CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Amp Fiddler - Amp Dog Knights (Mahogani Music:M.M 41 CD)
Amp Fiddler - Amp Dog Knights
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
先日来日ライブを行ったばかりと近年精力的な活動を見せるデトロイトのベテランであるAmp Fiddler。2018年にはデトロイトのファンクバンドであるWill Sessionsとの共作である『The One』で、バンド演奏を中心としたライブ感溢れるソウルやファンクを披露していたが、元々はPファンク軍団でもキーボードを担当していただけありDJではなくプレイヤーとしての面からの音楽性で評価されるアーティストだ。しかしその前作でもある2017年にMoodymann率いるMahogani Musicからのリリースとなった本作は、当然クラブ・ミュージック寄りの内容とはなるがファンクだけでなくハウスにR&Bやヒップ・ホップなど、つまりはデトロイトの黒人音楽が息衝く内容で、そこには前述のWill Sessionsをはじめとしてデトロイトに根ざしたAndresや故James YanceyことJ Dillaに注目株のWaajeed、本作で多くの曲でボーカルを担当するNeco Redd、そして勿論Moodymann自身も制作に加わるなど多くのゲストを招いて、ソロ作品ながらも様々な表現を見せている。オープニングはラジオ番組を再現したようなサンプリングから始まるざっくりグルーヴィーなヒップ・ホップで、スモーキーな音像は正にデトロイトのビートダウン様式と言えよう。続く"Return Of The Ghetto Fly"は過去の作品のリメイクとなるが、ここではJ Dillaのトラックも用いてヒップ・ホップのリズムとPファンクの熱いゴージャス感があるコーラスが混じる熱量と粘性の高い曲となり、濃厚なブラック・ミュージックを展開する。"It's Alright (Waajeed Earl Flynn Mix)"は先行EPをWaajeedがリミックスした曲だが、かなりロービートでヒップ・ホップ寄りだった原曲よりも優しさに満ちたシルキーな響きのR&Bとなり、艷やかな官能に魅了される。勿論Mahogani直系な紫煙が揺らぐスモーキーで訝しくもソウルフルなハウスの"Good Vibes"もあれば、Will Sessionsも参加して舐め回すようなどぎつさがあるPファンク全開な"Put Me In Your Pocket"もありと、多くのアーティストを起用する事で多彩な音楽性に繋がっている。アルバムの後半も盛り上がり所は多く、メロウなコーラスを用いてしっとりと聞かせるざっくりと湿っぽいヒップ・ホップ"It's Alright"から、囁き声の色っぽい歌でMoodymannをフィーチャーしてアルバム中最もアダルトかつセクシーなR&Bとして聞かせる"I Get Moody Sometime"、そして何とNYハウスの大御所であるLouie Vegaが期待通りに力強くハウスの4つ打ちを刻みながらもエレピやシンセが華麗に彩るリミックスをした"So Sweet (Louie Vega Remix)"と、ダンス/リスニングといった区分けも関係なくこれぞMahoganiの熱くソウルフルなブラック・ミュージック節が全編貫いている。やはりキーボード奏者でジャズやファンクをルーツにするだけあって構成能力に長けたアーティストとしてどれも耳に残る魅力があり、ハウス・ミュージックという区分だけで聞くにはもったいない名作だ。



Check Amp Fiddler
| HOUSE14 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Waajeed - From The Dirt (Dirt Tech Reck:DTR015)
Waajeed - From The Dirt

ヒップ・ホップやR&Bなどの音楽性をルーツに持ち、過去にはかのSlum Villageの制作にも加わった事もあるデトロイトのプロデューサー&ビートメイカーであるRobert O'BryantことWaajeed。しかし近年の活動はSound SignatureやPlanet Eからブラック・ミュージックを踏襲しながらもそれはハウス・ミュージックへと向かっており、特に自身で主宰するDirt Tech ReckからリリースしたEPはファンクやジャズも咀嚼したデトロイト・ハウスそのものになり、Waajeedの新たなる音楽性が開花された瞬間でもあった。そんな流れから完成したハウス・ミュージックに焦点を絞ったアルバムは、しかし勿論そこに様々な要素が秘められておりクロスオーヴァーな音楽性によって、豊潤な響きを奏でている。初っ端"From The Dirt"から驚きを隠さずにはいられないGalaxy 2 Galaxyスタイルのハイテック路線と呼ぶべきか、輝かしい未来を感じさせるピアノのコード展開と跳ねるようなリズム感によって飛翔しつつ、中盤からはコズミックなアシッド・ベースも大胆に躍動して、希望いっぱいに満たされるコズミック・ジャズだ。続く"After You Left"はガヤ声サンプリングやダークなベースを用いて訝しさを演出しており、その中に妖艶に伸びるシンセストリングスや繊細なエレピが黒光りするように美しく映えるデトロイト様式なディープ・ハウスだが、そこから一転AsanteとZo!をボーカルに起用した"Things About You"はストリングスが空高く輝きながら舞うハイテックなディスコ/ファンクで、デトロイトの逆境に立ち向かうポジティブなソウルに満ちている。そしてジャジーで官能的なピアノで惑わせられる艶のあるジャジー・ハウスな"Make It Happen"、どぎついアシッド・サウンドがうねり悪っぽさが滲み出るアシッド・ハウス調のロウなでダークな"Power In Numbers"、疾走感のある爽やかなテック・ハウスなトラックにIdeeyahのソウルフルな歌を載せた"I Ain't Safe"など、ハウス・ミュージックを軸にしながらそこに曲毎に異なる味付けをしているが、しかしどれにも共通するのはやはりポジティブな感情性だ。最後は先行EPでもあった"Strength (Radio Edit)"で、乾いたタム等を用い軽快に疾走するリズムを刻みそこに優雅なピアノのコードやコズミックなフレーズを絡ませながら、Ideeyahの歌が高らかに希望を歌い上げるようなハウス・ミュージックでアルバムを象徴する1曲だろう。まさかデトロイトから久しぶりにこんな希望のアルバムが、しかも元々ヒップ・ホップ方面のアーティストから出てくるとは予想も出来なかったが、こんなアルバムを待っていたというデトロイトオタクは決して少なくない筈だ。筆者にとっても2018年の年間ベストにも入れたかった一押しのアルバムである。



Check Waajeed
| HOUSE14 | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Waajeed ft. Ideeyah - Strength EP (Dirt Tech Reck:DTR14)
Waajeed ft. Ideeyah - Strength EP

かのJ Dillaもメンバーであったデトロイトのヒップ・ホップ集団であるSlum Villageの元メンバー、そんな肩書きを持つRobert O'BryantことWaajeedはヒップ・ホップを嗜む人にとっては知っていて当然の存在なのだろうが、そうでない当方にとっては馴染みは薄い。しかし近年Sound SignatureやPlanet Eといったデトロイトの大御所レーベルからのリリースやAmp Fiddlerへのリミックスの提供もあり、ハウス・ミュージックの方面からも目に付くようになっていたが、自身が主宰するDirt Tech Reckからのこの作品を聞いてWaajeedはハウスへと傾倒している事を確信している。本作はリリースされたばかりの『From The Dirt LP』の先行EPだが、特筆すべきは同じデトロイトから新世代として頭角を現しているJay DanielやUR一派のJon Dixonをリミキサーに起用している事で、もしWaajeedを知らない人にも興味を抱かせるような人選となっている。勿論オリジナルの曲もソウルフルなハウスとして素晴らしく、Ideeyahの優しく包容するような感情豊かな歌、そしてカラッと乾いたパーカッションが爽快に響き優美なピアノのコード展開やコズミックな電子音が飛び交う"Strength (Original Mix)は、じんわりと低温状態から温まっていくような渋い流れがある。そしてWaajeedによるもう一つのバージョンである"Strength (Waajeed’s String Mix)"は同様に抜けの良いパーカッションが爽快に弾けながらより強い4つ打ちで疾走し、エモーショナルなシンセストリングスが躍動的に展開するややゴージャスな作風で、デトロイト・ハウスのポジティブな方面に属す希望を高らかに歌い上げる曲だ。面白いリミックスとなったのは"Strength (Jay Daniel Remix)"で、エッジの効いた硬いヒップ・ホップのリズムへと塗り替えつつそこにデトロイトらしい叙情性のあるパッドを配し、フュージョン風な煌めくシンセの旋律で豊かな味付けを加えている。最もデトロイト・ハウスらしい雰囲気があるのは"Strength (Jon Dixon Remix)"で、オリジナルの作風を大きくいじる事はせずにリズムをややかっちりと硬く強調し、そしてドラマティックな展開を生むデトロイトよろしくなシンセストリングスを用いて壮大にポジティブな光で包み込んでいく作風は、正にUR一派らしいHi-tech Jazzの延長線上といった作風だ。デトロイト好きにとっては堪らないリミキサーの起用でそれぞれが期待通りのリミックスを披露しているが、オリジナルの2曲もアルバムへの布石という点で十分に聴き応えがあり、Waajeedのハウス・ミュージックの方面での評価を上げる事は間違いないだろう。



Check Waajeed
| HOUSE13 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Amp Fiddler - So Sweet (Mahogani Music:M.M. 40)
Amp Fiddler - So Sweet
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)

2016年の暮れには『Motor City Booty』(過去レビュー)をリリースし、デトロイトの熱きソウルを表現したAmp Fiddler。元々P-Funk軍団の演奏者でもありアーティストとしての経験に裏打ちされた音楽は、ハウス・ミュージックを軸にファンクやディスコにソウルといった要素も混在化しており、感情的・情熱的な熱く猛るソウルが込められている。曲によってはもう完全にPファンクまんまな物もあり、デトロイト勢の中でもルーツへと先祖返りを強く見せるアーティストだ。そして新作はMoodymann率いるMahogani Musicからとなるが、実は過去にもAmp Dog Knight名義で同レーベルから作品をリリースしており、この帰還には期待せずにはいられないだろう。新作は今後リリース予定のアルバム『Amp Dog Knights』からの先行シングルの位置付けだがオリジナル楽曲は収録されずに、Masters At WorkのLouie VegaとデトロイトのアーティストであるWaajeedによるリミックスを収録している。10分にも及ぶ大作の"So Sweet (Louie Vega Remix)"は完全にLouie Vegaの作品と呼んでも差し支えない程にソウルフルな作風に染まっており、優美なエレピの旋律と渋い男性ボーカルと情熱的な女性ボーカルの掛け合いに耳を奪われるハウス・ミュージック。デトロイトではなくNYスタイルへと生まれ変わり、スムースで流れるような4つ打ちと流麗なキーボード使いによってクラシカルな作風に添いつつ、終盤に現れるブリブリとしたシンセソロがファンキーさを演出するぐうの音も出ないリミックスだ。"It's Alright (Waajeed Conant Garden Mix)"は原曲のヒップ・ホップなテイストのあるPファンク尊重しながらもよりスモーキーによりメロウに、粘着性の高いヒップ・ホップにする事でMahogani Musicらしいドープな音楽性が強くなっている。またこのインストメンタルバージョンも収録されているが、やはりAmp Fiddlerの甘く囁くようなボーカルが聞けるバージョンの方が映えているように思われる。アルバム前の先行EPがリミックスのみ収録と焦らされるような作品だが、逆にこの後のアルバム自体への期待も高まる素晴らしいリミックス作品だ。



Check "Amp Fiddler"
| HOUSE13 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Sound Signature Presents These Songs That Should’ve Been Out On Wax By Now - Part One / Two (Sound Signature:SSCD 09)
Sound Signature Presents These Songs That Should’ve Been Out On Wax By Now - Part One Sound Signature Presents These Songs That Should’ve Been Out On Wax By Now - Part Two

今も尚デトロイト・ハウスを引率し続ける鬼才・Theo ParrishによるSound Signatureは、近年は自身以外の作品も積極的にリリースするようになり、そのブラックネス溢れる音楽性をより豊かに実らせている。そして本作はそんな流れを含むレーベルコンピレーションであり、タイトルが示すように本来はレコードでリリースされる事を望んでいたであろう作品集だ(CDから後にアナログカットが始まっている)。曲を提供しているのはTheoを筆頭にHanna aka Warren HarrisやAlton MillerにMarcellus PittmanやKai Alceといったハウス側のベテラン、そして新世代を代表するKyle Hall、TheoによるバンドのThe Rotating AssemblyからJohn Douglasといった演奏者、過去にSound Signatureからもリリース歴のあるDuminie DeporresやAndrew Ashong、デトロイトのソウル・シンガーであるMaurissa Rose、Theoと共演したTony Allenら、Theoと関連性のあるアーティストが集まっておりレーベルの作品集として正しくあるべき姿での内容だろう。ただし参加アーティストは公表されているものの誰がどの曲を手掛けたかは記載されていないが、それこそただ音楽を感じ楽しめばよいというような意志の現れなのだろう。アルバムは恋焦がれるような熱い女性ボーカルとピアノ演奏によるソウル・トラックの”Somewhere Inbetween"で始まり、錆び付いたロウ・ビートと黒光りする官能的なピアノによるサイケデリック・ジャズな"Whachawannado (Instrumental)"、鈍く響く歪なビートがミニマルに展開し闇の中から色気も滲み出てくるTheo作の"Faucet"など、Part Oneからして間違いなくSound Signatureのレーベル性に違わない音楽性だ。また"Pure Plastic"は透明感のある優美なコード展開と軽快でジャジーなグルーヴが心地良く、Millerによる"Bring Me Down"もスムースな4つ打ちとソウルフルなボーカルにうっとりさせられ、時代に左右されないクラシカルなハウスも収録されている。Tony Allenが参加した"Wayshimoovs Rx"はやはりというか艶かしいアフロ・ビートが息衝いており、Theoのブラックネスをより濃厚にする個性を付加している。最後は2015年にEPでリリース済みのThe Unitによる"Ain't No Need (Live - Version 2)"で、原曲の優しさで包み込むディスコ感を損なわずに、肩の力が抜けたセッションをするジャズ・ファンクへと生まれ変わらせ、ルーツへの意識も忘れない。ハウスを軸にソウルやファンク、ジャズやヒップ・ホップなど黒人音楽を咀嚼し、メランコリーからサイケデリアまで表現するSound Signatureの作品集は、当然の如くそれらにはどれもTheoの濃密な黒さが投影されており、単なるダンス・ミュージックではないレーベルの強い個性を主張している。





Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE12 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
DJ JIN × JAZZY SPORT - THE MIX (Jazzy Sport:JSPCDK-1003)
DJ JIN × JAZZY SPORT-THE MIX
Amazonで詳しく見る

久しぶりにヒップホップのMIXCDでもどうぞ。ヒップホップをそんなに聴かない自分でもこれならイケル、日本が誇るヒップホップの枠を超えたインディーレーベル・JAZZY SPORTの音源をDJ JINが巧みに調理したメロウでジャジーなMIXCDです。一言、メロウと言ってしまえばそれで終わりかもしれないけれど、でもやはり最初から最後までメロウな空気で満たされた本作を聴いていると、どうしたって切なくなってしまう。威圧感のある攻撃的なヒップホップは入ってないよ。ざっくりざくざくとしたラフなグルーヴがあるトラックがゆるりと紡がれて、緊張ではなく良い意味での弛緩したムードに包まれている。そして時にファンキーだったりコズミックだったりやはり黒い音を感じさせくれる。しかし暑苦しくは無い、微熱を帯びる程度の心地良い肌の暖かさが心に染み入る。もっぱら最近は家では緩い音楽しか聴いていないので、これも今の僕のモードにしっくりはまっております。メロウなヒップホップ好きな人は是非是非聴いてみてちょ。



Check "DJ JIN"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| ETC3 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
DJ Mitsu The Beats - Re-New Awakening 02 (Planetgroove:PGCD-K1005)
DJ Mitsu The Beats-Re-New Awakening 02
Amazonで詳しく見る
 Amazonで詳しく見る(MP3)
三夜連続でDJ Mitsu The Beats関連の紹介ですが、そろそろ飽きると思うので今日で終わりです。本作は"New Awakening"のリミックス集二枚目。と言っても一枚目に参加してるWaajeed、Phil Asher、Delaはこっちにも被って参加しております。他にはDJ Kiyo、Kid Sublime、Agent K、Grooveman Spot、Rich Medina、そしてDJ Mitsu The Beats自身がリミックスを提供しています。やはり一枚目と一緒で参加してるアーティストに関して全く知識を持っていないので、紹介の仕様がないですね、ごめんなさい。気に入ったのはPhil Asherのリミックスなんだけど、一枚目に提供した"AWAY"を今度はハウスリミックスしているんです。これが非常にノリノリでグルーヴィーなハウスでありながら、派手な方向に向かう事なく西ロンらしいエレガントな作風に仕上げていて素晴らしいですね。他のアーティストは大半が渋いタイトなヒップホップに仕上げていますが、特にKid Sublimeのリミックスは上下に跳ねるリズムに躍動感があって、他のリミックスとは一線を画す印象を受けました。本作もオリジナルからそんなに外れたリミックスは少ないので、どうせ聴くなら一枚目のリミックスと揃えて聴いて欲しいと思います。

試聴

Check "DJ Mitsu The Beats"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
DJ Mitsu The Beats - Re-New Awakening 01 (Planetgroove:PGCD-K1004)
DJ Mitsu The Beats-Re-New Awakening 01
Amazonで詳しく見る
 Amazonで詳しく見る(MP3)
今日も引き続きDJ Mitsu The Beatsの作品で、本作は"New Awakening"のリミックス集一枚目。リミックスを提供するのはBreakthroughやSa-Ra、Kevin Brown、Dela、Waajeedらヒップホッパーから、西ロンのブロークンビーツを得意とするPhil Asher、ディープハウスを量産するTokyo Black Starまでと、比較的オリジナル作品のイメージを損なわないような感じでしょうか。とは言ってもこの面子を見ても自分には一部を除いて馴染みの少ない面子なので、余り深く紹介の仕様がないです。Phil Asherはまんま彼の作風が前面に出た洗練されたブロークンビーツを披露していて、コズミックな音の使い方が素敵です。Sa-Raはヒップホップと言うかコズミックファンクみたいな古いけれど未来的なシンセ使いで、彼らの普段通りの音を出していますね。予想を裏切られたのはTokyo Black Starで、スモーキーなヒップホップをやっています。ハウスではないけれど、もっちりとしたロウビートの激渋な仕上げは格好良いですね。他も大半はヒップホップアレンジが中心ですが、ざくざくとした小気味良いリズム感を生かして軽快なトラックが多いです。原曲を滅茶苦茶にしたリミックスは無いので、良い意味で安心して聴く事が出来ると思います。

試聴

Check "DJ Mitsu The Beats"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Global Communication - Fabric 26 (Fabric Records:FABRIC51)
Global Communication-Fabric 26
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
90年代においてアンビエントテクノは時代を謳歌し、確実に最良の瞬間がありました。その当時活躍していたのはThe OrbやKLF、The Irresistible Force、そしてこのGlobal Communication(以下GC)で、彼らこそアンビエントテクノの代表者と言っても過言ではないでしょう。GCはTroublemanとしても活躍するMark PritchardとTom Middletonから成るユニットなのですが、近年は全く活動をしてなかったので解散したと思っていました。ところがなんとFabricシリーズにGC名義で参加が決まってびっくりです。もちろんMarkとTomの二人によるミックスではありますが、更にびっくりなのは全然アンビエントテクノでは無い事。Tomは元々クロスオーヴァーなプレイをするのを聴いていたので違和感は無いのですが、GC名義でもダウンテンポ、トリップホップ、テクノ、ハウスとごちゃまぜでこれはGCファンには確実に物議を醸し出すプレイかもしれません。しかし個人的には序盤のダウンテンポでけだるいスモーカーズサウンドから、徐々にジャジーでスイングする展開になり、盛り上げ気味にテックハウスのクールな4つ打ちに移行する流れが素晴らしかったです。前半のダウンテンポには最初は戸惑うかもしれませんが、後半への布石と考えるとこれはこれで良いのかなと。後半はやはりテクノのユニットらしく、エレクトロニックな洗練された音でまとめて良い感じで締めましたね。またFabricシリーズに名作が加わりました。全編アンビエントなプレイも聴いてみたいと言う欲望もありますが、それはまたいつか。

試聴

Check "Global Communication"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 22:00 | comments(4) | trackbacks(0) | |