CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
2018/4/28 FORESTLIMIT 8TH PARTY ”FULL CONTACT!” 【Ripping Waves ~ New School Of Japanese Ambient Music ~】@ Forestlimit
クラブ・ミュージックのパーティーと言うと一般的には爆音の中で力強いビートが刻まれる一夜である事が多いが、何故かアンビエント的な視点でのパーティーが少ないのは、やはり熱狂的に盛り上がる要素が少ないからだろうか。しかし真摯に音に耳を傾けるアンビエント・ミュージックも大きな音で聞きたいという欲求はあり、そんなパーティーがもっと増えれば良いのにと思う事は常々。今回幸運な事にForestlimitの8周年記念のパーティーの一環でアンビエントに焦点を当てたパーティーがあり、なんとSUGAI KEN、Satoshi & Makoto、Inner Science、H.TAKAHASHI、Napa-Mariの5組がライブを行うというのだから、是が非でもという気持ちでパーティーへと参加する事にした。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Rei Harakami - あさげ selected re-mix & re-arrangement works 1 & ゆうげ selected re-mix & re-arrangement works 2
Rei Harakami-あさげ selected re-mix & re-arrangement works 1
Amazonで詳しく見る

みんな大好きハカラミレイの最新作は、リミックスや共作、レアトラックなどを収録したコンピレーション。相変わらず制作スピードが遅いので、完全なる新作が出るまでの繋ぎとして考えても良いでしょう。が、既発の作品を集めた内容とは言え満足度120%の素晴らしい選曲。レコードとか他のコンピに収録されている曲も多く、全部を揃えるのはなかなか困難でしたからね。しかしリミックスなどを聴いても完全にハラカミレイの音楽として成立していて、文句無しの内容。彼のリミックス作業はオリジナルの音源は殆ど利用しないで一から再度創り上げたリミックスが多いのだろうので、彼のオリジナル作品として考えても良いかと思います。極端に左右に飛ばされるPAN使いや心地良いディレイなどはここでも健在で、そしてコロコロと丸くて優しい音色がふわふわと空中を浮遊。それはまるで雨上がりの空に虹がかかる景色か、極彩色の万華鏡かの様なカラフルで弾けたサウンドスケープを演出します。これを(彼の発言が事実であるならば)単一の音源だけで奏でているのだから、驚愕と言わざるをえないですね。一つの楽器でも究極まで極めれば、可能性は無限大となるのでした。"あさげ"の方はコラージュっぽい序盤から徐々にリズムが組みあがっていくDCPRGのリミックスがやばいです。15分にも及ぶロングトリップ。

試聴


Rei Harakami-ゆうげ selected re-mix & re-arrangement works 2
Amazonで詳しく見る

"ゆうげ"はボーカル曲のリミックスや共作が中心。彼にしては比較的原曲のメロディーは壊さずに、音やリズムだけはハラカミ色に染め上げた曲が多いです。ここでもどんなボーカルが入っていようが、ハラカミが作った音楽だと分かる程オリジナル性が強いです。確かかつてはSC-88Proと言う音源を使用していたはず(今も?)だけど、その単一の音源を使用する制約が逆に彼のオリジナリティーを発揮する事になっているんですね。原曲の個性やそのボーカルなども、ハラカミの前では全てが霞む程にハラカミの個性が際立っています。ちなみにスヌーザーなどが取り上げた為にロックファンの間でも人気が出たらしいが、確かにテクノとか電子音楽だとかの範疇で聴くのはもったいない。CMとかでも彼の制作した曲が流れる位だし、ポピュラリティーのある普遍的な音楽として世界中で聴かれるべきである。

試聴

Check "Rei Harakami"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO6 | 15:30 | comments(3) | trackbacks(1) | |
Suzukiski - Helix (Soup-Disk:soup019CD)
Suzukiski-Helix
Amazonで詳しく見る

現在最も日本のテクノシーン(以外でも)注目を浴びているだろうRei Harakami。彼の活躍に依って隠れていた才能が発掘されたSuzukiskiと言うお方がいます。ハラカミがヒットした事により、ハラカミが期待を寄せるSuzukiskiも取り上げられる事が増えて、僕も数年前にアルバムを購入する様になりました。この「Helix」は今の所の最新作でエレクトロニカやテクノやハウスやアンビエントなどが随所に顔を見せる、和風エレクトロニクスミュージックと言うべき物です。音の隙間に風景を覗かせる詫び寂びの世界、非常に無垢で純情な愛すべき音。自然であるがままの電子音が、徐々に織り込まれたサウンドスケープを作りだしSuzukiskiが普段観ている風景を描き出します。クラブとは全く無縁な普段の生活に流れる様な優しい音楽で、優しくすっと耳に馴染んでほっとさせてくれます。子供の様に純粋な気持ちが無いとこんな音楽作れないんじゃない?と思わせる、本当にテクノの最もピュアな部分が表に出ています。こんな隠れた才能が埋もれていたなんて、本当にもったいないです。ハラカミレイの音楽が好きな人には、是非こちらも聴いてみて欲しいですね。

試聴

Check "Suzukiski"
| TECHNO2 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |