Michael Mayer - DJ-KiCKS (Studio !K7:K7348CD)
Michael Mayer - DJ-KiCKS
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
クラブに行かなくても、そしてCDすら買わなくても、最早オンラインでパーティーでのプレイを録音したDJMIXが無料で聞けてしまう時代に、敢えてお金を取ってMIXCDを販売する意味を見つけるのは難しい(勿論音が良いとか、良く練られているとかはあるだろうが)。だからこそ逆説的にクラブの雰囲気ではなくパーソナルな感情を綴ったようなDJMIXとして成功したのが、このStudio !K7が送る『DJ-KiCKS』シリーズだ。1995年に開始して20年以上60作を超えるこのシリーズは、浮き沈みの激しいダンス・ミュージックの業界に於いては最早ど定番と呼んでも差し支えないが、その一方でクラブのハイエナジーな雰囲気を再現しただけのMIXCDとも異なる点で独自性を確立させていた。本作はKompaktの主宰者の一人であるMichael Mayerによるもので、普段はテック・ハウスを軸にミニマルなグルーヴ感でポップやニューウェーブの雰囲気を含むプレイをする記憶があるが、ここでは本人も「できるだけパーソナルな内容にしたかった」と述べている通り一般的な真夜中のダンス・パーティーで聞けるプレイよりもリラックスした緩やかさと程良い甘さがあり、そして丁寧に各曲の魅力を伝える事に専念するかのように1曲を長くプレイしている。幕開けはアバンギャルドなトロンボーン楽曲の"The Tape Is Chill"で夢現の朧気な雰囲気で、そこに自身の新曲であるパーカッシブなハウスの"The Horn Conspiracy"を繋げてビートが動き出す。ギラついて毒っ気もあるニューディスコ調の"The Darkness (I:Cube Remix)"からジャーマン・プログレのダンス版みたいな"Feuerland"の流れは、Kompaktらしいユーモアとポップさもあるのはやはり頭領だけの事はあるか。中盤でのロックでニューウェーブ調の"Gary"で俗世的に攻めつつ、"Apart (Michael Mayer Remix)"や"Please Stay (Royksopp Remix)"等のメランコリーな歌物やポップなニューディスコによってしっとり感情が温まる後半の流れは盛り上がりどころで、そして"Hot On The Heels Of Love (Ratcliffe Remix)"によるエクスペリメンタルながらも叙情性ふんだんなダンス・トラックで多幸感はピークに達する。そしてビートが消失して落ち着きを取り戻す牧歌的な"Landscapes"から、再度力強くリズムを刻み出して感情を昂ぶらせる"Abandon Window (Moderat Remix)"でドラマティックなフィナーレを迎える。やや陰鬱さや内向的な要素もありながら、しかしポップでメランコリーに振れる展開もあり、普段のミニマル寄りのプレイと違っても確かにここにはうっとりと酔いしれてしまうような魅力があり、『DJ-KiCKS』として存在意義も感じられる好内容。夜の
ベッドルームでじっくり耳を傾けて聞くのにぴったりだ。



Check "Michael Mayer"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO13 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
2009/12/22 Guidance〜導き導かれる人生〜 @ CLUB AXXCIS
この日はAltzやEYE、DJ Yogurt、Hiroshi Kawanabeらが出演する豪華なパーティー・Guidanceがあったのですが、久しぶりの失敗を。まず夕食に旧友たちとタイメシ屋で散々飲んで、その時点でかなり酔っぱらう。その後クラブ友達が誕生日だったので、まずWOMBに行ってシャンパンボトルサービスを二人で一本開ける。COS/MESと言う日本のディスコティックなユニットのDJも聴いていたけれど、ズンドコでなかなか良かった。

そしてWOMBを30分位で出た後、ようやくGuidance〜導き導かれる人生〜へ。AXXCISと言うクラブは初めてだったけど、2〜4Fまで全ての階にフロアがあってでかい!!音もなかなか出ていたし、是非とも普段から良質なパーティーを開いてくれると嬉しいです。とまあ自分が着いた頃にはHiroshi Kawanabeがプレイ中でズンドコな4つ打ち中心だったと思うけど、友達と喋ったり飲んでいたりで記憶が無い。水タバコを体験出来る場所があったので吸ってみたのだけど、自分が吸ったのはコーヒーの香りがして美味しかった(が後で知ったら普通のタバコより危険らしい。が〜ん…)。

その後が不味かった…疲れて椅子に座ってたらいつの間にか寝てしまい、起きた頃にはAltzのライブをすっ飛ばすどころかDJ Yogurtのプレイも終盤に差し掛かっていて、一番期待していた二人をほぼ聞き逃す。DJ Yogurtはアッパーなプレイをすると言う予告通りでがんがん飛ばしてテクノを回していて格好良かったのに…でも余り聴けなかった。はぁぁぁぁぁ〜。DJ Yogurtの最後はThrobbing Gristleだったっけな?そんな感じで肩を落としつつ帰宅。
| EVENT REPORT2 | 17:30 | comments(1) | trackbacks(0) | |
Throbbing Gristle - 20 Jazz Funk Greats (The Grey Area:TG CD 4)
Throbbing Gristle-20 Jazz Funk Greats
Amazonで詳しく見る

クラブじゃないけれど朝帰り。渋谷の小さなバーで誰それが80〜90年代の素敵な曲を中心にDJをしていたので、流れでそのまま朝まで居たと言う訳です。規模は大きくなくともそこには温かさがあった、そう信じております。

Throbbing Gristle、通称・スログリ。もはやこんな音楽まで聴くようになると、自分でも大丈夫かなと感じるこの頃。スログリは1975年にイギリスで結成された元祖インダストリアルバンドで、その後のノイズミュージックやインダストリアルに多大なる影響を与えてもいるそうで。またテクノアーティストが彼等の曲をリミックスをしている通り、テクノへの影響も少なからずあるのでしょう。タイトルにジャズとかファンクなんて言葉が入っているけれど、そのまま解釈しても多分意味不明。グレイトなのは間違いないと思うけど。テープなどを使ってコラージュやノイズを散布させた超変異体的なサウンド、呪術っぽい不穏なボーカル(と言うか叫び)など、常人が聴いても特に面白くない神経質なエレクトロニックミュージックですよ。でもこのいかにも工業的で尖った金属音が、ズガンッと脳天へと振り落とされるその衝撃的な気持ち良さは、癖になる〜マゾだマゾ。意外とポップな曲もあるけれど、全体的にはとてもシニカルで前衛的なアルバムだわ。Carl Craigなどが参加したリミックスアルバム"Mutant TG"(過去レビュー)もお勧め。



Check "Throbbing Gristle"
| ETC2 | 07:00 | comments(13) | trackbacks(0) | |
TECHNO POP, UK NEW WAVE & NEO-ACOUSTIC
1月は円高を良い事に音源買い過ぎたわ、50枚位買ったか?amazonのJPとUSを利用するわ、Discogsでレアなレコードを買ったりして、聴けていないCDやレコードがかなり溜まっております。CD置く場所もまじで困ってるし金の消費がやばい事になってるし、こんなんで良いのか自分?ま、もし結婚したら今まで同じ様な買い方は出来なくなる訳だし、独身の身分を満喫したいと思います(その前に彼女が出来ねえYO)。さすがに今年で三十路なんでノーフューチャーな生活は辞めないととは思うが。

TECHNO POP
Amazonで詳しく見る


最近CDを買う時に参考にしている本があって、それが今日紹介する3冊。シリーズ化されていて色んなジャンルの本が出ているそうですが、自分にはやはりテクノポップ!クラフトワークとかYMOの大御所をはじめ、DEVOとかP-MODELとかプラスチックスも載ってるし、Tears for Fearsの様な電子AORみたいなバンドや、インダストリアルを開拓したThrobbing Gristleなども載っていて、ピコピコ音好きには堪らない内容です。こう言うレビュー本を読むと購買衝動が止まらなくなるので、普段は読んじゃいけないと思うだ。

UK NEW WAVE
Amazonで詳しく見る


で結構テクノポップともレビューが被っているのが、UKのニューウェーブ。こちらもテクノを聴く方には外せない訳で、と言うのも80年代のニューウェーブってエレクトロニクスを活用した音楽が多いんですよね。勿論それだけじゃなくてパンクとかダブとか色々なジャンルの音楽を吸収した前衛的な音が特徴で、既存の殻を破ろうとする勢いには目を見張るものがあります。最近のロックは聴かないけど、この頃のニューウェーブはまじで好きだわー。ただの親父的な意見ですまんでつ。

NEO-ACOUSTIC
Amazonで詳しく見る


で尖がった音ばかり聴いていると時々癒しの音を欲するので、そう言った時にはやはり生の音。ビールも生が美味い、レコードも生だから良い、セックルも…は明るい家族計画、音楽もアコースティックな柔らかい響きが体に優しく染み渡る訳ですよ。EBTGとかFelt、アズカメとかの定番は当然掲載されているし、自分の知らないアーティストがいっぱい紹介されていてついつい買いたくなってしまいました。ネオアコ以外にも青春一直線のギターポップも載っていて、甘酸っぱくて懐かしいエイティーンに戻りたい人には参考になりそうです。自分の高校生活は女の子に囲まれた毎日(生徒の7割位が女子の高校)だったのに、その頃はDQN(今もDQN)だったので全然環境を生かしてなかったけどね。

あーやばい、購買意欲がミュージックノンストップテクノポップだぜよ。
| ETC2 | 00:10 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Surgeon - This Is For You Shits (Warp Records:WARPCD151)
Surgeon-This Is For You Shits
今年も残り僅かになってきましたが、年内のレビューは今日で最後です。日頃このサイトをまたーりとご覧になって頂いている方、コメントして下さる方、どうもありがとうございました。見てくださる方がいると思えればこそ、ブログの更新が続く理由の一つかもしれません。偏見と極度に偏った音楽の好みで役に立たないレビューも相当数ありますが、来年もテクノ中心で聴く所存であります。

さて今年のトリを飾るのはミニマル、エレクトロハウス流行の中において全くシーンに目を向けずに独自の路線を突き進んでいるAnthony ChildことSurgeonのミックスCDです。以前にもMIXCDは出してるけれどその時は自身の作品だけを使用していたので、本作でようやくSurgeonの本領発揮と言う感じですかね。本作では自身のBritish Murder Boysも当然回しているんだけど、そこにAutechreやAphex Twinの金属的な音を発する曲も打ち込んで重機工場や製鉄所が頭に思い浮かぶ様な音を発しています。テクノを聴かない人に聴かせたら、一言"うるせえ"と一蹴されそうな位うるさいハードテクノのオンパレード。あ、でもハードだけどリズムは4つ打ち一辺倒じゃなくてつんのめり系も混じっていたり良い意味で展開に波があって聴きやすいと思います。音だけ聴けばハードでガチガチで派手っぽいけれど、サドスティックな音で統一されている所には彼のストイックさを感じます。ハードテクノ復活の鍵はSurgeonが握っていると思うから、来年以降もSurgeonには頑張って欲しいですな。

ちなみに限定1000枚でオンラインのみの販売なので、気になる方は早めに。送料含めて約1500円なり。クレジットカードが必要ですよー。
WARPMARTで注文はこちら

Check "Surgeon"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO5 | 11:25 | comments(0) | trackbacks(2) | |
Ken Ishii - Play Pause, And Play (Sublime Records:IDCS1016/1017)
Ken Ishii-Play Pause, And Play
Amazonで詳しく見る

先日のFuse-In @ ageHaでのケンイシイのプレイはどうでしたか?もう文句の付けようの無い素晴らしいプレイだったと思います。毎度の事ながらアグレッシブでバリエーションに富んだハードテクノで、それをいつのプレイでもテンションを保っている所が凄いですよね。実際、世界最高峰のDJ Awards 2004にて、Jeff MillsやCarl Cox、Sven Vathを抑えてベストテクノDJ賞を受賞した事が、現在の彼の実力を示していると思います。そんな彼の最近のプレイを丸ごと体験出来るのが、このMIXCD、しかもオンタイムとオフタイムの2枚組。オンタイムに関して言えば、確かに最近のDJプレイを丸ごと収録したかの如く、出だしのRenato Cohenの曲は実際のプレイでも最初に使いますよね。序盤はガツンガツンと硬めのトラックでハードにテンション挙げて、中盤は少し緩めてバリエーションを増やします。そして終盤ではメロディアスで派手目なトラックもばんばん使って、お決まりアンセム「Incident」でどかんっ!と来ます。しかしなんとなく先日出たばかりの「Ben Sims - Welcome To My World 」と似ていますねwでもKen Ishiiはハードだけれどもミニマル一辺倒じゃないので、テクノオタクじゃない人でもだいたい盛り上がれるプレイなんですよね。幅の広さが彼の人気の理由なんだと思います。その幅の広さをより生かしたのが、珍しいオフタイムセットの方。ざっくばらん過ぎだろうと突っ込みを入れたくなる程、色々な曲が入ってます。Anna Kaufen(Akufen)のドファンキーな隠れ名作トラックや、Jeff Millsのレアトラック、Isoleeのジャーマンディープハウス、Brian Enoのアンビエントまで、ゆっくりと耳を傾けて休みたくなる選曲です。これがKen Ishii曰く「ここ2、3年の自らの日常にもっとも近い作品」とコメントしていますが、こういった面があるからこそハードなDJ時にもバリエーションが生まれてくるのでしょうね。いや〜昔のインテリジェント期からは想像だに出来ない彼のプレイだけど、マジで凄いとしか言い様がないですね。テクノ好きは今すぐゲッチュ〜!

試聴

Check "Ken Ishii"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO2 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(3) | |
Optimo Presents Psyche Out (Eskimo Recordings:541416 501334)
Optimo Presents Psyche Out
Amazonで詳しく見る(UK盤)
 Amazonで詳しく見る(US盤)
ジャイアントインパクトッ!!年に数枚出るか出ないかの怪作、かつ傑作!現在の時点で年間ベスト3入りを断言する超絶MIXCDが出ました。こんなのが出るなんて知らなかっただよ。お店で暇だからなんとなく試聴したら、これがすんげぇ〜やべ〜と言うか、もう電撃走って即レジに持って行っちゃいましたよ。トラック見て貰えると分かるんだけど、HawkwindとかSilver Applesのサイケデリックロックに混ざって、Fast EddieとかMr.Fingersのアシッドハウス、Sweet ExorcistやThrobbing GristleのCarl Craig Re-Versionなどのエクスペリメンタルテクノ、果てはエレクトロディスコダブなど何でも使える物は使っちゃってるんだよね。ただこのMIXCDはビートで踊らせると言う事では無くて、本能に訴えかける麻薬的な魔力を持っているのです。はっきり言ってごちゃ混ぜ過ぎて踊れるとかそうゆう物じゃないんですよ。もう脳味噌の奥にずぶずぶと音が進入してきて、脳味噌をシェイクシェイク!ずぶずぶとダークワールドに引き込まれたら最後、抜け出る事は不可能。覚醒的なサイケデリック空間で、ヨダレをウヘウヘ垂らしながら聴く事になるでしょう。とにかく強烈すぎ!これは聴いてみないと分からない。今日このレビュー読んだ人はマジで買わないと損ですっっっ!!ストレートなテクノ求めてる人は、そうゆうの期待しちゃダメよ。

試聴

Tracklistは続きで。

Check "Optimo"
続きを読む >>
| ETC1 | 19:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Luke Slater - Fear And Loathing 2 (RESIST:RESISTCD7)
Luke Slater-Fear And Loathing 2
Amazonで詳しく見る
ふと思ったのだが、ここ連日緩めの作品を紹介してる事に気が付いた。いかんいかん、ハードな作品もたまには聴かないと!と思って買って放置してあったこのアルバムを聴いてみた。何というか2枚組だとなかなか通して聴く機会がないんだよね。それにMIXCDだから長いし。しかし何でこれはHMV先行発売なんだ?HMVでは去年から発売してるけど、Amazonでは2月にやっと発売になるみたいだ。どうでもいいけどさ…。

まずDISC2の方なんだけど、これはLukeの通常のスタイルのハードミニマル。これが何とも豪華でThe Advent、Killa Productions、Cave、Joris Voorn、Alter Ego、Hert等他にもまだまだハードテクノな方面で活躍している人ばかりのトラックが並んでいるね。Lukeのプレイも上手くて序盤は緩めのエレクトロで始まり、中盤から4つ打ちテクノに移行して徐々に盛り上げ、終盤ではトライバル気味にピークを持ってくる。ここでもJoris Voorn-Incidentが使われているけれど、この人の人気は当分続きそうだね。とにかく人気のあるアーティストが網羅されているので、最近のハード方面のテクノの傾向を知るにはもってこいの1枚だよ。

で今回の目玉はDISC1の方。ハードミニマルの人が何故かダウンテンポに挑戦しているよ。Marco BaileyやAdam Beyerも2枚組MIXCDを出して同じような事をしていたけど、やはりハードミニマルだけには飽きるのか、それとももっと自分の世界を広げたいのかは謎ですが。ノンビートの曲で始まり、BOLAのアンビエントも飛び出し序盤から驚きの展開。4曲目辺りからビートも入ってくるけど、とにかく緩い。Isolee辺りからはジャーマンディープハウスになって揺らめく様な怪しさがあるね。Playhouse辺りの音に近いかな。後半のAgoriaThrobbing Gristle(Carl Craig Re-Version)辺りでは妙にポップでイクセントリックになるが、このポジティブさにはダークな世界の中にやっと希望を見出したかとさえ思える。そのままクリックハウスに繋がれて、ダークで不穏な世界は静かに幕を閉じました。んーなんとも掴み所の無い1枚だったな。Lukeも随分奇妙な事に挑戦するなと思いつつ、ハードな後にはこんな緩いのも良いかもねとも思ったりした。ただ結局今の流行に乗って気分でこんなMIXをしただけだと思うので、何年後かにはこうゆうMIXCDも減ってくる様な気がしないでもないな。

試聴

Check "Luke Slater"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO1 | 13:51 | comments(0) | trackbacks(1) | |
Throbbing Gristle - Mutant TG (NovaMute:NoMu122CD)
Throbbing Gristle-Mutant TG
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤)
Throbbing Gristleと言う昔のバンドのリミックスアルバム。バンドについては余り詳しくは知らないので、気になる人は→の検索先へどうぞ「Throbbing Gristle」。リミキサーは、Carl Craig、Two Lone Swordsmen、Carter Tutti(Throbbing Gristleのメンバー)等。結局Carl Craigのリミックスが聴きたかっただけなのだが、やっぱ彼は凄い。一時期生音重視の方面に行ってしまったので寂しかったのですが、ここ1、2年は初期と同じ様でも違うエレクトリック路線で素晴らしいリミックス作品を残してきました。そして今回のリミックスは音数をかなり絞ってタイトに仕上げ、鋭いシンセがテケテケリードしてゆくストイックな作品。近未来的な音像が浮かび上がってきます。Two Lone Swordsmenはと言うと、エレクトロ+ロックって感じで最近のエレクトロクラッシュ路線なのかな。あんまりエレクトロクラッシュは好きではないけれど、Two Lone Swordsmenのパンク精神溢れる荒々しいリミックスは好きです。あとRatcliffeって言う人もリミックスをしてて、曲は意外と良かったのだけど誰だか全く分からない。調べた所、Basement Jaxxのメンバーだと言う事。ポップで甘く仕立て上げられ、アルバムに華を添えています。他にもノイジーなリミックスもあったり、色々楽しめるリミックスアルバムです。

試聴

Check "Throbbing Gristle"
| TECHNO1 | 21:00 | comments(1) | trackbacks(0) | |