CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Wolf Muller Meets The Nile Project Featuring Kasiva Mutua, Adel Mekha, Rapasa Nyatrapasa Otieno (Nouvelle Ambiance:AMBIANCE003)
Wolf Muller Meets The Nile Project Featuring Kasiva Mutua, Adel Mekha, Rapasa Nyatrapasa Otieno
Amazonで詳しく見る(MP3)

バレアリックやニューエイジの方面ではInternational FeelやGrowing Binといったレーベルからの作品で評価され、Bufiman名義では奇妙ななハウス/ディスコを手掛けるJan SchulteことWolf Muller。彼の音楽性を何か特定のものに当て嵌めるのは難しく、変異体的な奇妙な音楽性が特徴となっている。この2019年リリースの本作ではナイル川周辺の国々で活動するアーティスト集団であるThe Nile Projectとのコラボレーションを果たしていて、パーカッショニストのKasiva Mutuaとニャティティという楽器とボーカルでRapasa Nyatrapasa Otieno、そしてまたボーカルでAdel Mekhaの3人との邂逅によって、民族音楽の要素も強いMullerの音楽性が更に拡張を遂げる事となった。冒頭の"Mabomba Dance (Long Version)"は15分にも及ぶ大作で、Mutuaによる原始的なパーカッションとエジプトのアーティストであるAhmed Omarのボーカルを加えた曲だが、やはり特徴は生々しく胎動するパーカッション。人間の根源にあるダンスの欲求を刺激するライブ感溢れるグルーヴを刻み、そこにSchulteによる快楽的なベースや奇妙な電子音を散りばめ、更にOmarの呪術のような呟きも加わって正に魔術的というか祭事というか、メロディーに頼る事なく覚醒感を誘うトリッピーなトライバル・ディスコを永遠かと思わせるように聞かせる。"Ruoth Radido (Nyangile)"ではOtienoによる打楽器と弦が一緒になったニャティティがフィーチャされており、乾いて響く抜けの良いパーカッションと朗らかな弦の響き、そこにSchulteによる奇妙な振動のジャウハープ(口琴)も加わって、完全に緑の木々が生い茂る深い森の中の原始な響きが生まれている。"Moso Radido Wuod Ndege (Nyatiti)"もエキゾチックなニャティティの旋律がフィーチャーされているが、こちらはアナログで素朴なドラムマシンもリズムや民族的な歌も加わり、何だか民謡を来ているような懐かしい感覚がある。"Southern Voice"ではハンドドラムと歌をMekhaが担当しているが、不思議な打撃音と祈りのような歌が魔術かのように催眠的な効果を発して、土着とディスコが奇妙にブレンドされたリズム重視のツール的な性質が。どれも普通の4つ打ち中心のテクノ/ハウスのダンスフロアでは使うのは難しいかもしれないが、トライバルな要素なりワールド・ミュージックもミックスするDJプレイの中では自然と存在するであろう大地と共鳴する音楽で、Mullerの民族志向が特に強く打ち出されたEPとして面白い。



Check Wolf Muller
| HOUSE14 | 19:00 | comments(0) | - | |
Jan Schulte - Sorry For The Delay (Wolf Muller's Most Whimsical Remixes) (Safe Trip:ST010)
Jan Schulte - Sorry For The Delay (Wolf Mullers Most Whimsical Remixes)
Amazonで詳しく見る(MP3)

Young Marco主宰のバレアリック系レーベルSafe Tripから、Jan SchulteことWolf Mullerによるリミックス集が2018年末にリリースされている。SchulteといえばMuller名義でInternational FeelやGrowing Binといったバレアリックやニューエイジ方面で随一のレーベルからCass.やNiklas Wandtと共同でアルバムをリリースしたり、またはBufiman名義では不思議なハウス/ディスコを手掛けて、更に他の名義ではより民族的かつトライバルな作品も制作したりと、多角的で富んだ音楽性を持っているアーティストだ。この度そんなMuller名義で行った7年分のリミックスがコンピレーションとして纏められており、有名なところではバレアリックを先導してきたJose Padilla、他に土着ハウスユニットのAfricaine 808にエレクトロニカ系のTolouse Low Traxや自身変名のBufimanといった今では入手困難になってしまったリミックスが、一同に揃ったありがたいコンピレーションだ。バラエティーに富んだアーティストのリミックス集だが、しかしMullerがリミックスを行っただけにトロピカルやトライバルといった有機的な響きの統一感はあり、レーベルインフォの言葉を借りるとMullerの故郷であるデュッセルドルフとイビサのバレアリックな実験的な電子音楽との事だ。"Oceans Of The Moon (Wolf Muller Donkey Kong Beach Dub)"は口琴による不思議な響きや木の響きがする打楽器などを用いて深い森の中を感じさせる土着感を生み出すが、そこに朗らかで明るいシンセや弦楽器風の旋律を被せて極楽浄土へと足を踏み入れたかのようなドリーミーなバレアリック系で、甘美な世界観に脱力してしまう。"Rhythm Is All You Can Dance (Wolf Muller Remix)"も弛緩した原始的な響きのリズムが大地と共鳴するようで、そこに奇妙な電子音のメロディーやトリッピーなSEに雄叫びサンプルを盛り込んで、トライバルかつアフロなサイケデリック・ディスコを展開。金属的なベルや膨らみのあるパーカッションを用いた力強いグルーヴを生む"Jeidem Fall (Wolf Muller Remix)"はリズム重視で、奇妙なボーカル・サンプルも用いて肉体的で生々しいポリリズムを生み出している。"Ba Hu Du (Wolf Muller's Unreleased Version)"は未発表曲(この後シングルカットされた)で、Bufiman名義なので当時の自身の新作だったのだが、ディジリドゥらしきエキゾなループにチャカポコとした民族的パーカッションから粘性の高いグルーヴで始まり、次第に桃源郷まっしぐらなバレアリックな上モノが降りてきて、快楽的ながらもファンクやアフロにディスコが一体化した強烈なスローモー・ダンス曲。全体的にBPMは遅めながらも有機的なパーカッションのリズムを活かした肉感溢れるグルーヴが力強く作用し、そこに牧歌的かつバレアリックな響きも取り込んで、Wolf Mullerお得意の音楽性に纏まったリミックス集として期待通り。ちょっと変わったダンスを探している人にもお薦めだ。



Check Wolf Muller

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE14 | 18:00 | comments(0) | - | |
Basso - Proper Sunburn - Forgotten Sunscreen Applied By Basso (Music For Dreams:ZZZCD0124)
Basso - Proper Sunburn - Forgotten Sunscreen Applied By Basso
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
デンマークきってのバレアリック・レーベルであるMusic For Dreamsが2017年から新たに立ち上げたシリーズであるThe Serious Collector Seriesは、ミックスではなく敢えて繋がないコンピレーションとしてDJがジャンルに執着せずに良質な音楽を提供するという趣旨が感じられる内容で、今までにWolf MullerことJan SchulteとMoonbootsが広義の意味でレフトフィールド/バレアリックな音楽性を披露している。その最新作を担当するのは今をときめくレーベルであるGrowing Bin Recordsの主宰者であるBassoで、このレーベル自体がジャズやフュージョンにクラウトロック、ニューエイジやバレアリックにアンビエントと軽々とジャンルを越えていくレーベルだからこそ、このシリーズにBassoが抜擢されたのは極自然な事だろう。これまでのシリーズ以上に自由奔放で一見纏まりがないようにも思われる選曲なアルバムは、Hans Hassによる1974年作の"Welche Farbe Hat Der Wind"で始まる。フォーキーな響きながらもメロウでポップなこの曲はシュラーガーと呼ばれるジャンルに属すようで、日本風に言えば演歌?みたいなものなのだろうか、実に人情味があり古臭くはあるが妙に懐かしさが込み上げる。そこに続くはDJ Foodの"The Dawn"といきなりトリップ・ホップに変わるが、柔らかいタブラと朗らかなシンセが清涼に響き穏やかなアンビエントの情景が浮かび上がる。3曲目はRVDSの"Minuet de Vampire"と2016年作で新しい音源も選ばれており、ロウなリズムマシンやアシッドの響きがありながらも内なる精神世界を覗くような瞑想系テクノは、アルバムの流れを崩さない。そこに繋がるのは現在のニューエイジにもリンクするHorizontの1986年作の"Light Of Darkness"で、弦楽器らしき音がオリエンタル感を奏でつつも神秘的なシンセが厳かな世界観に包む美しい一曲。中盤には情熱的なギターと乾いたパーカッションが心地好いラテン・ジャズの"Nosso Destino"、朗らかな笛の音色が爽快なパーカッションが地中海のリゾート地を思わせる甘美なジャズ・フレーバーの強い"Tempo 100"と、メロウなムードを打ち出してぐっと色気を増す。後半は再度エレクトロニック度を強めてヒップ・ホップやシンセ・ポップも織り交ぜつつ、終盤にはGhiaの快楽的なシンセベースやセクシーな歌や電子音が甘美さに溶けてしまうようなシンセ・ポップの"You Won't Sleep On My Pillow"が待ち受けており、最後のJean-Philippe Rykiel‎による"Fair Light"でスペイシーなシンセが歌いまくり楽園ムードが広がる牧歌的なインストで、心は晴ればとしながら穏やかな終着を迎える。それぞれの曲はコレクションとしての価値も高いのだろうが、それ以上に普段は全く聞かないようなジャンルの音楽なのに探究心を駆り立てる魅力があり、こういったコンピレーションがリスナーを新たな方面へ手を差し伸べる意味において価値のある内容だ。勿論ニューエイジやバレアリックの流れでも適合し、今という時代にぴったりとハマるジャストなコンピレーションだ。



Check Basso

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| ETC4 | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Wolf Muller & Niklas Wandt - Instrumentalmusik Von Der Mitte Der World (Growing Bin Records:GBR 013)
Wolf Muller & Niklas Wandt - Instrumentalmusik Von Der Mitte Der World
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)

バレアリック/ニューエイジ音楽が勢い付く現在のクラブ・ミュージックの界隈の中で、その流れに自然と乗って頭角を現したGrowing Bin Records。音楽的なジャンルで言えばダンス・ミュージックだけではなくジャズやソフトロックに区分される作品もリリースしており、その一貫性の無さは一体どんなレーベルなのか掴みづらい点もあるかもしれないが、大らかな自由度があるエクスペリメンタル性でのある程度の共通項を持ってレーベル性を確立している。そんなレーベルから2018年2月にリリースされたアルバムこそ本作で、Bufiman名義でも活動するJan SchulteことWolf Mullerと、そして予てから彼の作品に参加してきた打楽器奏者のNiklas Wandtのコンピによる初の共同アルバムだ。Mullerと言えばかのInternational FeelやMusic From Memory系列からの作品でも人気を獲得していたり、またはドイツ産のアフロ/トロピカルな音楽のコンピレーションも手掛けていて、そんな経歴を知るだけでもGrowing Binとの相性の良さは理解出来るのではないだろうか。アルバムジャケットを見ると、緑豊かな自然の中で数多くの原始的な打楽器や電子楽器に向き合って演奏している二人の姿が写っており、そこからもおおよそ自然回帰やユートピア的なニューエイジ感覚も掴み取る事は可能だろう。なんと言ってもタイトル曲であり始まりの曲でもある12分にも及ぶ"Der Mitte Der World"が素晴らしく、コズミックな電子音や効果音がコミカルな動きを見せつつ様々な金属系/電子系の打楽器が摩訶不思議なトロピカル空間へ連れて行く前半から、中盤以降は躍動感のあるキックも入ってアンビエント・ハウスへと展開する極楽浄土一直線なダンス・トラックは、しかし二人が電子楽器と戯れているかのような遊び心もある。"Lockerina"はより二人の音楽性が強く感じられるか、森の中の鳥の鳴き声風のサンプリングやオカリナの響き、そしてドタドタと生っぽいドラムと野生感溢れるパーカッションが深い森の中のエキゾチック感を打ち出し、自然の神秘性も漂っている。"Expedition"も同様に様々な打楽器が複雑に絡み合い土着的なグルーヴを生み出すジャングル系エキゾチック・ディスコで、12分にも渡って密林の中を彷徨いながら和やかなシンセがバレアリックなフィーリングに包み込んでいく。続く"Welcome Zum Paradies"も11分の大作、ニューエイジ/アンビエントな抽象的なシンセが神秘的な秘境空間へと誘う幕開けから、太古を思わせる響きのリズムが加わってゆっくりと胎動し、そこにドイツ語のナレーションや雄叫びに鳥の鳴き声等を被せてバレアリック・ダウンテンポを展開する摩訶不思議な曲だ。アルバムの中では比較的ダンス色の強い"Traum 4"にしても、やはり未開の地を思わせる原始的で奇抜なパーカッションが土着的な空気を伴い、そこに透明感のある爽やかな電子音のメロディーを合わせ、極彩色のトロピカル・ハウスを演出している。"Ahu"では最早クラブ・ミュージックよりはワールド・ミュージックの方面に分類されるか、壊れたようなリズムマシンの音とシンギングボールやボンゴ等の民族的な楽器が奇妙なグルーヴを刻み、そこにトリッピーで捻れたシンセが加わって更に無国籍感を増していく。シンセ担当のMuller、打楽器担当のWandtとおおよそ役割が分けられた中で、それぞれが個性的な演奏を披露する事で神秘的かつ自然派志向のバレアリック感が形成されており、Growing Binらしい自由な実験性に寄り添いながらも非常に楽園的な多幸感に溢れた作品になっている。民族音楽好きから奇妙な電子音好き、そしてバレアリック・ミュージックのリスナーにも訴求する大作だ。



Check Wolf Muller & Niklas Wandt
| ETC4 | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Young Marco - Selectors 002 (Dekmantel:DKMNTL-SLCTRS002)
Young Marco - Selectors 002
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
Dekmantelが企画するコンピレーションシリーズの「Selectors」、第一弾はDanilo PlessowことMotor City Drum Ensembleが担当し注目を集めて企画としては成功を収めており、その勢いに乗って第二弾が登場。担当はオランダからバレアリック/イタロ・ハウスの深掘りをYoung Marcoで、何でも「高価盤やレア盤の寄せ集めにならないように選曲した」そうで、第一弾が今では高価になってしまったレアなハウスをふんだんに使用していたのとは対照的にも感じ取れる。勿論Plessowも単に高価な曲の寄せ集めではなく手に入りずらい素晴らしい曲をDJとして使用して欲しいという意図も込められてはいたので、その意味ではこのMarcoの選曲も前者と大きく外れている事はない。本作について言えばハウス・テイストもあるものの、もう少しディスコティックやシンセポップ等のプロト・ハウス的な音楽性が中心で、レトロな世界観に懐かしさを感じる事だろう。同郷オランダからはDanny Boyの僅かに発表された作品の一つ"Diskomix (Disko Version)"があり、1983年作と言う事を考慮してもネオンライトをイメージさせる光沢感あるシンセ使いが懐かしく思われるシンセ・ポップな作品は、「アチョー」という声やロボットボイスの影響で中華テイストが面白く聞こえる。続くGerrit Hoekemaもオランダのアーティストで、実はコンピ等への曲を提供するのみでソロ作品をリリースした事はない点で非常にレア度は高いのだが、"Televisiewereld"はプロト・ハウスとでも呼ぶべきいたないビート感が味わい深く、奇妙な効果音がよりユニークさを強めている。勿論正統派ハウスな作品もあり、それこそシカゴのディープ・ハウス伝道師であるLarry Heardによる"Dolphin Dream"で、Heardらしい無駄のないエレガントな響きとチルアウトな感覚のある慎ましいハウスは素朴でもあり他の曲との調和を崩す事はない。現在形のアーティストであるWolf Mullerは未発表曲を提供しているが、"Pfad Des Windes"はジブリの名曲をカバーした異色作。ジブリらしい懐かしい田舎風景のムードがありながらも、エキゾチック・ディスコな響きはやはりレトロ調の味わいがある。他は90年代の作品が多く、シカゴのFrank Youngwerthによる90年前半の"Whirr"はやけに軽快なパーカッションが弾むヒップ・ハウス調で、非常に時代の空気が強い。Green Baizeの"Spick And Span"は90年代初期のイタロ・ハウスで、シカゴやデトロイトからの影響も感じさせるチージーな響きの中にエモーショナルな感情を込めた作品だ。全体を通してモダンとは対照的なレトロ調のバックトゥルーツな意図が感じられ、時代の幅やジャンルの差はあれど全体の空気の統一感として全く違和感無く纏められている。単なるレアな曲の寄せ集めでは当然なく、ミックスせずともYoung Marcoのバレアリックやイタロな音楽性を投影した世界観は、部屋を彩る素晴らしい音楽集になるだろう。勿論DJにとっては使い勝手の良い武器になるに違いない。



Check "Young Marco"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Good Mellows For Moonlight Rendezvous (Suburbia Records:SUCD1003)
Good Mellows For Moonlight Rendezvous
Amazonで詳しく見る(日本盤)

橋本徹が設立したSuburbia Recordsは、正にこの『Good Mellows』シリーズの為であったのだろう。由比ヶ浜にあるバーガーショップ“Good Mellows”でのDJ経験を基に、貴重な音源を用いながらも根本はメロウな音楽の領域を広げる事を目的としたこのシリーズは、橋本が予てから手掛けている『Free Soul』のファンとは異なるクラブ・ミュージックのリスナーにもアピールする内容だ(だからこそ、逆に『Free Soul』のファンにも聴いて頂きたい)。第1弾の"週末の浜辺"から第2弾の"夕暮れ時の感情"へ、そして本作では遂に"月明かりの下のランデブー"へと夜の時間へと入った事を示す内容だ。ありがたい事に毎回アルバムには橋本自身による丁寧な曲解説が収録されているので、こんなレビューを読むよりはもうアルバムを買って聴いて読んで…と思うばかりだが、当方からも作品の紹介はしたいと思う。冒頭には2015年に残念ながら亡くなられた横田進による"Amanogawa"が配置されている。横田と言えばテクノやハウスのみならずアンビエントやディスコなど、奇才とでも呼ぶべき多彩な才能を発揮していた日本のクラブ・ミュージックに於ける先駆者の一人であり、その才能は早くから海外でも認められていた程だ。ここでは正に月明かりに下にいるような、柔らかく優しい音色が天の川のよう連なるアンビエントな曲で、今回のシリーズの幕開けに相応しいだろう。続くLexxによる"All That Is Now"、哀愁のギターが広がるフォーキーな雰囲気でぐっと湿っぽさを増す。次のDonsoによる”Waati”ではアフリカらしい民族的な歌やパーカッションも聞こえるが、可愛らしいエレクトロニクスの使い方のおかげで随分とモダンにも思える。アルバムの途中にはMark BarrottやEddie CにAndrasなど話題のアーティストの楽曲も収録されているが、夜の雰囲気ではありながらもどれも落ち着いていてパーティーの喧騒からは離れた静謐な世界観が発せられる。そして中盤のメロウさがピークに達するPortableによる"Surrender"は、全く無駄のないすっきりとした構成でメロウネスを浮かび上がらせるボーカル・ハウスで、胸を締め付けられる程に切ない。後半の聞き所と言えば間違いなくMarcos Valleによる"1985 (Theo Parrish Remix)"だろう。原曲のメロウネスを全く壊す事なくざらついたビートダウンへと塗り替えた本作は、力強いビートながらも優しく包み込む包容力に満ちあふれている。最後はジャズ・ピアニストのJessica Laurenによる"A Pearl For Iona"で、これまた波以外の音が消え去った浜辺で、しんみりと月を望むような風景が浮かび上がる情緒的な曲でラストに相応しい。多くの曲が初CD化と音楽的に貴重である事は抜きにして、ただただ橋本による夜の風景を喚起させるような想像力のある選曲が素晴らしく、『Good Mellows』という言葉通りの内容にジャンルを越えて愛すべき作品だと感じずにはいられない。さて、次は一体どんな場面、どんな時間帯へと移り変わるのだろうか。

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Good Mellows For Seaside Weekend (Suburbia Records:SUCD1001)
Good Mellows For Seaside Weekend
Amazonで詳しく見る

ジャンルに拘らずに良質な音楽をコンパイルする『Free Soul』シリーズを立ち上げ、そして現在のカフェ・ブームの発端となった仲間と寛げる場所である『Cafe Apres-midi』を手掛けた事で知られる橋本徹。そんな彼が新たに立ち上げたSuburbia Recordsは、入手困難ながらも良質な音楽をアナログ化、またはアナログ音源のみをCD/配信の商用に乗せるなど、彼が素晴らしいと思う音楽をフォーマットの領域を超えて広げていく事を目的としているようだ。そんなレーベルの第一弾は由比ヶ浜にあるバーガーショップ“Good Mellows”でDJを行なった時の経験を端緒としているそうで、タイトルからも分かる通り海辺の夕暮れ時のメロウな感覚を表現おり、『Free Soul』との違いはよりバレアリックやチルアウトの成分が強い事だろうか。オープニングにはいきなりJoe Claussell率いるMental Remedyによる"Just Let Go"を持ってきており、溶けるように絡み合う清らかなアコギとピアノの甘美な調べからは正に夕暮れ時のしみったれた感情が染み出し、人がコントロールし作り出す事の出来ない神聖な風景が目の前に広がるようだ。続く期待の若手であるAxel Bomanによる"Fantastic Piano"も、やはりピアノがフィーチャーされた桃源郷のような世界が広がるダウンテンポだが、単に甘いだけでなく癖のある奇抜な作風がイージーリスニングとは一線を画している。そしてバレアリック最前線のInternational FeelからL.U.C.A.による"Blue Marine"が続き、海鳥の鳴き声と波の音のイントロから始まり広大な海へとのんびりとした航海を始めるような大らかなダウンテンポにより、ジャンルを越えて音楽の旅へと繰り出していく。その後も優美な輝きを放つアシッド・ジャズ、しっとりと有機的なフュージョン・ディスコ、フォーキーなダウンテンポ、夢に浸るアンビエント感のあるニュー・ディスコなど垣根を越えながらも、メロウと言うコンセプトの元に週末の浜辺の長閑ながらも切ないムードに染めていく。アルバムの最後には正に真夏の一曲である憂愁が満ち溢れる"Summer Daze"を橋本徹がエディットしたものを配置したおかげで、しんみりとした余韻を残して最高の流れで幕を閉じる。派手なミックスを必要とせずに一曲一曲をフルにプレイするスタイルは、選曲重視で存分に曲の良さを引き出しながら、海辺のサウンド・スケープを描き出すへと繋がっているのだ。

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |