CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Chez Damier - Mental Breakdown (Mojuba:MOJUBA G.O.D. 4)
Chez Damier - Mental Breakdown

ダビーで美しい音響の深遠なるディープ・ハウスを聞かせるドイツはMojuba Recordsは、その一方でシカゴ・ハウスのレジェンドを招いてもはや古典とも言えるディープ・ハウスをリリースしたりと新旧関係なく素晴らしい音楽に取り組んでいるが、その後者の方で活動盛んな一人がChez Damierだ。近年は他アーティストと共演しモダンなミニマル・ハウスへの接近も見せたりしているが、ここMojubaに於いてはやはりDamierらしい叙情的でメロウな人間味溢れる作風が反映されている。本作では新作1曲と共に過去にリリースされたリミックス2曲を収録しているが、レーベルを主宰するDon WilliamsことOracyがエディットした"Mental Breakdown (Oracy's Psychic Rainfall Edit)"はシカゴ・ハウスの荒々しいファンキーさとデトロイト・テクノの叙情性が一つになったような作風で素晴らしい。シャリシャリとした粗くざらついたハイハットが目立つビート感は寒々しいものの、次第に入ってくるオーケストラを思わせる荘厳なストリングスは正にデトロイト的な響きがあり、Damierの作品にしてはややテクノ的な質感を感じるが跳ねた感のあるグルーヴと合わせてファンキーかつエモーショナルな太いハウスになっている。裏面には1994年にリリースされたリミックスの再録にはなるが、ハウスのグルーヴはありながらもDamierのボーカルをぶつ切りサンプリング的に用いながらミニマル的な持続感とアシッド・サウンドもひっそりと混ぜて持続性を重視した"Never (Jeff + Gregg’s Favourite Original Foxy's Classic)"、そしてフレンチ・ハウスの名手であるSt. GermainによるDamierのソウルフルなボーカルを活かして気品さえもある洗練されたジャジー・ハウスに仕上げた"Never (St Germain Revamp)"と、90年代クラシックのような時代性を感じさせつつも時代を越えていく普遍性もある楽曲は魅力的だ。こういったリイシューが単に懐古主義とみなされるのではなく、アーティストの再評価に繋がる意味でMojubaの掘り起こしは評価すべきだろうし、そして現在のDamierの後押しになるに違いない。



Check Chez Damier
| HOUSE13 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
St. Germain - Boulevard : New Version : The Complete Series (F-Communications:F022CD)
St. Germain-Boulevard : New Version : The Complete Series
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤)
昨日に引き続きF-Communicationsからのディープハウス名盤を紹介。なんと英「Muzik」誌においても1995年のベストアルバムと選ばれた超ヒット作品は、サンジェルマンの1stアルバム。フランスからのハウスと言えどもその内容は、アメリカのハウス、特にLarry Heardにも通じる憂いのあるシルキーな肌触りのディープハウス路線。そこにジャズの要素を組み込んだジャズハウスとも言えるアルバムですが、プログラミングだけに頼った作品にする事もなく、ピアノ、サックスフォン、トランペット、フルート、パーカッションなどは人の手によって演奏されています。単純に音だけをジャズ"風"にすれば良いと言う訳でなく、生演奏する事によりソウルの籠もった温かみのある作品に仕上がっていると思います。もちろんリズムは4つ打ちでダンスミュージック的な作りにはなっていますが、生演奏によって奏でられる有機的な音の絡み具合はライブ感たっぷりで、エモーションとファンクを兼ね備えたジャズハウスになっています。大仰な展開も無ければモロにキャッチーな旋律もありませんが、フランスらしい洗練された作りでムードがありメロメロになっちゃいました。このアルバム以降はどんどんジャズ化したので、余り興味は無くなってしまったんですけどね。

試聴

Check "St. Germain"
| HOUSE2 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |