Young Marco - Biology (ESP Institute:ESP0018)
Young Marco - Biology
Amazonで詳しく見る(MP3)

Lovefingersによって2009年に設立されNYを拠点に運営を続けるESP Instituteは、日本からもCos/MesやThe Backwoods aka DJ Kentらがリリースするレーベルであり、ニューディスコからバレアリックな作風まで親しみやすい音楽性で高い評判を得ている。そんなレーベルの中でも主力の一人として活動しているのがオランダのMarco SterkことYoung Marcoで、過去にもキラキラとしながらも哀愁漂うシンセを多用したイタロディスコ風な作品を手掛けて話題となっていたが、その延長線上で遂に初のアルバムとなる本作を2014年にリリースした。このアルバムでは今までのEPの路線を踏襲しながらも更にニューエイジ風なやや大袈裟さも取り入れており、それは冒頭を飾る"Biology Theme"からも感じられる。凛としたストリングスと金ピカな光沢を見せるシンセによる絡み、そしてそこに可愛らしいベルの響きも加わり、極楽浄土か夢の世界かのようなバレアリックな多幸感が溢れている。続く"Psychotic Particle"では生々しく純朴なマシンビートが入ってくるが、トリッピーなシンセの旋律が安っぽくも快楽的で、弛緩した空気と相まってひたすら心地良い。その一方で感傷的なメロディーと膨らみのあるパーカッションが特徴的な"Sea World"は、確かにバレアリックな空気はありながらも夕方から夜に掛けての時間帯に合いそうな、穏やかに切なさに引き込むニューディスコだ。そして最もニューエイジが強く打ち出されたのが"Out Of Wind"で、風が吹く環境音の中から瞑想へと誘うようなベルが鎮静作用を伴い響き渡り、アルバムは一旦ここで落ち着きを見せる。しかし裏面へと移るとイタロディスコ風なビートが疾走し、胸を締め付けるような感情的なシンセが先導する"Suzaku"で幕を開けるが、この切なさはオールナイト明けの朝方のフロアで最高の瞬間を提供するだろう。その後もセンチメンタルで情熱的な展開が続き、アルバムは通して非常に煌めく多幸感に包まれた作品となっている。少々安っぽくもある、しかし人間味の感じられる手作り感満載な音楽は、だからこそ愛らしくもあり人懐っこくもあるのだ。



Check "Young Marco"
| HOUSE10 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2014/11/8 groundrhythm 12th Anniversary @ Air
井上薫という精神的支柱を中心にAirオープン当初から開催を続けるgroundrhythmが、遂に12回目のアニバーサリーを迎える。基本的には外タレに頼る事なく国内で音楽的にも繋がりのあるDJ/アーティストが出演し、ぶれる事のないドメスティック色の強いパーティーではあるが、テクノやハウスだけに限らずドラムン・ベースやヒップ・ホップにエレクトロニカまで様々な要素を取り込みクロスオーヴァーな音楽性を披露し続けていた。groundrhythmの時代と共に変わっていく音楽性、そして変わらない精神性は井上薫の軌跡そのものであり、レギュラーパーティーだからこそ長い間の変遷も体験する事が出来る。そしてそのアニバーサリーにはInner ScienceやForce Of NatureにMax Essaらが集結し、祝祭の夜を演出する。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
I'm Starting To Feel Okay Volume 6 10 Years Edition (Mule Musiq:MULE MUSIQ CD 44)
Im Starting To Feel Okay Volume 6 10 Years Edition
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
本作のリリースにより何時の間にか日本発のMule Musiqが、設立10周年を迎えていた事に気付いた。そこで思うのは、日本に於いては個々のアーティスト活動は海外からも認められながらも、しかしダンス・ミュージックのレーベルが世界規模で運営を継続する事は非常に稀な事で、世界的に認められるレーベルはなかなか育たない。だがMule Musiqに関していえば傘下のMule ElectronicやEndless Flightなどを含めると、テクノ/ハウスだけに限らない音楽性と知名度に頼らない国内外の実力あるアーティストを起用する事で、多様性を伴うダンス・ミュージックを世界に展開してきている。インディペンデントな立ち位置を守りつつも世界へとダンス・ミュージックを発信する役割を担うMule Musiqの活動は、嘘偽りなくシーンの中で重畳な存在になっている。さて、そんなレーベルの10周年、そして「I'm Starting To Feel Okay」シリーズの6作目は、遂に2枚組へのボリュームへと発展した。国内勢ではKuniyukiにGonno、KzaやThe Backwoods、海外勢ではFred PやEddie Cに新鋭のMatt KarmilやMuskまで、手広く新旧実力あるアーティストの新曲を収録してMule Musiqの魅力をあまねく披露している。CD1はディープめのトラックからビートダウンにミニマルな作風が多いが基本はハウスのグルーヴで纏められており、CD2はニューウェーブやディスコにクラウトロックなどの影響も見受けられるダンス・トラックが中心かと思うが、特にどの作品からも感じるのは流行の音に寄り添う印象は受けずに(レーベル性・アーティスト性として)自分たちの音を持っている事だ。これだけレーベルが大きくなれば多少なりとも商業的な面が出てくるのは少なくない事だが、しかしMule Musiqにはそれとは相反する普遍的でありかつアーティストの個性を尊重する姿勢が伺えるのだ。規模が大きくなろうとインディペンデントな姿勢は崩さない、だからこそMule Musiqが高く評価される所以の一つだろう。そしてこのCDにはDJ Kent(The Backwoods)が本作に収録されている音源を使用してミックスを行ったDJMIXのダウンロードコードも収録されているので、MIXCDとしての楽しみ方も出来るようになっており、Mule Musiqの魅力を十分に堪能出来る作品である事は言うまでもない。



Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO11 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2014/8/16 DAWD @ Oath
Jun Kitamura、REMI、haraguchic、SINOがOathにて定期開催しているDAWD。ベテランから若手までが手を組み、各々が持つ異なる音楽性 - シカゴ・ハウス、ディープ・ハウス、テクノ、ニュー・ディスコ- などなどを一晩で纏め上げるパーティーだ。今回は1998年、2000年にJun Kitamuraがリリースした名作"Outergaze"の再発に合わせたリリースパーティーでもあるようだが、その上で現在のミニマル/ハウスでは特筆すべき才能を発揮しているdj masdaをゲストに呼び、DAWDに一風変わった旋風を巻き起こす。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2013/12/7 Groundrhythm 11th ANNIVERSARY @ Air
井上薫がレジデントを務めるgroundrhythm。Airがオープンしてからはその場所で最も長く続いているレギュラーパーティーだが、遂に11年目が終わると同時に12年目へと突入する。移り変わりの早いクラブミュージックの業界に於いて10年以上もの継続した活動は簡単なものではないものの、ディープ・ハウス〜テクノと時代と共に音楽性に変化を見せながらコスモポリタンな個性を主張したミュージック・ジャーニー的なDJプレイだからこそ、今でもファンを魅了しながらgroundrhythmは続いている。そして11周年のアニバーサリーは外部からゲストを呼ぶこともなく井上薫によるロングセットがメインとなるパーティーであり、groundrhythmが井上薫と言うアーティストを中心に動いている事を強調する一夜となった。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
2013/7/14 Prins Thomas Japan Tour 2013 supported by RESPONSE @ Amate-raxi
北欧のニューディスコ大使だかディスコ王子だか呼ばれているPrins Thomasが来日。それをサポートするのが吉祥寺で長らくパーティーを開催しているRESPONSEクルーやGuidanceクルーで、アーティストの招集のみならずAmate-raxiのメインフロアからラウンジまでフロア内のデコーレーションやライティング、フードやシーシャバーまで用意して楽しみ盛り沢山のパーティーを開催した。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2013/2/2 groundrhythm feat. harmony @ Air
前回で10周年と言う偉大な記録を打ち立てたgroundrhythm。2013年になり遂に11年目に突入しての初回は、渋谷で最も有名なカフェであるカフェ・アプレミディで開催されている“harmony”のクルーをフィーチャーし、またForce Of NatureのKZAや若手有望株であるYosaにShu Okuyamaをゲストに迎え、いつも通りに日本のアーティストのみでの開催となった。groundrhythmは10年経とうとgroundrhythm、ドメスティックパーティーに拘る一貫したスピリッツは発足当初から変わらず、しかし新進気鋭のアーティストを掘り起こしながら未来へと進んで行く。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2012/12/1 groundrhythm 10th ANNIVERSARY @ Air
代官山にAIRと言うクラブが出来た当初から続くgroundrhythm。井上薫をレジデントに迎えたこのレギュラーパーティーも遂に10周年を迎える事になったが、何事においても10年も継続する事は並大抵の難しさではない。特に移り変わりの早い消費型のクラブミュージックが土台にあるパーティーでは、自分の個性を保持しながら時代にも適応すると言う相反する行為を成立させなければ、10年の長い期間のパーティーを継続させる事は不可能であろう。しかし井上薫はそれをやり遂げた事実がここにある。この10周年のパーティーは一つの到達点となり、そして未来へと続く新たなる始まりでもある。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2012/10/14 Atrip Vol.15 @ 蜂
丁度一年前に再開した休日アフタヌーンパーティーであるAtrip。自分もその時のAtrip Vol.11に初めて遊びに行ったのですが、日本人DJ/アーティストだけで日曜のパーティーだと言うのにもかかわらず多くの人で溢れていて、その盛り上がりにびっくりしたものです。今回は今まで主宰を続けていたAntonTarjinによるAtripは最後になるとの事で、日曜夕方にまったりと遊びに行ってきました。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2012/10/6 groundrhythm @ Air
先日2年ぶりにニューアルバムをリリースした井上薫が、自身がレジデントを務めるgroundrhythmにてアルバムのリリースパーティーを決行。毎回日本各地からゲストを呼んでパーティーに鮮やかな彩りを加えているが、今回はアルバムにもリミックスを提供したThe Backwoods aka DJ Kentら複数名が呼ばれテクノ色強めな音が予想される。「A Missing Myth」=「(未来の)失われた神話」と題されたコンセプチュアルなアルバムをテーマにしたパーティーは、一体どのような世界を創り上げたのだろうか。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Kaoru Inoue - A Missing Myth (Seeds And Ground:SAGCD027)
Kaoru Inoue - A Missing Myth
Amazonで詳しく見る

"Dancer"(踊る者)、"Sacred Days"(神聖なる日々)と続いてきた井上薫のアルバムリリースだが、2年ぶりとなるこの新作では"A Missing Myth"((未来の)失われた神話)とまた謎めいたタイトルが付けられている。アルバム名からも分かる通り常に肉体性と精神性を結び付けながらコンセプトを持った音楽を生み出している井上氏ではあるが、本作では人類がこの先の向かう所を意識して制作したそうだ(詳しくはライナーノーツを読んで欲しい)。如何にもワールドミュージックも起源に持つ氏の思想や音楽観を現代的なエレクトロニックビートと融合させた音楽性はここで完成を果たしているようで、前作以上に大地と共に生きる民族的な音楽の要素を盛り込みつつフロアでの狂騒を喚起させる事に成功している。未来の神話の幕開けはオーロラの様な美しいシンセが重なり合うように空間を覆い尽くすビートレスな"Sphere"で始まり、そしてガムランがミニマルに繰り返されるトライバルな"Malam"で突如異国の世界へと誘われるとそこからは祝祭空間の広がる真夜中のパーティーへと突入する。木管楽器の優しい心地良い響きが開放的なエレクトロニックハウス"Nova"、ハンドクラップやシタールの妖艶な音色が肉体を刺激し野性的な雄叫びがトランスを誘発する"Ramafar"で前半のピークを迎え、もうグルーヴは止まらない。その後も怒涛のパーカッションが大地の響きとなって押し寄せる"Etenraku"、ガムランのミニマルから生まれる恍惚感を疾走感のあるテックハウスと掛け合わせた"Ground Rhythm(The Backwoods Remix)"、オリジナルよりもテック感を打ち出してクールな空間を演出した"Tokyo Diver(Jebski Remix)"などが続き、真夜中のクラブにまるで地球と言う大地が剥き出しに出現するような太古の土着感と現代的な電子音が絡み合いながら神話を描き出す。また全ての曲は氏によってミックスされてシームレスに繋がれており、ストーリー性を途切れさせる事なく展開する流れが一夜の祝祭を疑似体験させるのだ。コスモポリタンな音楽性を発揮しつつクラブとの繋がりも密接に保った井上氏のミュージック・ジャーニー、こんな音楽は世界的にもそう多くはないだろう。

試聴

Check "Kaoru Inoue"
| HOUSE8 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(1) | |
The Backwoods - Flying Bugz (Kaoru Inoue Remix) (ene:ENEREC012)
The Backwoods - Flying Bugz (Kaoru Inoue Remix)

昨日に引き続き井上薫とThe Backwoods aka DJ Kentが絡んだ待望の一枚。本作は2010年にリリースされた"The Backwoods"(過去レビュー)から"Flying Bugz"をシングルカットし、そして裏面にはそれを井上薫がリミックスした"Flying Bugz (Kaoru Inoue Remix)"を収録しています。オリジナルはちょっとゆっくり目のBPMに合わせて、ブリブリとしたディスコティックなベースラインやが粘り気を感じさせるハウストラック。エッジの効いたギターやスペーシーなシンセ音などが色々な音が雑多に詰め込まれた分だけ、もっさりしたグルーヴでもじわじわと低空から空高くまで飛翔して行く様に快楽を持続させます。そして井上薫によるリミックスは無駄な音は削ぎ落として身軽になりBPMを早くして疾走感を出しつつ、ブリブリした低音のリフは生かしアルペジオ風なテックな上物をループさせハイテック化させています。多幸感溢れるエレクトロニックな音色共に、生っぽい野生味のあるリズムトラックは土煙を撒き散らす様でもあり、テクノ/ハウスに有機的な要素を融和させるセンスは本当に素晴らしい。どっしりとしたディスコティックなオリジナル、加速し続けるテッキーなリミックス、どちらも体が踊る事をを欲する見事なダンストラックです。

試聴

Check "The Backwoods"
| HOUSE7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Kaoru Inoue - Ramafar / Ground Rhythm (The Backwoods Remix) (Seeds And Ground:SAGVP2012A)
Kaoru Inoue - Ramafar / Ground Rhythm (The Backwoods Remix)

井上薫のおよそ2年ぶりとなるヴァイナルリリースは、完全新作となる"Ramafar"と"Ground Rhythm"をThe Backwoods aka DJ Kentがリミックスをした曲を収録した充実の1枚。テクノ/ハウスと民族的な要素をブレンドした作風は氏の専売特許ではあるけれど、この"Ramafar"に於いてもその作風を貫き肉体感溢れるエレクトロニックなダンスミュージックを聞かせている。原始的な雄叫び、有機的な躍動感溢れるパーカッションの響き、妖艶な訝しさが漂うシタールにヒプノティックな電子音が入り乱れるトライバルハウスは、祝祭に歓喜する聴衆の踊りが目に浮かんでくる程に多幸感に満ち溢れている。オーガニックで豊潤な香りと共に電子音のファットな音色は覚醒的で、大地に根付く肉体的な踊りの欲求を誘発しフロアに居る者全てを無意識に動かすであろうダンスミュージックだ。そして"Ground Rhythm (The Backwoods Remix)"、オリジナルが密林の奥地へと迷いこむトライバルな作風だったのに対し、DJ Kentは密林を突き抜け開放的なサバンナへと躍り出た爽快なテックハウスへと作り替えている。オリジナルの角張ったビートは滑らかなハウスビートへ、そして煌くミニマルな上物が追加された事で、民族的な要素は控え目にテクノ/ハウスを問わずに使えるキラートラックとなった。両面大箱での派手な流れの中でも使用に耐えうるピークタイム仕様で、これは盛り上がるに違いない。

試聴

Check "Kaoru Inoue"
| HOUSE7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2011/12/3 groundrhythm 9th ANNIVERSARY @ AIR
代官山のクラブ・AIRに於ける最長のレギュラーパーティー・groundrhythm。井上薫の自由に解放されたロングセットを体験出来ると共に、彼の審美眼に適う選りすぐりDJ/アーティストがゲスト出演するパーティーも、今回のパーティーで遂に9周年を迎えました。そしてそんな日を祝福する為に呼ばれたゲストには、以前から関わりの深いJebski、Hiroshi Watanabeとライブに定評のある二人。充実した布陣を以って9周年を祝う夜が待ち侘びていました。
続きを読む >>
| EVENT REPORT3 | 16:30 | comments(4) | trackbacks(0) | |
2011/2/11 DJ Yogurt Presents Jebski Release Party "PAD" Tour @ Amate-raxi
先日初のアルバムをリリースしたばかりのJebski。それに合わせてかつて一緒に制作活動をしていたDJ Yogurtが、アルバムリリースパーティーを企画し、Jebskiとフィーリングの合うアーティストを集めたパーティーが開催されました。
続きを読む >>
| EVENT REPORT3 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2011/2/5 groundrhythm @ Air
代官山Airオープン時から続くパーティー・groundrhythm。井上薫が9年にも渡り定期的に続けている事は言うまでもなく驚異的であり、今でも熱心なクラバーが集まる重要なパーティーです。時代と共に音の変遷を繰り返しながらも、大地の鼓動を表現するパーティーは一体どこへ向かうのか。今回はゲストにTraks Boysを呼んでの新年1発目のgroundrhythm(そう言えば1年半前でのDK Soundでも井上薫とTraks Boysが共演してたっけ…)へと遊びに行きました。
続きを読む >>
| EVENT REPORT3 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2010/08/29 Sunset Palm @ 江ノ島海の家 Colcci
Sunset Palm1

最近はビーチパーティーが流行っているんでしょうか?夏になると浜辺の各所でクラブミュージックのパーティーが催されているようで、自分も2010年の夏の締め括りをすべく江ノ島の海の家で行われたSunset Palmへと行ってきました。海の家とは言えどAril BrikhaやHiroshi Wanatabe aka Kaito、Force Of Natureらが出演するとても豪華なパーティーで、期待せずにはいられません。
続きを読む >>
| EVENT REPORT2 | 09:30 | comments(5) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2010/09/04(SAT) Metamorphose 10 @ 修善寺 サイクルスポーツセンター
Act : Manuel Gottsching performs "more INVENTIONS FOR ELECTRIC GUITAR" with Steve Hillage, Elliott Sharp & Zhang Shouwang, X-102, Moritz Von Oswald Trio, Mogwai, Larry Heard and more

2010/09/10(FRI) Hyper Modern Music Salon -Dinosaur Meets TECHNO! @ Mado Lounge
DJ : Hiroshi Kawanabe, A.Mochi, CALM, Hiroshi Watanabe aka Kaito, no.9, Haruka Nakamura
Live : evala

2010/09/10(FRI) HI-TECK-SOUL Japan Tour 2010 @ Eleven
DJ : Derrick May, Ryo Watanabe

2010/09/10(FRI) SOLAR FREQUENCY @ Womb
Galaxy Stage
DJ : DJ Tasaka, DJ Nobu, The Backwoods
Future Lounge
DJ : DJ Yogurt, JZ, Leyziro

2010/09/10(FRI) CLUB MUSEUM "DETROIT LEGEND" @ Unit
DJ : Kevin Saunderson, Cloude Young Jr., Rok Da House

2010/09/22(WED) GUIDANCE @ Eleven
DJ : Michael Mayer, Takkyu Ishino

2010/09/24(FRI) Urban Tribe Japan Tour 2010 @ Eleven
Live : Urban Tribe
DJ : DJ Stingray (aka Sherard Ingram / Urban Tribe)

2010/09/25(SAT) AIR 9th ANNIVERSARY "DIXON × AIR Release Party @ Air
DJ : Dixon, Ko Kimura, DJ Sodeyama

2010/09/26(SUN) ShinKooeN fes 10' @ 神奈川県茅ケ崎市柳島海岸
DJ : Altz, DJ Nobu, DJ Quietstorm, DJ Yogurt, Ko Kimura and more
Live : Dachambo, Kaoru Inoue, O.N.O and more
| UPCOMING EVENT | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2010/08/06(FRI) ene presents The Backwoods 1st Album "The Backwoods" Release Party @ Eleven
DJ : The Backwoods aka DJ KENT
Guest DJ : 5ive
Live : Kaito Exclusive Live & DJ Set, 9dw

2010/08/09(MON) 月光 @ Grassroots
DJ : Hikaru, DJ Yogurt, Q

2010/08/13(FRI) HEY MR.MELODY vol.100 @ Bar MOVE
DJ : Altz, ミスターメロディー, Yakenohara, タカラダミチノブ

2010/08/14(SAT) Ostgut-Ton presents Sound of Berghain @ Eleven
DJ : Marcel Dettmann, DJ Nobu
Live : Shed

2010/08/21(SAT) SATURN -CLUB SEATA SUMMER PARTY- @ Club Seata
Live : The Sunpaulo, DJ Yougrt & Koyas
DJ : Hiroshi Kawanabe, KEIZOmachine!, W2+Buppa.9 a.k.a 4039, Anthony

2010/08/28(SAT) Raid @ Unit
DJ : Altz, DJ Kensei, DJ Nobu, Shinya
Live : Dachambo, Soft, Fran-key, Crystal & Roger, Rub-A-Dub Market, Green Green, ngoma, DJ Duct
| UPCOMING EVENT | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
The Backwoods - The Backwoods (ene:DQC-501)
The Backwoods - The Backwoods
Amazonで詳しく見る
 Amazonで詳しく見る(MP3)
サンプリングを巧みに操りファンキーなハウス/ディスコダブを制作するForce Of Nature。昨年はメンバーの一人であるKZAがソロアルバムをリリースしましたが、遂に残りのもう一人であるDJ KentがThe Backwoods名義でアルバムを完成させました。辺境の森林地と言う意味のThe Backwoodsを冠した本作では、森や山や海、野外レイヴなど自然の中での経験も影響したそうで、確かに野外向けと思われる開放感が持続するトラックが中心となっております。Force Of Natureの湿度の高い粘り気、黒くどぎついサイケデリア等の要素は以前より後退し、代わりに光り輝く多幸感が溢れており今まで以上にバレアリックな印象。ディスコダブやテックハウス、有機的なハウスからジャムバンドがセッションした様なファンキーな物まで色々な音を聴かせてくれますが、そのどれもがベテランらしからぬ初々しい新鮮さが先行しており、驚きにも似た意外性があります。またサンプリングを減らし生演奏も取り込んだおかげか、ラフだけれども生命力にも似た力強さを感じさせ、体の奥底から全身を揺さぶるグルーヴが水しぶきの様に弾け飛びます。これは音がどこまでも拡がって行く野外で聴いたら、絶対気持良い事でしょう。

試聴

Check "The Backwoods"
| HOUSE5 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |