CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Ross 154 - Fragments (Applied Rhythmic Technology:ART-EL1)
Ross 154 - Fragments
Amazonで詳しく見る(MP3)

Kirk Degiorgio主宰のApplied Rhythmic Technologyから再発されたのは、オランダのビートダウン・ハウサーのJochem PeteriことNewworldaquariumことRoss 154による一番最初の作品だ。元々は1993年にStefan Robbersによるポスト・デトロイト的なEevo Lute Muziqueからリリースされていた作品で、そのレーベルは本家デトロイトを意識したようにその当時一斉を風靡したインテリジェンス・テクノな作風もあったのだが、それを思い出せば同年代から続く正にインテリジェンス・テクノを代表するARTから再発されるのも全くおかしくはない。勿論Ross 154と言えば迷宮に迷い込んだアブストラクトなビートダウン・ハウスに象徴される煙たい音像が特徴ではあるが、この作品は最初期の作品と言う事もあってまだまだ荒削りなテクノな要素が打ち勝っている。それでも尚その後の片鱗も覗かせる"Hybrids I"はうっすら情緒も漂うアンビエントではあるが、続く"Fragments"では膨らむ重低音のベースとかっちりとした硬い明瞭なリズムのビートに攻められながらも、ミステリアスな上モノによって覚醒感を煽るようにドープに嵌めていく構成は何処かCarl Craigの作風を思わせる点もある。再度インタールードとして挿入された"Hybrids III"は、朗らかな雰囲気のあるアンビエントで先程の喧騒が嘘のようだ。"Remembrance"は当時の時代性が反映された荒々しいブレイク・ビーツが耳に付くが、朧気で抽象的な上モノが浮遊しておりその後のNewworldaquariumの音楽性が萌芽している。裏面に続いてもインタールードが挿入され星の煌きの如く美しい音響を奏でる"Hybrids II"から、これぞインテリジェンス・テクノと言わんばかりの複雑なリズムとSFの世界観が浮かぶパッドを用いて近未来を投影した"Mayflower"へと繋がれ、ラストは歪んだドラム・マシーンによるねっとりしたダウンテンポにトリッピーな電子音を被せていく"Within You"はThe Black Dogの作風にも近い。1993年作だから時代の空気を含んでいるのは当然であり、音自体は古臭くもありつつもこの原始の胎動があるテクノは、UKからデトロイトに対する回答として捉える事が出来る点で評価すべきだろう。この後のPeteriは更にディープな方向へと深化していったわけだが、その原点としてこんなテクノもあったのかと感慨深い。



Check Newworldaquarium
| TECHNO13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Art Bleek - Message To The Dreamer (EevoNext:NEXT18CD)
Art Bleek - Message To The Dreamer
Amazonで詳しく見る

Arthur PochonことArt Bleekは自分が初めて耳にするアーティストですが、本作はStefan Robbersが主宰するオランダからデトロイトテクノを追従するEevo Lute Muzique傘下のデジタル配信をメインに扱うEevoNext(昨年はFuture Beat Allianceなんかもリリースしてました)からのリリースなので、これは外せないと思い購入。結果としては自分が期待していた音楽性 -デトロイトテクノに影響を受けたエモーショナルな旋律が特徴の- が前面に出ていて、そしてヨーロッパらしく本家に比べると衝動や勢いで作り上げたと言うよりは丹念に編み上げたような構成力があり、とても上品なフューチャリスティックテクノになっていると思います。デトロイトの感情大爆発な作風ではなく自己を抑制している分だけ、ソウルフルにも行き過ぎずに何処か洗練された空気があるのかもしれません。パッドの幻想的な美しさは際立っており、そしてダンストラックとしてもリスニングトラックとしても聴けるバランスの良さもあり、デトロイトテクノファンには推薦したい一枚です。

試聴

Check "Art Bleek"
| TECHNO8 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Future Beat Alliance - Patience And Distance (EevoNext:NEXT12CD)
Future Beat Alliance - Patience And Distance
Amazonで詳しく見る

未来ビート同盟、すっげーアーティスト名ですがお勧めのアーティストの一人です。オランダからデトロイトを追従するDelsinが現在ほど知名度が無かった頃に、FBAもそこから作品を出していて一部のリスナーからは賞賛を浴びていたのですが、その後はVersatileやEmoticon等からもリリースを行い着実に評価を上げてきました。そして最新の3rdアルバムは、オランダのデトロイトオタク・Stefan Robbersが運営するEevo Lute Muziqueの姉妹レーベル・EevoNextから。これが非常に素晴らしく、かつてのWarp RecordsのAIシリーズを思い出させるインテリジェンステクノ節が全開。デトロイトテクノファンやWarpファンには堪らない美しくエモーショナルなシンセサウンドがこれでもかと使用されていて、幻想的でまるで未来都市や電脳空間を喚起させるドラマティックな世界観が広がっているのです。クラブ向けではなくほぼホームリスニング仕様なので、じっくりと耳を傾けて電子の仮想空間に飛び込み未来を感じられるのでは。素晴らしきエレクトロニックメディテーション。

試聴

Check "Future Beat Alliance"
| TECHNO7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Remix Trax Vol.7 Cosmic Soul (Meldac:MECP30021)
Remix Trax Vol.7 Cosmic Soul
Amazonで詳しく見る

取り敢えず本日で今年のレビューは最後。今年も毒舌、シモネタばかりの駄文ブログを読んでいただいた読者の皆様、どうもありがとうございました、そしてすいませんでした。ブログでは毒ばかり吐いている最低人間ですが、実際に会うとシモネタばかりの最低人間で、どっちにしてもダメですね、えぇ。でも音楽は本当に愛しているので、来年も皆様に楽しんで読んで頂ける様なブログを書くように精進したいと思います。特にクラブは行くけどクラブミュージックには詳しくないと言う人にも、音楽そのものに興味を持ってもらえるようになれたら嬉しいです。

さて最後は何故か今までレビューを放置していたテクノコンピ大名作の"Cosmic Soul"。"Cosmic Soul"って言うタイトル自体が素晴らしいじゃないですか、当時Remix編集長の小泉雅史のセンスには感嘆。この"Cosmic Soul"には単なるダンストラック以上の価値が含まれていて(勿論踊れないと言う訳でもない)、音楽にもっと知性や思考の喚起、感情の揺さぶりをもたらす音楽としての意味があるのだと思う。本コンピにはデトロイト系のUR、Red Planet、Carl Craig(Naomi Daniel、PCP)、Rhythim is Rhythim(Derrick May)、アシッドテクノのThe Kosmik KommandoとAcid Junkies(Stefan Robbers、Terrace)、UKインテリジェントテクノのAs One(Kirk Degiorgio)とReload(Global Communication)、そして日本のKen IshiiとC.T. Scan(CMJK)と本当に素晴らしいとしか言いようのないアーティストの曲が収録されています。多分今までリリースされたテクノコンピの中でも、ベスト5には入るのでないかと思う位に名曲揃いですね。各アーティスト確かに出音は違えど根底に共通するのは、エクスペリメンタルでエモーショナルな音と言う事。クラブでのリスニングに依存せず場所を問わない音楽としての純度を高めたエレクトロニックミュージックと言えば良いのかな。音楽自体が主張しリスナーの感情に問い掛ける力があり、個々の精神面に深く突き刺さるエモーションが発せられているのです。クラブにただナンパしに来たりただ騒ぎに来たりするのも否定はしないが、クラブミュージックにはそれだけの意味ではなく、もっと深い精神性がある事を認識させてくれるであろう音楽が"Cosmic Soul"なのです。クラブでも時折音にじっくりと耳を傾けて欲しい、そして深いインナースペースに飛んでみて下さい。

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO6 | 08:00 | comments(4) | trackbacks(1) | |
Steve Rachmad - Neo Classica (Sino:SINO102CD)
Steve Rachmad-Neo Classica
Amazonで詳しく見る

さあさあ、今年も残り一週間を切りました。そんなタイミングで期待のテクノアルバムがリリースされました。Technasia主宰のSINOから、Steve Rachmadと言う新人です?いえいえどうやら新人ではなく、数々の名義でTransmat傘下のFragileや100% Pure、Strictly Rhythm、Music Man、Rotationなどの優良レーベルから作品をリリースしているオランダ人だそうです。オランダと言えばStefan Robbers主宰のEevo Lute MuziqueやDelsinなど、デトロイトを追従するグループの中でも屈指のレーベルがあるお国で素晴らしきテクノ国家と思われます。なんでどうしたってこのアルバムには期待していた訳ですが、SINOからのリリースと言う事もありなかなかの充実ぶりです。「Neo Classica」と言うタイトル通り、かつてのDerrick Mayみたいな未来的かつ懐かしめのテクノもあれば、アッパーなトラックに流麗なシンセが乗ったTechnasia系の曲もあり、過去の遺産を現在に蘇らせた音がします。シンセの音自体は分厚い感じですが、音の数自体は少なめでオールドスクールなシカゴハウスとデトロイトテクノを混ぜた感触ですね。どう聴いても目新しさはないものの、デトロイトテクノ好きな人にとってはこうゆう音にやられちゃいますよね。ただベテランのせいか思ったよりも優等生ぶりが目立って、落ち着いたアルバムになっているのは少々残念です。同レーベルのJoris Voorn並にハイテンションな曲を、もう少し用意してくれていれば更に満足出来たかなと。何度か聴き込めば、また違った見方が出来るようになるのかな。

試聴

Check "Steve Rachmad"
| TECHNO4 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
Terrace - Interesting Times (Eevo Lute Muzique:EEVOCD8)
Terrace-Interesting Times
Amazonで詳しく見る

なんとStefan RobbersことTerraceの1996年以来の9年ぶりのアルバム。ウニョウニョなアシッドサウンドが特徴のAcid Junkiesとしても活躍していた彼ですが、オランダからデトロイトへの回答とも言えるEevo Lute Muziqueと言うレーベルの設立者でもありまして、Terrace名義ではデトロイトテクノに影響を受けつつもヨーロッパに洗練された雰囲気も持ち合わせています。2005年の新作も、まあ音的には特に新鮮さも目新しさもない古き良き時代のデトロイトテクノって感じですが、ここまでストレートにこうゆう作品を出されると文句も言えないですね。Warp RecordsのAIシリーズの様な知的さと、デトロイトの美しいロマンスを兼ね備えた音は、昔から全然変わっていないですね。初期Carl Craigと比較されたりもする音は、取り敢えずデトロイト好きは聞くべしと。そんなに有名なアーティストではないしむしろ地味だけど、これからもこの路線を継承していって欲しいですね。変わらなくても良い物ってあるんです。

試聴

Check "Stefan Robbers"
| TECHNO3 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |