CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Alton Miller - All Things Good EP (Waella's Choice:WACH003)
Alton Miller - All Things Good EP
Amazonで詳しく見る(MP3)

2016〜17年にかけては自身のInner Muse Recordingsから過去の名作の復刻に勤しんでいたデトロイト・ハウスの古参であるAlton Millerだが、その一方で新作も精力的に制作してSound SignatureやNeroliにSistrum Recordings等名立たるレーベルから作品を送り出すなど、その控え目な知名度とは対照的に確かな実力を持つ堅実なアーティストだ。そんな彼による新作はロンドンの新興レーベルであるWaellas Choiceからで、元々柔らかくジャジーでソウルな雰囲気を持つハウス・ミュージックを得意とするMillerではあるものの、本作ではロンドンのレーベルからと言う事もあってか西ロンのブロークン・ビーツにも接近したような音楽性がやや強くなっているように思われる。タイトル曲と受け取れる"All The Good Things"は軽いパーカッションも弾ける心地好い4つ打ちのベーシックなハウスではあるが、控え目に情緒を発する優美なシンセやパッドの使い方で非常に洗練された雰囲気を持っており、無理に熱くなるのではなく自然な展開でじんわりと盛り上がっていく展開に、Millerの堅実な音楽性が現れている。"In The D"は更に軽快で爽やかなパーカッションを使った生っぽいハウスで、フュージョン風な流麗なシンセワークを前面に出して、ざっくりとしたビート感ながらも上品なソウルで纏めている。よりファンクやブロークン・ビーツとしての性質が強いのは"Beneath The Sun"で、崩れた変則ビートを刻みながら抜けの良いパーカッションが軽やかに弾け、内向的なシンセのコード展開に被せるように光沢感あるキーボードがファンキーにうねり、うっとりした情感ながらも躍動的なグルーヴが走っている。そして最もソウルフルな感情を打ち出したのはNikki Oをフィーチャーしたボーカル・ハウスの"The Storm"で、スポークンワード風に始まり温かく包み込むような歌へと変わっていくボーカルとヴィブラフォンらしき柔らかい音色や華麗なシンセが滑らかに展開する事で、実に心温まる優しいハウスになっている。何か心に圧倒的な印象を残す個性的な音楽というわけではないのだが、その普遍的で流行に全く影響されないクラシカルなハウスという点では信頼を寄せる事が出来る作曲家であり、リスナーとしても安心して聞く事が出来る。ならばやはりそろそろニューアルバムを期待せずにはいられないのだ。



Check Alton Miller
| HOUSE13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Crue-L Cafe II (Crue-l Records:KYTHMAK 155DA)
Crue-L Cafe II
Amazonで詳しく見る(日本盤)

事情は分からないが、2010年代に入ってから活発に活動を行っていたCrue-l Recordsが、ここ2年は全く新作をリリースする事なく沈黙を保っている。レーベルの公式HPにはもうずっと変わらずに、新作リリースのスケジュールが記載があるにもかかわらずだ。そんな空白を埋めるように丁度リリースされたのが、『Crue-L Cafe』(過去レビュー)以来3年ぶりとなる続編的な名義のレーベルコンピレーションである本作だ。Crue-lはご存知の通り瀧見憲司が主宰するインディー・レーベルで、初期の東京の空気を目一杯吸い込んだネオアコ〜渋谷系と呼ばれた時代から近年のバレアリックなダンス・ミュージックとして定着するまでの長い時間をかけて、混沌としたジャンルの坩堝の中からエレガントな要素を掘り起こす審美眼によって素晴らしい音楽をリリースし続けていた。その音楽性は幅広く、そしてレーベル・カタログに名を連ねるアーティストもある意味では無秩序であり、それは本作に曲を提供したアーティストの幅の広さからも分かるだろう。ポップ・ソングのプロデューサーを務める神田朋樹、テクノ・シーンで頭角を現すCrystal、Crue-lに見出されたチルウェイヴ系のThe Beauty、100% SILKでも活躍するモダン・ハウスのMagic Touch、更にはリミキサーにウクライナを代表するアーティストでもあるVakulaやデトロイトからTheo Parrishまで、そこに名前だけ見れば統一感を探しだすのは難しい。しかし実際に作品を聴いてみれば確かにCrue-lらしい自堕落なダンス・ミュージックの快楽性から生まれる多幸感と、そしてトリップ感やサイケデリック感に惑わされながらも決して下品にはならずに上質なエレガンスがあり、Crue-lというフィルターを通す事によりそれらがレーベルとしての共通項になっているように思われる。さて、本作は収録曲全てが初CD化、または未発表曲(本来は既に発売済みだったはずのEP等の曲)から構成されており、レーベルに詳しくなくても手に取る価値のある内容だ。何といっても注目なのは店舗では販売されなかった200枚限定の"(You are) More Than Paradise (Theo Parrish Translation Long Version 2)"だろうか、17分にも及ぶ華麗でファンキーなビートダウン・ハウスへと生まれ変わった本作は、その余りにも強烈な個性が故にDJとして使うのは難しいだろうが曲自体は文句無しの素晴らしさだ。原曲よりも更に無骨さとトリップ感を増して白色光に包まれる多幸感の真っ只中にある"Heavenly Overtone (Vakula Remix)"、ミニマルな展開へとエディットしながら後半にサイケ感が爆発するダウンテンポの”Everybody Wants To Rule The World (Hikaru& Miyashita's Naha City Free Feel 2 Edit)”など、こういった全く方向性の異なる作風があるのも面白い。そう、Crue-lにはジャンルの壁など無く時代のダンス・ミュージックの流行に左右されずに、彼等自身が信じる音楽性を一心に追い求めているレーベルなのだろう。

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE11 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Yo & Ko - Edit & Mix (Kopyright Liberation Front:MIXCD001)
Yo & Ko - Edit & Mix

近年のクラブシーンで注目を集めている二人組の某人気ユニットが、今までに自分たちがプレイする為に手掛けてきたエディット曲を使用して、ポップでダンサンブルなMIXCDをリリースしました。ホワイト盤としてリリースされたThe La'sやThe Stone Roses、Akron/Family、The Doobie Brothers等のエディットは勿論、まだリリースはされていないものの某DJも以前からクラブでプレイしまくっているThe Cure、Prefab Sprout、The Boo RadleysなどUKロックものから、USロックのKing HarvestやMGMT、ヘヴィー・メタルのBlack Sabbathの異色作まで収録されており、彼等が影響を受けた音楽性も伝わってくる興味深い内容です。基本はロックネタが多いもののクラブに根付いた活動をしている彼等の手腕が存分に発揮され、元ネタの味を全く損なわずにハウシーな4つ打ちのグルーヴを前面に打ち出してフロアで使い易いエディットが施され、そして笑顔の広がるポジティブな感情が満ちたウキウキ気分爽快なMIXCDです。元ネタに知り合うワクワク感があり、アーティストの音楽歴の理解も出来て、そして彼等の音楽愛に満ちたエディットをお腹いっぱいに堪能できる本作は、ロックファンとダンスミュージックファンの両者にとって楽しめる物だと思います。

試聴

Check "DJ Yogurt" & "Koyas"
| HOUSE6 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
BEST OF 2010
今年も一年間当ブログを御覧頂いた読者の皆様、どうもありがとうございました。世間では音楽が売れないだとか、アナログ文化の衰退だとか音楽業界の悲鳴が聞こえてきておりますが、決して音楽自体がつまらない物になった訳ではないと思います。ようは今までは金かけて宣伝していた物が売れていただけで、今はそのシステムが通用しなくなったので心底なファンしか買わなくなっただけなのでしょう。そんな時代だからこそ、自分の耳を信じて意識的に聴く事を、興味と探究心を持って新しい音楽を探す事を行い、受身でなく積極的に自ずから音楽を聴くようなリスナーが増えればなと思います。さてそれでは毎年恒例の年間ベストと共に、来年も良いお年を!
続きを読む >>
| BEST | 11:30 | comments(4) | trackbacks(1) | |
2010/10/10 MADCHESTER NIGHT 2010 @ SEATA
イギリスにおいて90年前後に爆発したムーブメント、それがマッドチェスター。ダンスとロックの邂逅によるインディーダンス、アシッドハウスによるトリップ、危険なエクスタシーの誘惑はクラブ・ハシエンダでの狂乱を呼び起こし、ロック野郎共さえもダンスの道に引き込んでしまった。今回はマッドチェスターの時代を体験したDJ Yoda、Kenji Takimi、DJ Yogurtの3人がそんな時代を再現した。

内容に関してはもうツボに入りまくりの選曲で、Primal Scream、My Bloody Valentine、The Stone Roses、New Order、The Charlatans、James、The La's、KLF、The Boo Radleys、Rideなどのロックミュージックのダンスリミックスを中心とした踊れてロッキンなプレイ。つまりはロックとダンスが交差して個人的には一番ロックが楽しかった時代を思い出させる内容で、今となってはちょっとダサさも漂うインディーダンスを懐かしくも思いつつ腰にグイグイくるグルーヴでしっかりと踊らせて頂きました。予想していたアシッドハウスやアンビエントハウスは殆どかからなかったはずで、踊れるロックと言うコンセプトでプレイしたのかもしれないですね。残念ながら朝方4時頃にクラブを出てしまったのでDJ Yodaのプレイは聴けなかったのですが、その後にもBlurやMassive AttackもプレイされUKロック満載な一夜だった様です。一年に一度のパーティーだそうですが、たまにはこんな時代を感じさせるコテコテなパーティーは懐かしさもあって楽しいものです。また来年も是非!
| EVENT REPORT3 | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
The La's - Callin' All (Polydor:5326495)
The Las - Callin All
Amazonで詳しく見る

80年後半から90年と言う短い期間にオリジナルアルバム(過去レビュー)を一枚リリースしただけの活動ながらも、多くの賞賛を浴びたギターポップバンド・The La's。タイムレスなポップなメロディーと実に単純なアコースティックサウンドだけで聴く者を魅了した素晴らしいバンドですが、実はアルバムに関しては過剰にプロデュースされたと本人達は余り気に入っていなかった様です。本人達としては荒くて粗雑だとしても、もっと生々しくライブの様な音を表現したかったとか。そんな彼等の思いに応えたのが、4枚組の本作。デモトラックやリハーサル音源、ライブ音源などこれまで世に出る事の無かった未発表音源全92曲を収録。曲はかなり被っているし、ラフな演奏に録音でお世辞にも綺麗な音とは言えず、これに価値を見出す人は本当に極少数だとは思いますが、それでもこれこそがThe La'sが求めていた剥き出しの音と言う物は感じられます。そしてやはりThe La'sのポップなセンスは超一流、シンプルな歌が何故に心をこうも震わすのか。ただただ素直に良い曲だなと20年経った今でも思います。60ページにも及ぶブックレットには、当時のライブ写真やフライヤー、EPの素敵なジャケットなどが収録されていて、ファンには堪らない内容となっております。

試聴

Check "The La's"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| ETC3 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2010/04/09 The Oath @ Oath
青山大学の隣にあるクラブと言うかBarみたいなOath。エントランスフリー、ドリンクも500円と良心的な営業を行いつつも、音楽もしっかり楽しめるのが売り。今回は"The Oath"と言う正にその場所を代表するパーティーを続ける池田正典のパーティーに遊びに行きました。ゲストはDommuneの興奮も冷め止まぬDJ Yogurt。
続きを読む >>
| EVENT REPORT2 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2010/03/21 Spinning @ 渋谷 Bar&Cafe特異点
レギュラーパーティー化する予定の"Spinning"、無事終了致しました。お越しくださった皆様、どうもありがとうございました。そしてパーティーを知らずに飲みに来たお客さんの一人が、実は自分も読んでいるブログの管理人だったり、世界は狭いな〜とびっくり。

DJの平均年齢が30歳を越すロートルなパーティでしたが、各人の好みが出た音楽を十分に堪能出来ました。一番手のShooterさんはメタル〜ヒップホップ〜ポップ〜ダブステップなど、彼がブログで紹介している音楽を色々とプレイ。次のTakeshtさんはジャズっぽいのにデトロイト系の音も混ぜて洗練された音楽。beatjunkieさんはニューウェーブに2000年前後のハードテクノを織り込んでがっつんがっつんとハードに。

beatjunkieさんが盛り上げてくれて、自分は最後にプレイ。折角だし新曲を多めにやろうと言う意識が強すぎたのか、う〜んあまり良い流れを作れなかったよ…。緊張と酔いの為か、ミックスも全然合わせられなかったな。

何はともあれ自分の好きな音楽をプレイ出来る機会があり、程々に満足出来ました。また次回開催出来るように努めますので、皆様どうぞ宜しくお願いします。

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| EVENT REPORT2 | 11:30 | comments(7) | trackbacks(2) | |
The La's - There She Goes (Yo&Ko's Super Long Edits) (Unknown:YOKO001)
The La's - There She Goes (Yo & Ko's Super Long Edits)

昨年からクラブで何度も耳にしていたThe La'sの大傑作"There She Goes"のエディットがようやくリリース。The La'sはビートルズと同じくリバプール出身のギターポップバンドなんだけど、オリジナルアルバム(過去レビュー)を一枚だけリリースして解散しまった伝説のバンドです。彼等の楽曲はどれも美しいハーモニーやコード展開を持ったポップでメロウな物ばかりですが、特に"There She Goes"はUK国歌と言っても差し支えない位の素晴らしい楽曲です。それを噂のYo&Koなるユニットがクラブでも聴くに耐えうるエディットを施したのが本作。原曲は3分にも満たずあっと言う間に幸せの時間が終わってしまう美しくも儚い構成ですが、それを長く長く幸せよ終わらないでと引き延ばしてしまいました。特にお勧めはB面のInstrumental Editで、歌の代わりにキラキラと多幸感に満ちたシンセを被せてサビを何度も何度も繰り返し、原曲の和んだ牧歌的な雰囲気よりも体が自然と踊り出すアグレッシヴさを前面に出しております。勿論美しいアコースティックギターの響きも健在で、原曲への愛がとっても感じられるのではないでしょうか。お勧めです。

試聴

Check "The La's"
| HOUSE5 | 10:30 | comments(2) | trackbacks(0) | |
2009/12/25 So Very Show! @ Womb & electronicpub X’mas & year-end gathering @ Seco Bar
世の中はクリスマスだとかで賑わっておりますが、特に自分はカンケーないので週末は普段通りにクラビング。今回はBorder Communityを代表するNathan Fakeのライブがお目当て。クリスマスだからみんなハッピーライフ送ってクラブには来ないかなと思ったけど、想像以上に色んな人が遊びに来て混んでいたのでちょっと疲れてしまったよ。
続きを読む >>
| EVENT REPORT2 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
The La's - BBC In Session (Go! Discs:984 185-0)
The La's - BBC In Session
Amazonで詳しく見る

朝通勤中にお腹が痛くなり途中の駅で降り、トイレに向かう。しかしトイレが近くなっても緊張を緩めてはいけない、孔明の罠だ。トイレに着くと大概、大の方のトイレは並んでいるからだ。自分はその心構えがあったので助かった、備えあれば憂いなし。つか駅のトイレ混み過ぎだよ!

英国ブリットポップ史に永遠と名を残すであろうThe La'sのライブ盤。1stアルバムにしてラストアルバムでもある"The La's"(過去レビュー)は、プロデューサーによって過剰に整頓された事によりリーダーのLee Maversがぶち切れて駄作だと公言しているんだけど、それとは反対に世間一般の評価はとっても高い名盤です。しかしもしかしたらLee Maversが望んでいた音とは?その答えが1stアルバム発表前までに行われたライブにあります。とにかく剥き出しの音、処理の施されていないざらつきさえ感じさせる生の音がしっかり聞こえて、シンプルな構成が故に朗らかなメロディーが引き立っているのが分かります。単純明快、無駄は注ぎ足さない、本当に良い歌物ギターポップ。しかし簡単なようでこんなにも真っ向勝負するのは、実力が無いと難しい。Lee Maversはやはり天才です。



Check "The La's"
| ETC3 | 09:30 | comments(6) | trackbacks(0) | |
2009/09/19 FREEDOM SUNSET @ 江ノ島展望台
Freedom Sunset1
ヨーグルトさん、友達と記念撮影〜

シルバーウィーク一発目の音楽イベント、フリーダムサンセットに行ってきた。前々からやっているのは知っていたんだけど、今回は初参加。江ノ島展望台と言う景観の良い場所でやるってだけでドキドキもん。今回のお目当てはDJ Yogurtともうすぐ新作のでるKaitoのライブ。どちらも自分の大好きなアーティストだけにそりゃ期待するってもんです。
続きを読む >>
| EVENT REPORT2 | 20:45 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Metro Area - Fabric 43 (Fabric:fabric85)
Metro Area-Fabric 43
Amazonで詳しく見る

先日ディスコティックなアルバムをリリースしたMorgan Geistと、Darshan Jesraniから成るディスコでポップなユニット・Metro Areaが、Fabricシリーズに参戦。と言う事なれば特に説明が無くともだいたいの想像がつく、イタロディスコ、シンセポップ、ニューウェーブな曲のオンパレード。自分はここら辺の音楽に造詣は深くないのでちょっと戸惑いを隠せませんが(なら買うなよって話ですが…)、クレジットを見る限りだと80年前後の曲が中心みたいですね(Ministry、Devo位しか分からん)。まー古臭いのは言わないでも分かるでしょうが、ドタドタとした垢抜けない4つ打ちやらレトロなキラキラ未来感やら、ブリブリっとしたベースラインなど本当に懐かしさを漂わせるミックスCDですよ。どちらかと言うと先進性が強いFabricシリーズの中では逆に先祖帰りで古典的な内容ですが、無意識に空気を和ませてくれるポップな感じはグッドオールドデイズってな懐かしさを誘いこれは悪くない。ハウスパーティーの朝方なんかのまったりとした感傷的な時間に近いイメージかな。DJ Harvey、Lindstrom、Prins Thomas、Chicken Lips辺りが好きな人には、マジで恋する5秒前でしょう。

試聴

Check "Metro Area"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE4 | 09:00 | comments(2) | trackbacks(1) | |
2005/08/15 The La's @ Shibuya AX
おぅおぅおぅ、久しぶりのロックのライブ行ってきましたよ〜。僕の中でロックと言うと90年代前半のUKロックが一番面白かったのです。そこでですよ、15年ぶりくらいに復活したThe La'sのライブに行ってきた訳ですよ。でさ、会場に入って音の一番良いPA前辺りに待機してたんですけどねぇ、PAの中にOASISのリアムギャラガーが居るじゃねえか?暗いから良く分からないけど周りは取り敢えずリアムだって騒いでおりました。まあ確実にOASISもThe La'sの影響は受けてるでしょうね、どちらもトラディショナルな音だし。
さて時間も程よくなってThe La'sのお出まし。
続きを読む >>
| EVENT REPORT1 | 22:50 | comments(3) | trackbacks(0) | |
The La's (Go!Discs:828 202-2)
The Las
Amazonで詳しく見る

ビートルズと同じくリバプール出身のThe La's。数多くの賛辞を受けたにも関わらず、アルバムを一枚だけ出してそのまま解散。ビートルズ直系のポップなメロディーとクラシックなサウンドはもはや生で聴く事は不可能と思われていた。しかし今年になって突如再結成、そして8月15日には来日ライブが行われる事になった。約15年の空白の時間を経て再度奏でる音は一体どんなものなのか?想像するだけでも不安と期待の混じった気持ちになるのだが、この伝説のオリジナルアルバムは今でも永遠不滅の輝きを持ち合わせている。まずはともあれ必ず話題になるのが、イギリス国民が今でも口ずさめると噂の「There She Goes」。このシングル一曲のおかげでメインライターのリーメイバースは、今でも印税生活をしていると噂になっている位。それ位イギリスのCMでは今でもこの曲が良く流れるとか?誰でも口ずさめる簡単な展開に、愛着の湧くメロディー、爽やかな音。何も足さない、何も引かない、シンプルであるがままの音楽がここにある。それはこの曲だけに関わらずアルバム全体を通しても言える事で、普遍的な音が詰まっており時間が経っても決して色褪せる事は無い。流行の音楽とは全く対極のシンプルが故の強さを秘めている。あとはライブを体験するのみ…吉と出るか凶と出るか。
| ETC1 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |