CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
TC80 - Vestiges Of Fools (Cabaret Recordings:CABARET 010)
TC80 - Vestiges Of Fools

日本から世界へ、アンダーグラウンド性の高いミニマルな楽曲性を追求して確かな評価と人気を獲得しているCabaret Recordings。dj masdaとSo Inagawaによって運営されているこのレーベルは、アナログでのリリースに拘り配信も一切行わないが、多くのテクノ系のDJを魅了してこのご時世にもかかわらず比較的多めにプレスされながらも販売から直ぐに売り切れになる程の人気だ。基本的にはDJが使うためのツール性の高い音楽である為にアルバムよりもEPに力を入れているが、珍しくフランス人DJのTC80が手掛けた本アルバムが2016年にリリースされた。しかし単にミニマルなだけのアルバムと思っていたら、そんなレーベルに対する思い込みは誤りであったと気付かされる。実際にCabaretのパーティーに参加している者であればエレクトロやブレイク・ビーツもプレイされていた事を身をもって知っている筈で、そこからの流れで本作を聴くとあぁなる程と納得するようなレーベルの多様性を感じ取れるだろう。タイトル曲である"Vestiges Of Fool"からして端的にそれを表現しており、音の数を絞りミニマル性を強調しながらもリズムは変拍子を刻み、ベースの動きや情緒的な上モノによって雰囲気を作っていくミニマル・ハウスは、確かな機能性とそれだけではないリスニングとしての面を兼ね備えている。"Seed"も微かな上モノや奇妙な効果音が漂っているものの、リズムは更に複雑かつ鋭角的になり刺激的なエレクトロ調を強め、"Shadhahvar"でもつんのめるようなブレイク・ビーツに怪しさ漂う電子音のエレクトロで闇を誘う。エレクトロとブレイク・ビーツの探求が最も強く出た"Interfaces"は、そのピコピコな電子音や生々しいビートからデトロイト・エレクトロさえも思わせるが、それでも尚ミニマルなトラックとの親和性を持っているのがCabaretらしい。アルバムの中で唯一の端正な4つ打ちを刻む"Chrono Trigger"、そのスタイルもあってすっと流れるようなすっきりしたグルーヴと控え目にメロウな上モノによって、朝方のフロアにもはまりそうな穏やかな響きをするミニマル・ハウスだ。フロアを意識したツールとしての機能性は前提にありつつ、しかし曲そのものを聞くリスニングとしての質もあり、アルバムとしてリリースされたのは適切だろう。Cabaretのレーベル性を理解するに相応しいアルバムだ。



Check "TC80"
| TECHNO13 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2016/2/10 DAWD @ Oath
近頃は各々の活動も盛んなせいだろうか、Jun Kitamura×REMI×haraguchic×SINOによるDAWDの開催は減っていたが、おおよそ8ヶ月ぶりにDAWDがOathへと戻ってくる。実に久しぶりの開催となるが今回はゲスト参加は無しのため、その分だけDAWDクルーのプレイを存分に堪能出来る良い機会だろう。当方は2015年は一度も参加出来なかった事もあり、それぞれのプレイを聴くのも本当に久しぶりとあって楽しみに待っていたパーティーだ。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
BEST OF 2015
今年も一年間当ブログを御覧頂いた読者の皆様、どうもありがとうございました。何やかんやで今年も大小51ものパーティーへと足を運び、また価格高騰にも拘わらず素晴らしいヴァイナルに出会うとついつい購入し、大量のCDを購入しながらも未開封のまま放置したりと、例年と変わらず素敵な音楽に囲まれた続けた一年でした。その一方で仕事やプライベートにも時間が取られる事が多くなった影響もあって、大量にリリースされる音源に追いつかず、ブログの更新頻度も例年に比べるとやや落ち気味になったのも事実。でも音楽は好きなので細々とでも素晴らしい作品を、来年以降も紹介し続けられたならと思います。歳をとったせいかは分かりませんが、ベストに選んでいる作品は何だかリスニング寄りの物が増えてきている印象ですが、部屋の中で聴く音楽とクラブで聴く音楽は別物であり、そういった点も何となく反映されているかもしれませんが、少しでも皆様が素敵な音楽に出会えるきっかけになれば嬉しいです。それでは、来年も良いお年を!
続きを読む >>
| BEST | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
TC80 - Phrase EP (CABARET Recordings:CABARET 007)
TC80 - Phrase EP

So Inagawaとdj masdaによって長らく開催されているCabaretは、勿論パーティーとしても個性的なアーティストを招致しぶれない音楽観によってテクノ/ミニマル/ハウスの深みを掘り下げる素晴らしい存在だが、2013年に設立された同名のレーベルは彼等の音楽性が世界的に高い評価を得る契機となった。Soによる作品に始まりやBinhやU-Moreなど決してブランド的な知名度あるわけでもないアーティストを送り出す状況で、しかし作品の音のみで判断された結果として、Cabaretの各作品はリプレスが度々されるまでに人気を博す事になっている。そんなレーベルからドイツにて活動をするTC80なるアーティストのデビュー作がリリースされているが、デビューしたばかりとあってアーティストに関する情報は全く明らかになっていない。しかしCabaretによって選ばれたアーティストなればこそ、そこに全幅の信頼を寄せるのも間違いではないだろう。Cabaretらしく無駄な音は出来る限り搾り取れてた作風を踏襲するように、"Phrase"は音の間を活かしつつブレイクビーツ気味なリズム感と湿った艶かしい音質を基底に、ぼんやりと揺らぐような酩酊感溢れるメロディーを配して千鳥足のようにゆらゆらとしたグルーヴを生み出している。決して一瞬でフロアをピークに持っていくような曲調ではないし、寧ろCabaretにそんな音楽性を求めている者はいないだろうが、アルコホリックの様に中毒的に沼にはまったような滑りに魅了されるだろう。その一方で"Dardos"は乾いている硬いリズムがシカゴ・ハウス的だが、より幻想的に揺れるメロディーはエモーショナルでもあり、直感的に体を揺さぶるようなフロアでの即戦力となるようなミニマルだ。そして溜めのあるブレイク・ビーツ調のリズムが癖のある"Final Monologue"は、波のように揺れる美しいパッドのコード展開と耽美なシンセのフレーズが交錯するドラマティックな展開を繰り広げ、途中にはボーカル・サンプルも導入してしなやかにエモーションの高みへと達する。どれもこれも一歩引いたような控えめな雰囲気ながらも、視点はやはりフロアを向いて機能的なダンス・グルーヴが通底するCabaretの現場感があり、Cabaretというパーティーの世界観がそのまま音として表現されているように思われる。



Check "TC80"
| TECHNO12 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |