CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Various - Dance 2017 (Secretsundaze:SSXCD004)
Various - Dance 2017
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
Giles Smith & James Priestleyによって主宰されているロンドンのSecretsundaze、同名のサンデー・アフタヌーン・パーティーとしても定着しているパーティー兼レーベルは、今までにその二人によってパーティーの雰囲気をパッキングしたであろうMIXCDをリリースしてきたが、この度初のレーベル・コンピレーションを纏め上げた。彼等の説明に拠れば「'80年代後期から'90年代かけてのダンスコンピレーションのタイトルに因んで付けた」との事だが、その内容は90年代とはかけ離れた現在のテクノやハウスを収録しており、一部の曲を除いてレーベルが過去に発表した曲の編集であるから正にレーベル・ショーケースなのだ。レーベルから3枚のEPをリリースしている事から特に信頼を得ているであろうEthyl & Floriは、音数を絞ったハウシーな4つ打ちに憂いを感じさせるエレピを展開させた”Shelter"を提供しており、非常にシンプルではある作風だが丁寧に情緒的な空気を作っている。今や売れっ子の一人であるハウスDJのBrawtherによる"Spaceman Funk (Deep Club Mix)"も同様に無駄の少ないハウスだが、こちらは跳ねるような軽快な4つ打ちに疾走感がありその上でふんわりとした浮遊感ある上モノを被せる事でよりグルーヴの走りが強まっている。Wbeezaによる"Ferguson"は特に勢いのあるツール的な曲で、これもハウシーな4つ打ちではあるもののカチッとした硬いリズム感で疾走する意外にもハードさもあり、ミニマルなトラックとの相性も良さそうだ。喜ばしい事に未発表も収録されており、エグいアシッド・サウンドが侵食しつつ情緒的なストリングスで仄かに優美さの映えるディープ・ハウスの"Baia 2012 (Aybee's Solar Dub)"や、またネタとして有名な"Little Sunflower"をサンプリングしたFred Pによる花弁が静かに花開くような優雅さを聞かせるハイテックな"Trust"と、これらもSecretsundazeのアーバンかつモダンな作風が根付いている。他にも激しくビートが躍動するテクノや朗らかなムードが広がるジャジー・ハウスも収録されており、思っている以上にジャンルとしての幅は広いもののレーベルの音に対する確かな嗅覚を感じ取れるであろう良作揃いで、流石15年以上も同名パーティーを続けているだけの経験に培われた音楽センスだ。尚、Disc2は曲順も同じままに軽くミックスされた物だが、これは特に必要性はないのでは?と思う。



Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE12 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Wbeeza - Void (Third Ear:3ELP-2010_06)
Wbeeza - Void
Amazonで詳しく見る

近年のディープハウスの流行の中でデトロイトやシカゴの重鎮たちの再評価が著しい昨今ですが、それと同時にその流れを汲むニューカマーも続々と育っております。Wbeezaは2007年にデビューしたUKベースのアーティスト。ビートダウン〜ディープハウスを得意とするThird Ear Recordingsからのリリースも多く、Wbeezaの音楽性も同様に黒くメロウでありChez DamierやDelano Smithら先人の技と心を受け継ぐ物です。決して無闇にアッパーに上げる事もしないし、大箱で受けるようなど派手な展開も無い…が厳かで内向的なソウルを燻るように燃やし続け、それと同時にヒップホップやジャズからも影響と受けたと本人談の通りに、黒い音の統一感を保ちながら小技を効かせたアルバム作りをしております。大半は叙情感たっぷりにロマンスの満ちたディープハウスで心地良く羽ばたきながらも、所々で渋いヒップホップやジャズトラック、インタールード的なトラックで沈静化もさせて、マンネリ化を感じさせないバランスの取れたアルバムと言えるでしょう。前述の通り決して派手な音楽ではないけれど、時代に関係なく普遍的に聴ける音楽とは得てしてこの様なアルバムなのだと思います。

試聴

Check "Wbeeza"
| HOUSE6 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |