Ewan Pearson - We Are Proud Of Our Choices (Kompakt:Kompakt CD78)
Ewan Pearson - We Are Proud Of Our Choices
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
DelphicやTracey Thorn、The Raptureなどダンスロック系のアーティストのプロデュースを手掛けているEwan PearsonのMIXCD。Ewan Pearson自身はそれ程積極的に楽曲制作を行っている訳でもなく、どちらかと言うとDJメインで活動を行う生粋のDJだと思います。現在のダンスミュージックシーンではトラックメーカーとして名を上げてからDJ業に移るのが定型化してる中で、彼のようにDJプレイその物で評価を得ているのは稀有な存在でしょう。そんな実力のある彼が才能の宝庫であるKompaktからMIXCDを出すとなれば、悪い作品が出来上がる訳はなく思っていた以上に聴き応えのある選曲をしてくれました。テクノ…ハウス…いや、確かにダンスミュージックではあるけれど、ゆったりとした4つ打ちが流れる中でドリーミーで微睡みに陥る感覚と甘美な旋律に身も心もとろける感覚の中でたゆたい、音に身を任せ踊りたくなる気持ちとじっくりと音に耳を傾けたくなる気持ちが交差し、絶妙な上げ下げ加減が続きながら焦されます。焦らされるけれどそれが不快ではなく徐々に高揚感が増していく展開で、ラスト2曲では意外にも切ない歌物でしっとりと着地し胸キュンしてしまう。Kompaktらしいポップな音色とテクノとハウスとダンスとリスニングの要素もあり、これは長らく聴けそうなMIXCDになりそうである。絶妙と言う言葉は、まさにこのMIXCDの為にある。

試聴

Check "Ewan Pearson"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE5 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2009/07/03 (FRI)
UNIT 5th Anniversay Party
Live : SILVER APPLES, Buffalo Daughter, SALMON feat. MAKI999
DJ : KENJI TAKIMI, DJ NOBU, CHIDA, DJ KIMI

2009/07/10 (FRI)
CABARET Celebrate the 5th anniversary of UNIT!!
DJ : DANIEL BELL, CASSY

2009/07/10 (FRI)
Bound for Everywhere -3rd Anniversary- @ Wedge
DJ : Calm

2009/07/11 (SAT)
MILD SEVEN presents BLUE WINDY NIGHT @ ageHa
DJ : Francois K, Derrick May

2009/07/17 (FRI)
THE BEACH @ MICROCOSMOS
DJ:Toshio Matsuura, Kaoru Inoue

2009/07/19 (SUN)
MIDNIGHT DJ LOUNGE “human” @ MICROCOSMOS
DJ : Nick Jones, Aron T

2009/07/19 (SUN)
Francois Dubois aka Funk D' Void Japan Tour Osamu M&Satoshi Fumi "Outerspace" Release Party @ Womb
DJ : Francois Dubois a.k.a. Funk D'Void, Osamu M, Satoshi Fumi

2009/07/31 (FRI)
WARRIOR ON THE DECKS Launch Party @ Air
DJ : Ken Ishii

スケジュール的に行けないのが多いです。ミクロコスモスの"The Beach"なんか楽しそうで行ってみたいのに。デリック×フランソワは流石に来日し過ぎて、有り難みを全く感じなくなっているこの頃。月末のケンイシイは久しぶりに行きたい。GWはクラシック回しまくったそうで、今回も期待したい。
| UPCOMING EVENT | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Silver Apples - Silver Apples / Contact (MCA Records:MCAD-11680)
Silver Apples-Silver Apples / Contact
Amazonで詳しく見る

プログレッシヴロックって言うとやはりUKやドイチェか日本が盛んだった気がするけれど、アメリカにも盛んではないけれど一応存在はしておりました。"Optimo Presents Psyche Out"(過去レビュー)と言うドロドロへヴィーなサイケデリックMIXCDに収録されていて気になったのが、アメリカのSilver Apples。二人組のロック?バンドなんだけど、片方は自作のThe Simeonと言うアナログシンセ、もう片方は膨大な数のタムを使ったドラムを担当と言う変則的な組み合わせ。基本的にギターとかベースは使用していないみたいで、こんな二つの楽器だけで大丈夫かと不安になりますが、実際に聴いてみるとそのラリラリッぷりは尋常じゃないですね。ミニマルである意味テクノとも共振する打ち込みっぽいドラムに合わせて、ブリブリで覚醒的な浮遊感のあるアナログシンセが絡み、恍惚とも快楽とも狂気とも異なる不思議な感覚を生んでいる。気持ち良いとかじゃなくて、まるでオーヴァードーズして限界を超えちゃった様なヘロヘロさ。ヴォーカルも歌っているのに全く抑揚が無くて、まさかドラッグをきめて歌ってたのかと疑いたくなります。音自体に古さは漂っているけれど、ローファイでじわじわと神経に作用してくるし、これが1968〜69年のリリースって言うのだからやはり尋常ではないわ。1stと2ndがカップリングになっているのでお得です。

試聴(1st) 試聴(2nd)

Check "Silver Apples"
| ETC2 | 00:10 | comments(2) | trackbacks(1) | |
Optimo Presents Psyche Out (Eskimo Recordings:541416 501334)
Optimo Presents Psyche Out
Amazonで詳しく見る(UK盤)
 Amazonで詳しく見る(US盤)
ジャイアントインパクトッ!!年に数枚出るか出ないかの怪作、かつ傑作!現在の時点で年間ベスト3入りを断言する超絶MIXCDが出ました。こんなのが出るなんて知らなかっただよ。お店で暇だからなんとなく試聴したら、これがすんげぇ〜やべ〜と言うか、もう電撃走って即レジに持って行っちゃいましたよ。トラック見て貰えると分かるんだけど、HawkwindとかSilver Applesのサイケデリックロックに混ざって、Fast EddieとかMr.Fingersのアシッドハウス、Sweet ExorcistやThrobbing GristleのCarl Craig Re-Versionなどのエクスペリメンタルテクノ、果てはエレクトロディスコダブなど何でも使える物は使っちゃってるんだよね。ただこのMIXCDはビートで踊らせると言う事では無くて、本能に訴えかける麻薬的な魔力を持っているのです。はっきり言ってごちゃ混ぜ過ぎて踊れるとかそうゆう物じゃないんですよ。もう脳味噌の奥にずぶずぶと音が進入してきて、脳味噌をシェイクシェイク!ずぶずぶとダークワールドに引き込まれたら最後、抜け出る事は不可能。覚醒的なサイケデリック空間で、ヨダレをウヘウヘ垂らしながら聴く事になるでしょう。とにかく強烈すぎ!これは聴いてみないと分からない。今日このレビュー読んだ人はマジで買わないと損ですっっっ!!ストレートなテクノ求めてる人は、そうゆうの期待しちゃダメよ。

試聴

Tracklistは続きで。

Check "Optimo"
続きを読む >>
| ETC1 | 19:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |