された楽曲を纏めたのが本作であり、横田にとっての初のアルバムである。流石に時代的に古い楽曲が多い事もあって音楽的な目新しさは皆無だが、だからこそ90年代前後のNYハウスに影響を受けたクラシカルかつポップな作風が今になって評価される所謂ジャパニーズ・ハウスらしく、逆説的に新鮮に感じられるに違いない。始まりは正にタイトル通りに鐘の響きが特徴の"Bells"、リズムはすかすかでスリムながらもバウンスするように跳ねて数少ないシンプルな旋律だからこそ、ごまかしの無い楽曲性が際立っている。あの有名なハウスの声の部分をサンプリングした"Gotta Have House"、ブレイク・ビーツ気味なビートも相まって90年代のラフな質感のハウス・ミュージックのグルーヴそのもので、日本にもこんなセンスが埋もれていたかと思うと感慨深い。同じように日本の童謡をサンプリングした"Machibouke"も和の雰囲気を持ちながらもハウスになっていたり、三味線を用いてエキゾチック感炸裂な"Sora - Sky Magic"では江戸時代を匂わせる時代錯誤なユーモアもあったり、日本と言う背景をそのまんまハウスに投影させている。他にもロービートやダウンテンポまで披露しているが、基本的にはハウスによく見られるピアノの使い方や跳ねるハウスのビートに派手なサンプリングなど、90年代のUSのハウスの影響を彼なりに消化したように思われる。何故にこんな良質なジャパニーズ・ハウスが埋もれていたのか、それはきっと早過ぎたのかもしれないが、素晴らしい作品は今になっても色褪せる事はない。



Check "Shinichiro Yokota"
| HOUSE12 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |