CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Takayuki Shiraishi - Missing Link (Studio Mule:Studio Mule 22)
Takayuki Shiraishi - Missing Link
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)

世界的な和モノの再発見・再評価の動きの中でそれに追随するMule Musiq傘下のStudio Muleから、まさかの全く予想だにしていなかった白石隆之の埋もれた作品が発掘された(この経緯は実は白石が過去に組んでいた「BGM」というユニットのアルバムのリイシューをStudio Muleが考えていたが、契約の問題で難航していて、それならばと白石の未発表曲をリリースする事になったようだ。尚、本作の後結果的には「BGM」のアルバムも同レーベルよりリイシューされている)。本人の説明では1987年から数年の間に作られた作品を纏めたようで、内容は完全なダンスでもなくしかし現在の電子音楽へと繋がっていくようなエクスペリメンタルやアンビエントの音楽性も伝わってきて、まだ初期衝動が残るテクノのプロトタイプ的な印象も受けるユニークな音楽だ。電子音楽やデトロイト・テクノに触発されてダンス・ミュージックへと没入した白石だが、本人の説明では元々ポストパンク/ニューウェーブに触発されて音楽活動を始めながらもその衰退を目にしつつ、新しい音楽であるテクノ/ハウス/エレクトロといった新しい音楽と出会いがこの作品に影響しているようで、ポストパンク/ニューウェーブの残香も含まれている点が30年も前の音楽ながらもより一層個性的な印象を植え付けるように思われる。当方も白石のファンで過去リリースされた多くの作品を所持しつつ、今でも気長に新作がリリースされるのを待つような人間なのだが、そんなファンにとってはこれはもう完全に新作と受け止めても問題は無いだろう。"Dark Sea"はタイトルがそのまま音を表し、どんよりと淀んで薄暗い海を漂流するようなエレクトロニカと呼べばよいか、今風に言うならば冷えた温度感のダークウェイヴだろう。パンキッシュなリズムが躍動感を生む"Eardrum"は、金属的でマシーナリーなパーカッションが刺激的な一方でジャーマン・プログレ風なコズミックなシンセが伸びるサイケデリック性があり、アルバムの中でもダンス性が強い。ノンビートの"Blue Hour"はアンビエントの体を成しているが、パルス風のヒプノティックな電子音が重力によって吸い寄せるような引力を感じ、決して軽々しくはないどころかどんよりとした重厚感が満ちている。やはりローファイながらもアナログ感覚のシンセがトリップ感に繋がっている"Dynamo No.2"は、リズムも崩れている事でアブストラクトな雰囲気へと繋がっており、90〜00年代のブレイク・ビーツやエレクトロニカの先駆けと言ってもあながち間違いではない筈だ。または金属的な響きのダビーな残響が奥深い空間演出となり、インダストリアルを思わせるようなダークなシンセが振動する"Dance In The Fog"は荒廃して凍てついた感覚があり、ニューウェーブの残像を見せる退廃的な電子音楽だ。途中で再度ぼやけたような持続音とディレイの効いたシンセが抽象的なイメージを作るアンビエント成分もある"360°"を通過し、最後はアタック感の強いスネアやキックを用いながらもスローモーなビートで粘性の高さを演出した"Gray Shadows"で、どろどろとした融解していくような酩酊感のある曲でこれまでの全てが消失する如く綺麗にすっきり切れよく終わりを迎える。作り込まれた作品ではない点が原始的でもあり、しかし完全なテクノ/ハウスに振り切れる前のニューウェーブからの影響を残した手探りな雰囲気が、逆に折衷主義的な音楽性へと繋がり今という時代の中で面白く聞こえるのはたまたまだろうか。勿論その後のアブストラクトなディープ・ハウスへと繋がっていく要素も散見され、白石隆之の情緒深くも渋い世界観は十分に堪能出来るだろう。



Check Takayuki Shiraishi
| TECHNO14 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Various - Jujiro EP (Rough House Rosie:RHR 006)
Various - Jujiro EP
Amazonで詳しく見る(MP3)

アンダーグラウンドなハウスを追いかけている人にとっては、ケルンのRough House Rosieは見逃す事は出来ない。2013年の初頭から始動したこのレーベルは、ケルンに活動の場所を置いてはいるが主宰者であるGeorge Beridzeがグルジア出身という事もあり、いわゆる近年評価を高めているロシアン・ディープ・ハウスの流れとして捉えるべきであろう。レーベル発足当初からGigi JikiaことHVLにShine Grooves、A5やGamayunなどロシア系の新興勢力を掘り起こす事に力を入れ、女優クララ・バウの顔をロゴマークにした印象的なアートワークも相まって、レーベルは注目を集めている。そんなレーベルの新作は日本人のアーティストに焦点を絞った「Jujiro」(サイレント・ムーヴィーである「十字路」を引用だそうな)で、テクノからブレイク・ビーツにビートダウンまで深く掘り下げるベテランの白石隆之(Takayuki Shiraishi)にEthereal SoundからもリリースするMiruga、そしてMitsuaki KomamuraやMahalらの作品を収録している。元々はレーベル側から白石隆之に強いオファーがあったそうで、最終的には新作ではなく2002年作の"Nightfall"を提供しているのだが、これが今聴いても全く古くない早過ぎたビートダウンかつディープ・ハウスとして素晴らしい。床を這いずり回る重心が低めのビートに、朧気に浮かび上がってくるゆらゆらしたサウンドが心地良い酩酊感を持続させ、どこか色褪せたようなぼんやりした景色を見せるのだ。決して激昂させるようなアッパーな音でもなく、多幸感に満ちた陽気な音でもなく、禅にも通じる求道的な音は和式のビートダウンだ。対してMirugaの"Meeting Of The Mind"は透明感溢れるパットが広がり、爽快なパーカッション使いや太いキックのおかげでテック・ハウスとしての印象が強く、広大な空へと飛び立つような開放感に満ちあふれている。またMitsuaki Komamuraはアシッドな音を用いながらも抑圧的にはならずに仄かな感情を込めたようなロウ・ハウス的な"Full Moon Hike"を、そしてMahalはデトロイト・テクノのエモーショナルな音をより柔軟かつしなやかなビートに乗せてモダンに仕上げた"Daydream Maze"を提供しているが、やはり派手になり過ぎずにどこか奥ゆかしいムードはレーベルの方向性に沿っているだろう。本作において日本のアーティストがフィーチャされた事は、結果的には和の侘び寂びの世界観がレーベルの音楽性と上手く適合し、レーベルの進む道をより明瞭化したのだ。

| HOUSE10 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2014/10/17 Rough House Rosie “V.A./Jujiro EP” Release Party @ Saloon
サイレント映画の女優・Clara Bowのラベルが目を引くドイツはケルンのRough House Rosie。ロウな質感、仄かにエモーショナルで、そして何処か非現実的な神秘な感覚もあるハウスを手掛けるレーベルは、アンダーグラウンド志向な新興勢力を積極的に掘り起こしている。この度は何とレーベル側からのラブコールで12年前の作品を提供した白石隆之、そしてMahal、Mitsuaki Komamura、Mirugaの4人の邦人アーティストを収録したアナログがリリースされた記念として、Saloonにてそのリリースパーティーが行われる事となった。(残念ながら体調不良によりMirugaのライブはキャンセルとなってしまった。)
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2013/6/1 groundrhythm feat. Atrip × CRUZFADE @ Air
隔月で開催されているgroundrhythmは今回で今年において3回目の開催となる。近年単にゲストを迎えるだけでなく他にレギュラー開催しているパーティーをそのままフィーチャーする事も増えてきており、今回はAtripとCRUZ FADEの若手を迎えた上に更には白石隆之やDJ Kenseiらベテランも呼び込んで、groundrhythmに新たな変革をもたらそうとしているようだ。勿論パーティーの軸であり続けている井上薫のロングセットが聴けるのはここだけであり、その意味でも常に楽しみにしているパーティーの一つだ。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2013/5/18 0 Opening Party Day 2 @ 0
ビル老朽化による建て替えの為、今年1月に惜しまれつつも17年の歴史を閉じた青山Loop。しかし終わりがあれば始まりがあるのも世の常、Loopに程近い場所へと拠点を移して0(ZERO)として新しく歩みを始める事となった。コンセプトは「0から始まるサウンドジャーニー」。公式の紹介は下記の通りだ。
今、熟成期を迎えつつある東京クラブシーン、みんなが求める場所、空間とは何だろう? 時代に逆行する温かみのあるアナログ・サウンドで、尚かつクラブ本来の魅力を、追求してみた。その答えが0。キーワードはBack to Basic。箱でしか響かない、ここでしか体感出来ない音を、思い出してほしい。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 17:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2012/11/30 FORCE OF NATURE "EXPANSIONS" Release Party Meets ROBERT JOHNSON NIGHT @ Air
現在世界的に盛り上がっているニューディスコ〜スローモーなハウス。それに焦点を当てたMIXCD"Expansions"を手掛けたのだがForce Of Natureで、今回はそのCDのリリースパーティーとなる。ゲストにはかつてPlayhouseを主宰し現在はフランクフルトのクラブ"Robert Johnson"でディレクターを務めるAtaを迎え、そしてラウンジにはソウルを秘かに隠し持つ白石隆之が出演するなど、メインフロア/ラウンジの両方が興味を惹くパーティーとなった。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2012/10/14 Atrip Vol.15 @ 蜂
丁度一年前に再開した休日アフタヌーンパーティーであるAtrip。自分もその時のAtrip Vol.11に初めて遊びに行ったのですが、日本人DJ/アーティストだけで日曜のパーティーだと言うのにもかかわらず多くの人で溢れていて、その盛り上がりにびっくりしたものです。今回は今まで主宰を続けていたAntonTarjinによるAtripは最後になるとの事で、日曜夕方にまったりと遊びに行ってきました。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2012/04/29 Cassette label duenn presents ¨ex¨ @ 落合SOUP
GW前半で踊りまくった後での最後の締めは、福岡のアーティスト・duennが主宰するカセットレーベルであるduennの東京初パーティー。このレーベルはデジタル配信が増すこのご時世の中で、CDでもなくヴァイナルでもなくカセットで活動を行なっております。この度はカセットでの新作リリースを行った流れからなのか白石隆之、duennとコラボレートした元Supercarのナカコーのプロジェクト・nyantora、ライターである原雅明を呼び寄せ、そしてduenn本人によるライブも披露するパーティーとなりました。
続きを読む >>
| EVENT REPORT3 | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2011/10/16 Atrip Vol.11 Restart Anniversary @ 蜂
日曜の夕方ですが、青山のクラブ・蜂にて面白そうなパーティーがあったので遊びに行ってきました。なんでも一年ぶりに開催されるAtripと言うパーティーの再始動記念だそうで、ゲストにはワタナベヒロシや白石隆之、Inner Scienceや北原剛彦を迎えて充実した布陣となっておりました。
続きを読む >>
| EVENT REPORT3 | 20:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
2010/06/26 Spinning Vol.2 @ 渋谷 Bar&Cafe特異点
友達と開催している"Spinning"の第二回は色々と課題は残っておりますが、無事終了しました。自分達レギュラー陣は割と大人しい選曲でメロウなハウスだったり緩めのセットでそんなに上げない内容でしたが、ゲストのDJ Aprilさんは古いシカゴハウスをパワフルにプレイしていかにもパーティー的な内容で盛り上げてくれました。時代が変わろうと本当に良い曲は変わらない良さがある訳で、そんな事を再認識させてくれるプレイだったと思います。

また次回に繋げる為に工夫なり努力が必要だと感じる点が多かったのですが、また必ずや次回開催したいと思います。遊びに来て頂いた皆様、どうもありがとうございました。

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| EVENT REPORT2 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2010/06/22 METROPIA.1st ANNIVERSARY @ Saloon
昨日に引き続き平日ながらも、白石隆之さんのDJプレイを聴きにSaloonへ。流石に二夜連続だと疲れが溜まっていて体が重かったのですが、Saloonはソファーなどもあり快適な環境の中、まったりと音に集中出来ました。プレイ自体は自分の好きなタイプの音が多かったかな。一番最初はKirk DegiorgioだかIan O'Brienのビートレスなトラックから緩やかに始まり、そこからPlanet-Eから出たばかりのThe Oliverwho Factoryの新曲に繋がれる。この時点で今日はデトロイト色濃厚そうだなと予感しましたが、そこからは期待通りにデトロイトやそのフォロワー系の音が多かったはず。中盤位まではMoodymannやNewworldaquariumなどのメロウでハウシーな流れで、優しく音を響かせながら夜のアダルティーな世界へと引き込む感じ。中盤以降はリズムが硬めでアッパーなテクノでがつがつと攻め上げ、URのファンキーなエレクトロも織り交ぜて賑やかなピークタイムへと突入。しかし白石さんのプレイは熱い感情を胸の奥底にしまっている様で、エモーショナルだけれども熱くなり過ぎずに常にクールな印象。ストイック、又は渋いと言うか、エゴを感じさせずに控え目なんですよね。だから泥臭いファンキーなハウスをかけても、基本的に汗臭さを感じさせずまったりと聴けるのかな。そんな感じでゆらゆらとエモーショナルなプレイに身を任せて、二時間弱のプレイは"Sueno Latino"で終了。最後の最後で華々しい感情が湧き出て、ドラマティックなラストにうっとりでしたね。

■Takayuki Shiraishi - TIME6328(過去レビュー)
Takayuki Shiraishi-TIME6328
Amazonで詳しく見る
| EVENT REPORT2 | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2010/02/24 GOOD & EVIL NIGHT vol.14 @ Solfa
昨日は平日ながらもSolfaで面白そうなパーティーがあったので、中目黒に行ってきました。でついでなので、出演者の白石隆之さんが美味しいと呟いていた中目黒タップルームと言う地ビール専門店に行ってみた。ビールの種類はかなり多く、そのどれもが強烈な個性を発していて、確かに本当に美味い!カウンターもあるから一人でも飲みに行けるし、値段が高いからしょっちゅうは行けないけれどビール好きにはかなりお勧め出来る店でした。
続きを読む >>
| EVENT REPORT2 | 14:00 | comments(4) | trackbacks(0) | |
Takayuki Shiraishi - TIME6328 (Disques Corde:DCCD004)
Takayuki Shiraishi-TIME6328
Amazonで詳しく見る

一般的に知名度は低いと思いますがアンダーグラウンドな世界にはやはり素晴らしいアーティストは多く、この白石隆之もその素晴らしいアーティストの一人。芸歴もう25年以上とかなり長いのだけど、ダンスミュージックにはまったのは80年代末のデトロイトテクノとの出会いかららしい。なんで彼の音にはデトロイトの音の影響が出ているのは当然で、作品によってはパンク、ニューウェーブ、ヒップホップ、ハウスなどの音も聞こえてきて、芸歴の長さは半端じゃないと感じます。僕は彼のアルバムは何枚か持っているけれど、大半の人は一枚だって持ってないですよね?そこでこのベスト盤+MIXCDの意味合いを持つ本作は、初めて白石隆之の音に触れる人にとっては非常に助かる物だと思います。一応MIXCDと言う形態ではあるけれど、1980〜2003年までの楽曲を解体・再構築して回していてMIXと言うよりは完全に新しい音楽が出来上がっています。時代はばらばら、音も色々、なのに不思議と描き出されていく反逆の世界観。別に誰かと戦う訳じゃないけれど流行とはほど遠い唯一無二の廃退的な音は、無骨で芯のある男をイメージさせる。元々一番最初にはパンクに影響を受けただけあって、メジャーの音とは一線を画すのです。そして特に重要なのはリズム又はグルーヴで、ブレイクビーツやヒップホップを基にした鋭いキレと間のある音作り。そんなに細かいビートを打つ訳ではないけれど、間を溜めるリズムは不思議と思考する事を促すのです。なんだかじっくりと厳かに向かい合って彼の音に向き合っている自分がいて、謙虚な姿勢で説法を聴く様だ。大まじめにアンダーグラウンドを突き進む白石隆之の総決算、一大絵巻がここに出現。

Disques Cordeで曲紹介やインタビューが読めます

試聴

Check "Takayuki Shiraishi"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO5 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |