Musica Esporadica (Nigra Sintezilo Rekord:NSR-24)
Musica Esporadica
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
アンビエントやニュー・エイジの再考/再興が著しい電子音楽のシーンにおいて、神秘的でありながら深い叙情性によって心に染み入る音楽を制作するSuso Saizはそのムーブメントを本人が意図せずとも結果的に牽引しているアーティストの一人だ。その為新作のリリースのみならず過去の作品も積極的に再発や編纂されており、その流れの一環になるのがMusica Esporadica名義では唯一の作品である本作だ。リリースされた1985年当時はSaizは歌手のMaria VillaとパーカッショニストのPedro Estevanと共にOrquesta De Las Nubesというバンドを組んでおり(2018年に『The Order Of Change』(過去レビュー)というコンピレーションがMusic From Memoryより発売されている)、更にそれが発展してより辺境音楽らしい神秘性にミニマルの性質等も取り込んだプロジェクトがこのMusica Esporadicaだ。前述の3人に加え、フレームドラム奏者のGlen VelezとLayne Redmond、そしてスペインのギタリストであるMiguel Herreroが加わったこのプロジェクト、結果的には本作のみしか歴史に残す事は出来なかったがたった一枚の作品だからこそ現代という時代の中でより強い視線を向けられる事にもなっている。コンガやカリンバの民族的であり軽く爽快に広がるパーカッションが心地好い"Musica Esporadica"、SaizやHerreroによる繊細で掴みどころのない神秘性を生む透明感のあるギターや電子音響が浮遊しながら、そこに祈りを捧げるような声も加わってひたすら静かに漂流する如く12分にも渡ってアンビエントの海を漂う。"I Forgot The Shirts"ではマリンバとギターの音階やミニマル性は現代音楽のミニマル、もっと言えばSteve Reichを強く思い起こさせる作風で、囁くような声も歌というよりはミニマル性を強めるリズム的に用いられており、繰り返しという構成ながらも少しずつ変化を行い実に豊潤な響きを生み出している。再び"Meciendo El Engano"は静けさが支配するニュー・エイジ色の強い曲で、どんよりとしたフレームドラムが薄っすらとリズムを刻む中で、そこに線の細い浮遊感あるギターや透明感のある綺麗な電子音、可愛らしいヴィブラフォンがゆったりと絡み合い溶けていくようで、穏やかな空気がゆっくりと満ち溢れて安堵する。そしてどこか古代的な感覚もあるドラムのリズムに肉体性なり生命力を感じる"Combustion Interna"、そこにマリンバのミニマルな音階が動きを作り電子音が豊かな色付けを行っていくこの曲は、現代音楽のミニマルに影響を受けながらもバレアリックな雰囲気もあり心も自然と弾む。僅か4曲だけではあるがそこにはミニマルに民族音楽、アンビエントやニュー・エイジといった要素が含まれており、それらが一体となった霊性サウンドは正にSaizの音楽そのもの。プロデュースはSaizなのだからそれも当然で、実質Saizの作品と呼んでも過言はない名作だ。



Check Suso Saiz
| ETC4 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Iury Lech - Musica Para El Fin De Los Cantos (CockTail d'Amore Music:CDALP 002)
Iury Lech - Musica Para El Fin De Los Cantos

アンビエントやニュー・エイジの再考は既に珍しくない環境になっているが、こちらは2年前の2017年にユニークなダンス・ミュージックを送り出すCockTail d'Amore Musicから再発されたIury Lechによる1990年作。Lechはスペイン在住のアーティストで、そしてまた作家でもあり映画監督でもありとマルチな活動をしているそうだ。スペインと言えばアンビエントやニュー・エイジの方面では一際注目を集めるSuso Saizがいるが、本作も元々はSaizが作品をリリースしていたHyades Artsからリリースされていた事を知れば、このアーティストについて造詣が無くとも少なからず興味は湧くだろう。本作は全編ビートレスでミニマル性の強い構成とフラットな感覚のアンビエントに振り切れており、基本的には電子音楽という意味合いでは統一されているので、ニュー・エイジの文脈だけでなくテクノの延長線上として聞く事でも全く違和感は無い。物悲しさが漂うシンセのリフレインが続く"Cuando Rocio Dispara Sus Flechas"、大きな変化も無くアルペジオも用いながら出口の無い迷路を彷徨うアンビエントな世界観と、ある意味ではインナートリップを誘発する。"Barreras"は左右に振れる軽やかなシンセのディレイが浮遊感を生み出しており、果ての見えない大海原や野外の開放感を思わせる壮大な空間の広がりが正にフラットな心地好さに繋がっている。"De La Melancolia"も同じタイプの曲でディレイを効果的に用いた空間の奥深さの演出を軸にしつつ、それ意外の音は省きながら多層的に聞こえながらも実はシンプルな構成によって、すっきりと軽やかなアンビエント感覚を作っている。最もアンビエントやニュー・エイジの瞑想的な雰囲気が強い"Ukraina"は16分越えの大作で、これにしても大きな展開もなく空間を埋めるような幻想的なドローンの隙間に煌めく電子音を散りばめて、ただひたすら物静かながらもドラマティックに叙情を強めていくアンビエントな構成。アルバム総じて取り立てて目立った山場という山場もなく、感情をいたずらに刺激しないようにひたすらフラットな存在感の構成で、その意味ではただそこで鳴っていて意識的に聞く事も必要としない環境音楽そのもの。心を落ち着かせる瞑想のお供に、または就寝前のBGMとしても役に立つ静謐なアンビエントだ。



Check Iury Lech
| TECHNO14 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Orquesta De Las Nubes - The Order Of Change (Music From Memory:MFM033)
Orquesta De Las Nubes - The Order Of Change
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
2018年も秘蔵音源を中心に辺境音楽の発掘を続けるMusic From Memoryの活躍は目覚ましかったが、そんなレーベルの後押しによって2016年に注目を集める事になったスペインの音響派ギタリストであるSuso Saizも、2018年にはSaizが関連する作品の過去の名作がリイシューされるなど話題には事欠かなかった。そしてMFMからもSaiz関連の作品を編集したコンピレーションがリリースされたのだが、それこそ歌手のMaria VillaとパーカッショニストのPedro EstevanとSaizが80年代に組んでいたOrquesta De Las Nubesなるバンドの作品で、活動当時にリリースした4枚のアルバムから選曲されたのが本作である。スパニッシュ・ニューエイジを代表するSaizの音楽は本作に限らず神秘的なり霊的なり現実を超越したようなここではない何処かの音楽な雰囲気があるが、特に本作ではVillaの歌も加わる事によってその要素はよりはっきりと強くなっている。勿論作風としてはSaiz特有の奇妙なギターや素朴なパーカッションの有機的な響きと、シンセサイザーや電子音といったエレクトロニクスの自然な調和が前提にあり、そこにアンビエントや現代ミニマリズム、民族音楽やニューエイジといった要素が融け込んだ前提で実にSaizらしく静謐な世界観がある。うねるような細いギターと聖なる歌声に癒やされる"Un Regalo"から始まり、ぼんやりとしたシンセのドローンと天上の歌声が伸びる中にサウダージな泣きのギターや清らかなピアノが胸を打つ"Vendran Lluvias Suaves"からして、桃源郷が目の前に広がるニューエイジ。8分にも及ぶ"Tiempo De Espera"は繊細なギターに合わせて静謐なビブラフォンが奥深く広がり、そこに天使の歌声を想起させる歌唱も加わってくると正に霊的なミサ曲のようでもあるが、大きく展開をせずに抑揚がある構成は現代音楽のミニマル的だ。一方でマリンバやベルなどEstevanのパーカッションが軸になった"Cama Diarmonica"では、チャントも入り混じり人間の根源的な生命力に溢れた、霊的と言うよりは民族音楽の要素が光っている。アルバムの後半は更にサイケデリック性や豊かな音色が増しており、雷鳴のような電子音やサイケデリックな音響と破壊的な打撃音によって躍動感を増していくトライバルな"Como Un Guante"、朗らかなマリンバのミニマルな旋律と清らかな歌が和やかな色彩を生みつつも反復の展開が催眠を誘う"Me Paro Cuando Suena - Parte 1"、そしてラストの少々浮いた感もあるファンキーなロック寄りの"Ella No Lleva Gafas"と、前半の神妙で霊的な雰囲気に比べるとオーガニックで弾けた感さえもある。とは言っても全体を通して聞けば現行バレアリック/ニューエイジの中にあっても全く古びれない普遍性もあり、そして何よりも非日常的な幻想的な美しさやメランコリーはSaizに期待しているそのものだ。またしてもMFMは素晴らしい音楽を纏め上げ、価値あるコンピレーションを届けてくれた。



Check Suso Saiz
| ETC4 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Jorge Reyes, Suso Saiz - Cronica De Castas (Nigra Sintezilo Rekord:NSR23)
Jorge Reyes, Suso Saiz - Cronica De Castas
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
霊的、スピリチュアルという説明が何処か胡散臭くもあるニューエイジ・ミュージックは、しかし昨今のMusic From MemoryやMelody As Truthといったレーベルの働き掛けのおかげで、再燃という形で市民権を獲得しつつある。実際に安っぽいヒーリング・ミュージックと呼ばれるような種類に足を踏み込んだものもあるが、しかし例えばスパニッシュ・ギタリストのSuso Saizの音楽は実験的でありながら深い叙情性と瞑想的なアンビエント性があり、時代に左右されずに聞ける普遍的な質を持っている。本作はそんなSaizとメキシコのニューエイジ系のマルチ奏者であるJorge Reyesによる1991年にリリースされたアルバムで、昨今のニューエイジ再燃に合わせて国内盤が初CD化されたのだ。アルバムタイトルである『Cronica De Castas』とはカースト年代記の事で、スペインに侵略されたメキシコの歴史を音楽絵巻として表現したようだが、詳細は国内盤の解説を是非読んで頂きたい。全編エスノで生楽器と電子楽器から発せられる霊的な響きは前述に関連するものかもしれないが、アルバム冒頭の16分にも及ぶ大作である"Tente En El Aire"でおおよそアルバムのイメージを掴む事は可能だ。くぐもった音響のオカリナからうっすらと浮かび上がってくる静謐な電子音のドローン、そこに静かに民族的で土着感あるパーカッションも加わりながら、まるで未開なる深い森林の中を彷徨うように進んでいく。空間を切り裂くような神秘的なギター、魔術的でもあるボイス、静けさの中にアクセントをもたらす効果音などそれら全てが何処かスピリチュアルで宗教的でもあり、しかし安らぎをもたらすアンビエント性は一級品だ。続く"Puchuela De Negro"では神々しいシンセのアルペジオにReyesによる牧歌的なフルートやオカリナが絡む作品だが、ビートが無いながらも躍動的で、もしビートは入っていれば現在のテクノとしても聞けるような作品だ。"Saltatras Cuarteron"ではSaizの泣くように叙情的ながらも鋭利なギターとReyesによる民族楽器のパーカッションの応酬はバトルのようなセッション性があり、古代の霊的な雰囲気が時空を超えて現代へと蘇るよう。そしてまた8分にも及ぶ大作の"No Te Entiendo"、様々な楽器に様々なエフェクトを駆使して異形な響きを作り出しており、生命を感じさせる打楽器の響きや異空間を創出する電子音にサイケデリックなギター等が抽象的なアンビエント空間を生み出して、中盤からは祝祭のような歌も入ってきて生命の営みを謳歌するように盛り上がっていくドラマ性がある。ニューエイジというとどうしても宗教的なり神秘的なりという点に馴染めない人もいるだろうが、そういった先入観を一切無視して単にこの心地好く平穏を誘う音楽に耳を傾ければ、変なイメージを抜きにしてBGM的な質の高さを感じ取る事が出来るだろう。



Check Jorge Reyes & Suso Saiz
| ETC4 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Suso Saiz - Rainworks (Music From Memory:MFM020)
Suso Saiz - Rainworks
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
ダンス・ミュージックから実験的な音楽まで、特別な才能を持っていながらも時代から忘れ去られたようなアーティストの発掘に勤しむアムステルダムのMusic From Memory。ジャンルを狭める事なく音楽そのものの質を見抜き掘り下げる仕事によって、最早センセーションと呼んでも過言ではない程の評価を獲得したレーベルだ。そんなレーベルの恩恵に預かった一人がスパニッシュ・ニューエイジの先駆者であるSuso Saizで、Music From Memoryによって2016年に編集された『Odisea』(過去レビュー)によって、また彼も一躍再評価を得る事に成功した。ギタリストでもあるSaizの音楽には特に静謐なギターの音は欠かす事は出来ないが、またドローン的なエレクトロニクスも用いて桃源郷のようなサウンドを描き出し、ニューエイジともアンビエントとも捉える事の出来る幻想的な音楽性が特徴だ。本作は実に10年ぶり以上となる完全新録のアルバムだが、前述の『Odisea』を気に入った人であればきっと本作も期待を裏切られる事はないだろう壮大なサウンド・スケープに出くわす事が出来る。アナログではA面を丸々使用した"From Memory & The Sky"は20分にも及ぶ大作で、フィールド・レコーディングを用い雷鳴が轟く中に虚ろなギターやピアノに重力場のような重苦しい電子音を配しながら抽象的な音像を持続する中盤まで、それ以降からラストまでは様々な効果音を即興的に用いながら不気味さも漂う荒廃した世界を演出する。そのシリアスな世界から一転して、静謐でか弱いピアノのメロディーから始まり天使の歌声のような音も加わって宗教的な雰囲気を纏いドラマティックに盛り上がる"The Way Of The Water"、同様に悲哀漂うピアノに薄い電子音を被せて静かにスケール感を増していく"The Hiding Place"と、この辺りはSaizのニューエイジ色強めなメランコリーが現れている。"They Don't Love Each Other"では爽やかで明るいギターのアルペジオが躍動し燦々とした太陽の下で踊るような雰囲気もあれば、ロングエコーを用いたギターで層になったような響きを作りそこにピアノや電子音で装飾しながら現代音楽のミニマリズムに影響されたような展開を見せる"Nothing Ends"と、テクニカル的な面での面白みと桃源郷へ誘われるメランコリーを打ち出した響きの両者が上手く一つになっている。Music From Memoryの後押しで脚光を浴びただけでなく、齢60を越えてただ美しいだけではない果敢な前衛も感じさせるその音楽性、まだまだSaizのアイデアが尽きる事はなさそうだ。



Check "Suso Saiz"
| ETC4 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
BEST OF 2016
今年も一年間当ブログを御覧頂いた読者の皆様、どうもありがとうございました。今年も例年と変わらず音楽/パーティー三昧…とはいかず、私生活の変化により忙しくなりなかなか音楽へ時間を割く事が出来ない一年でしたが、それでも音楽に対する情熱は全く変わらず新しい音楽への探求が途切れる事は変わりませんでした。パーティーに関しても新風営法が現場の感覚にはやはり馴染んでいないと感じる点がありつつも、新しいクラブが生まれ少しずつではあるけれどこの業界も活気を取り戻しているようにも思われ、ダンス・ミュージックの未来に展望が見えてきた年でもありました。当方は今後も毎週のようにパーティーに行く事は出来ないと思いますが、来年も新しい音楽も古き良き時代の音楽も分け隔てなく楽しみ、そして素晴らしい音楽をこのブログでアウトプットしていく事を続けられたらという気持ちは変わりません。そんな気持ちで選んだ年間ベスト、皆様の素敵な音楽ライフに少しでも参考になれば。それでは、来年も良いお年を!

続きを読む >>
| BEST | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Suso Saiz - Odisea (Music From Memory:MFM009)
Suso Saiz - Odisea
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
Gigi Masinら歴史に埋もれてしまったアーティストの発掘に勤しむMusic From Memoryは、今や新作のリリース毎にヒットを約束された重要なレーベルの一つになっている。ダンス・ミュージックからは距離を置いた環境音楽やニューエイジにジャズなど、そして単なるベスト盤としてではなく未発表音源も掘り起こしながら、そのアーティストの紹介に寄与するような運営は敬服すべきものだ。そんなレーベルが自信を持って送り出す新作は、スペインのギタリストであり電子音楽家であるSuso Saizのコンピレーションだ。1984年から現在に至るまでに大量のアルバムを制作しており、決して隠れた存在とは言えないかもしれないが、しかしMusic From Memoryの後押しは間違いなくこの機会に多くの人にSaizの魅力を伝えるだろう。収録された曲は1984年作のアルバムから2006年に制作された未発表曲まで及び、ほぼ全ての時代を網羅するようにバランス良く選曲なされている。アルバムの冒頭を飾る”Un Hombre Oscuro”は彼のアンビエント・サイドが打ち出された曲で、ぼんやりと幻想的に浮かぶシンセと空の彼方に消え入るようなポエムを配し、その静謐な響きには心が洗われる。続く"Ya Son Dos Los Cielos"はギタリストとしての手腕が発揮され、ディレイを効かせたギターを被せて夢の如く儚い音色で耳を惹き付けるインストメンタルで、シンプルな構成が故にギターの叙情が強く迫る。フェンダーローズやギターにパーカッションなどを用いた色彩感の強い"Prefiero El Naranja"にしても、一音一音が浮かび上がるように研ぎ澄まされ、耽美な響きは重力の支配から解き放たれように広がるサウンド・スケープを描き出す。かと思えば"Una Gota De Asfalto"は空間を切り裂くギターとコズミックなシンセが導くシンセ・ポップだったり、"The Ten Heads Of Someone"では重厚感あるピアノのか弱い残響が広大な空間創出を行う現代音楽的な作風が聴けたりと、アナログ楽器と電子楽器を巧みに操り実に心地良いゆったりとしたムードを作り上げている。どんなスタイルであろうと嫌味の無い清楚な響きで体の隅々まで洗うような音楽性は正にニューエイジか、そしてMusic From Memoryというレーベル性の確立にも役立ってしまっている事に驚くばかり。美しくもメランコリーな素晴らしいインストメンタルだ。



Check "Suso Saiz"
| ETC4 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |