Masanori Nozawa - III (Medium Music:MECD-02)
Masanori Nozawa - III
Amazonで詳しく見る

「宇都宮から生まれ出た眩い輝きを放つ星、Masanori Nozawaの初のアルバムはテクノが感情的である事を証明する。」

宇都宮を拠点として活動するMasanori Nozawaは元々は配信で攻撃的なテクノ中心にリリースを行っていたアーティストだが、2014年にMedium Musicを立ち上げて以降の音楽性ではよりエモーショナルな方向へと進み、深く胸に突き刺さるような感情性はテクノソウルと呼ぶべきものになった。そして2017年末、遂に初のアルバムである本作のリリースへと至ったのだが、何とその内容はオリジナル音源とそれを実力派アーティストがリミックスした2枚組となっており、初のアルバムにしては果敢な挑戦にも思われる。今回幸いにも野澤氏から声を掛けられてアルバムのライナーノーツを書かせて頂いたが、そちらはオリジナル音源について言及しているので是非とも作品を購入された方は読んで頂ければと思う。ここではリミックス音源について紹介させて頂くが、参加しているアーティストからしてXTALやHiroshi Watanabeと言った名を馳せている人、アンビエントに造詣の深いInner ScienceやMatsusaka Daisuke、元Mexicoとして活躍したjunyamabe、そしてKEITA YANOやHironori TakahashiにYuuki Horiらまで邦人のみにもかかわらず実に期待せずにはいられない面子だ。それぞれのリミックスには当然アーティストの個性が反映されているのだが、特に面白いのは"Felt The Sphere(junyamabe Remix)"で、ノンビートで壮大なアンビエンスを発していた原曲から一転してアンビエントの側面は残しつつも抽象的な音像で覆い尽くした作風は厳寒の雪が吹き荒れる真っ白な世界のようで、アブストラクトな音響によって深みへと誘われる。同様に金属がひしゃげるような奇怪な音を付け加えて実験的な面もある"Unknown Ruins(KEITA YANO Remix)"も面白いが、一方で雰囲気を変化させずに図太いリズム感で強固さを増した"Chrono (Hironori Takahashi Remix)"はテクノらしい硬い力強さの安定感がある。元々はアルバム中でも最も色彩豊かでエモーショナルな曲だったものの、"Iridescence (Yuuki Hori Remix)"はぐっと感情を内面に押し込めたようにソウルを燻らせる引き算の美学的な作風で、これもリミックスの妙技が感じられる。"The Orb of Day feat. shiba @ FreedomSunset (XTAL Remix)"は原曲のイメージを損なわずにXtalらしいニューディスコ風でアーティスト性が感じられ、そして濃霧に包まれるような音響の中にエレクトロニカらしいリズム感を得た"Beatific Planet(Matsusaka Daisuke Remix)"はアンビエントに対しての深い愛が伝わってくる。リミックスの中で最も情熱的だったのは当然と言うべきか、Kaitoによる"Mercury Breath(Hiroshi Watanabe aka Kaito Remix)"で、壮大なシンセストリングスと力強いビート感を伴って完全に彼の熱き感情が込み上げる世界観へと上塗りされており、輝かしくも激情が展開するテクノだ。最後はこれまたアンビエントでは独特の個性のある"Return to The Galaxy(Inner Science Remix)"で、豊かで色とりどりの音の粒が湧いてくる心地良いアンビエント・トラックは実に可愛らしい。それぞれのリミックスにそれぞれのアーティストの個性が確かに反映されており、リミックスとしての面白みは十分な事は間違いく、初のアルバムながらもリミックスも盛り込んだ事は野澤氏の本作に対する意気込みの強さが伝わってくるだろう。オリジナル音源、リミックス共にこれぞテクノソウルと呼びたい感情性豊かな音楽で、何度でもリピートして聞いている自分がいる。



Check Masanori Nozawa
続きを読む >>
| TECHNO13 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2017/4/29 Choutsugai presents Harvey Sutherland Japan Limited Album Release Party @ Circus Tokyo
2016年の初来日から1年、オーストラリアはメルボルンの昇り龍であるHarvey Sutherlandが待望の再来日を果たす。昨年と同様にCHOUTSUGAIのパーティーに出演となるものの、今回は前回と変わりオールナイトでの開催となり、更に日本からはトラックメーカとして海外でも名を馳せるTakuya Matsumoto、Xtalのディスコセット、ブロークンビーツからブギーなディープ・ハウスにはプレイに定評のあるSayuriらも集結し盤石の体制だ。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
BEST OF 2016
今年も一年間当ブログを御覧頂いた読者の皆様、どうもありがとうございました。今年も例年と変わらず音楽/パーティー三昧…とはいかず、私生活の変化により忙しくなりなかなか音楽へ時間を割く事が出来ない一年でしたが、それでも音楽に対する情熱は全く変わらず新しい音楽への探求が途切れる事は変わりませんでした。パーティーに関しても新風営法が現場の感覚にはやはり馴染んでいないと感じる点がありつつも、新しいクラブが生まれ少しずつではあるけれどこの業界も活気を取り戻しているようにも思われ、ダンス・ミュージックの未来に展望が見えてきた年でもありました。当方は今後も毎週のようにパーティーに行く事は出来ないと思いますが、来年も新しい音楽も古き良き時代の音楽も分け隔てなく楽しみ、そして素晴らしい音楽をこのブログでアウトプットしていく事を続けられたらという気持ちは変わりません。そんな気持ちで選んだ年間ベスト、皆様の素敵な音楽ライフに少しでも参考になれば。それでは、来年も良いお年を!

続きを読む >>
| BEST | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2016/12/28 THE OATH -Year's End Special- @ Oath
年末になれば休みに合わせて面白そうなパーティーが増えてくるが、本年度の最後に選んだパーティーはXtalとGonnoによるThe Oathの年末度スペシャル。今となっては海外でも注目を集めるまでに躍進したGonno、そしてTraks Boysやポップスバンドの(((さらうんど)))としても活動しながら今年初のアルバムを完成させたXtal、その二人だけのロングセットを小箱であるOathで体験出来るのは、逆に贅沢で貴重なものだろう。大箱とは客層も雰囲気も異なる場所で、パーソナリティー性が強いに違いないプレイを聞きに、Oathへと足を運ぶ事にした。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 23:00 | comments(1) | trackbacks(0) | |
2016/3/26 Xtal Debut Album “SKYGAZER” Release Party @ Circus Tokyo
長い活動の末、2016年2月に遂に初のソロアルバムをリリースしたCrystal改めXtal。Crue-l Recordsからリリースされたその作品は、それまでにフロアを賑わせてきたダンストラックを収録しつつシューゲイザーやポップな要素も兼ね備え、聴く者を光に包み幸せな気分にする素晴らしいアルバムとなった。そんなアルバムを祝うべくリリースパーティーが開催される事になり、レーベルの創始である瀧見憲司やアルバムで共同制作をしたGonnoらが集結し、Xtalは一晩でライブとDJを敢行するという実に充実した布陣が組まれる事になった。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Xtal - Skygazer (Crue-l Records:KYTHMAK 156DA)
Xtal - Skygazer
Amazonで詳しく見る(日本盤)

長らくリリースの告知がされていたものの予定は未定と延期が続いていたが、こうして実際にアルバムを手に取り聴いてみると期待以上の素晴らしさに心が震える。それこそTraks Boysとしても活動する元Crystal改めXtalが、Crue-l Recordsから発表したアルバムの『Skygazer』だ。元々Crue-lから2011年末にリリースした「Heavenly Overtone」(過去レビュー)が日本のクラブ/パーティーでヘビープレイされる大ヒットとなり、それを契機にXtalとしての天国への階段を昇るようなトランシーかつバレアリックな音楽観が形成されたように思うが、そこからが非常に長かった。途中には「Vanish Into Light」や「Break The Dawn」等のEPもリリースされ各々ヒットするも、それから予定はあれど一向にアルバムのリリース日が決まらず、気付いてみたら2年以上の時間が過ぎていた。最終的には今までにリリースされた既存の曲も盛り込みつつ、GonnoやFran-Keyに神田朋樹やS.Koshi、そしてレーベルの中枢でもあるCrue-l Grand Orchestraまでもフィーチャーして、パーティーでのアンセムとなるダンス・トラックから上品なポップス感覚まで盛り込んだリスニング系まで実にバラエティー豊かなアルバムになったのではと思う。門出を祝うような白色光のシューゲイザーに包まれる"Vanish Into Light (Album Version)"で始まり、そしてアルバムバージョンへと生まれ変わり骨太さも兼ね備え多幸感の成層圏を突き抜ける"Heavenly Overtone"やキャッチーなシンセが快楽的に反復し肉体を刺激するグルーヴが貫く"Red To Violet"など、フロアを底抜けの至福のムードへと染めるリリース済みのダンストラックは文句無しに素晴らしい。勿論4つ打ち一辺倒ではなく、神田をフィーチャーした"Unfamiliar Memories"はスパニッシュ風なピアノやビートが大人びた色気を、Fran-Keyをフィーチャーした"Pihy"では小刻みに動くアシッド音を使用しながらも野外の爽快な高揚を、そしてGonnoが参加した"Steps On The Wind"では現実と非現実の狭間にいるようなドリーミーな感覚を、アルバムの中に盛り込んで単に踊る為だけではないリスニングとしての強度を高める事に成功している。ラストはCrue-l Grand Orchestraによる桃源郷のような甘さの中に溶けてしまうようなストリングスに涙する"String Driven"をそのまま利用し、しみじみとした郷愁が継続するダウンテンポに仕立てあげた感動的な"Skygazer"だ。ダンスだけでもない、リスニングだけでもない、アルバムだからこその最初から最後まで起伏がある展開でXtalのトラックメーカーとしての才能が発揮された内容だ。Crue-l Recordsらしい優雅さもある、そしてレーベルの中で最もダンス色も強く、アーティスト/レーベルにとっても未来へのポジティブな意思が植え付けられている。



Check "Xtal"
| TECHNO12 | 13:00 | comments(1) | trackbacks(0) | |
2009/12/25 So Very Show! @ Womb & electronicpub X’mas & year-end gathering @ Seco Bar
世の中はクリスマスだとかで賑わっておりますが、特に自分はカンケーないので週末は普段通りにクラビング。今回はBorder Communityを代表するNathan Fakeのライブがお目当て。クリスマスだからみんなハッピーライフ送ってクラブには来ないかなと思ったけど、想像以上に色んな人が遊びに来て混んでいたのでちょっと疲れてしまったよ。
続きを読む >>
| EVENT REPORT2 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2009/11/20 AT-FIELD @ EFFECT
祝・脱DJ童貞!!

友達の下川カユコさんと全玉ちゃんが企画するAT-FIELDと言うパーティーでDJしました〜。自分が思ったよりも多くの人に遊びに来て頂いて、本当にどうもありがとうございました。ミキサーも持ってないんで当然繋ぎも出来ないので内心不安でしたが、取り敢えず自分の好きな曲をがしがしと回させて頂きました。う〜ん、レコードはやはりピッチ合わせや繋ぎが難しい…。後でCDJも使ったんだけど、BPM出るからレコードよりかなり扱いが楽でしたね。続きで回した曲やパーティーのお写真でもどうぞ〜
続きを読む >>
| EVENT REPORT2 | 17:45 | comments(12) | trackbacks(2) | |
James Holden - At The Controls (Resist Music:RESISTCD59)
James Holden-At The Controls
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤)
今でこそテクノやハウス方面でも注目の的になっているJames Holdenですが、元々はプログレッシブハウス畑の人です。オックスフォード大学在学中の19歳の時にリリースした「Horizons」が注目を集め、その後はSashaと共同作業をしたりリミックスを量産したり、プログレ界では若き新星として人気を誇っていたそうです。ところがその人気とは裏腹にHolden自身はレーベルの制約に縛られ、自分の好きな音楽を創れなかったと語っているのです(それで売れるなんて皮肉めいてますが…)。ならば制約に縛られない自分のレーベルを作るかと言う事で出来上がったのが、今最も旬なレーベル・Border Communityです。情報の早い人はご存じ、Nathan Fakeらを擁するプログレッシブハウスに捕らわれない真の意味で前衛的なレーベルです。ここから発信される音は、テクノともハウスともプログレともロックとも言える独特な音で、クラブミュージックとしての固定概念はありません。本当に好きな音楽を創っていると感じられるのは、その自由性の為でしょう。(逆に過去のプログレ時のHoldenが好きだった人は、今のHoldenにどう感じているんでしょうね?)

前置きが長くなりましたが、James Holdenの趣味満開のMIXCDが遂にリリースされました。これは本当に凄い、今まで数多くのMIXCDを聴いてきた僕でも結構な衝撃を受けました。いや、衝撃と言うよりもただ単純にぞっこんになってしまっただけなのですが。Richie HawtinとAphex TwinとMassive Attackが共存し、自身やBorder Communityのアーティストの曲、またはエレクトロニカやポストロックまで、多岐に渡って色々な曲が収録されています。かつては「Balance 005」(過去レビュー)と言うバリバリトランシーなMIXCDをリリースしたHoldenの姿はもはや無く、完全に一段階上がったHoldenがここに居ます。本人曰くベッドルームで聴く音楽を意識したという通り、直球ストレートなダンスミュージックはここにはありません。その代わり10代の甘酸っぱい青春を思わせる郷愁とギラギラと怪しく輝く恍惚感が共存し、身も心も溶けてしまいそうなドラッギーな世界観は今まで以上に強くなっています。Holdenの発する音は、それがプログレだろうとテクノだろうと関係無く、いつだってサイケデリックなんですね。ジャンルはばらばらでも統一感があり、そこにHoldenのセンスと言う物を感じます。これこそ新世代の到来を告げるMIXCDですよ。

試聴

Check "James Holden"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO3 | 18:00 | comments(5) | trackbacks(0) | |
Aphex Twin - Selected Ambient Works 85-92 (Apollo:AMB3922CD)
Aphex Twin-Selected Ambient Works 85-92
Amazonで詳しく見る

寒くて寒くて家を出る気にならず、週末暇だったのにクラブにも行かずに家でネットして怠惰に過ごしてます。冬は正直クラブに行くの面倒だよね。厚着してくからクラブの中で脱いでロッカーに入れたり、手間も金もかかるし。でも後になってやっぱりパーティーに行けば良かったと思って後悔したり。

そういえばAphex Twinの久しぶりに新譜が出たけど、どーですか?僕は好きですね。今更斬新さを求めるのは酷なので、今回みたいにアシッドで単純にかっこいい作品を出してくれるだけで良いと思います。新譜ついでにAphex Twinの中で最もポピュラーな作品を紹介しましょう。と言ってもありとあらゆる所でレビューはされてるし、今更僕が紹介する必要も無いとは思うのですが…。彼の経歴から紹介しようと思ったけど、それを述べるだけでも膨大な量になるので経歴についてはGoogle検索でも参考にしてください。

でこの最もポピュラーな「Selected Ambient Works 85-92」なんだけど、これは僕がデトロイトテクノ並に影響を受けた音楽の一つで、ほんと何度聴いても飽きない作品です。まず何と言っても1曲目の「Xtal」、これによって僕はこのアルバムの虜になってしまったのです。若干アンビエントも混ざった牧歌テクノ?とでも言うのでしょうか。アンビエント風ではあるけれど、ノンビートでは無いしそんなにも快楽的と言う訳ではありません。むしろこれはAphex Twinの脳内妄想を、音として具現化したのではないかと思います。その若かりし頃のオナニー表現と言える物が、何故こんなにも多くの人を引きつけるのか、それは僕にも分かりません。ただ田舎の田園風景を喚起させるような優しいメロディーと、浮遊感のある幻想的な音が、ひたすら気持ち良いと言う事でしょう。ノイズ混じりのお世辞にも録音状態が良いとは言えない物だけど、逆にそれが手作り感覚を思わせ温かみを感じさせます。同様にこのアルバムにはアンビエント風の曲が多いのですが、それだけではありません。極度に捻り曲げられたTB303のアシッド音が、ビキビキウニョウニョなり響くアシッドテクノも入っているのです。しかしそれはシカゴから来たファンキーなアシッドハウスでは無く、電子的で狂気を感じさせる不穏なアシッドなのです。これこそがAphex Twinが他のアーティストとは一線を画するアシッドであり、最近の新譜にも感じられる物だと思います。Aphex Twinの音はAphex Twinにしか出せない独自の音だと思うのですが、何故こんなにもメタリックな音を出せるのか。かと思えば時には優しく空気の層が積み重なった様な柔らかい音を出したり、全く想像の範囲を超えています。まあそれでもこのアルバムはこれ以降の作品と比べると、かなりノーマルに感じられると思います。そうゆう意味でもポピュラーな作品なんではないでしょうか。

もしテクノが好きでかつこのアルバムを持っていないのなら、今すぐ買うべきでしょう。買えないのなら友達から強引にでも借りるべきです。これを聴かないで最近のどうでも良い様な新譜を買うなんて、断言しますが無駄です。

無駄無駄無駄無駄無駄っっっ〜〜〜〜!!!(JOJO風)(これをやりたかっただけなんじゃねーかと…)

そう言える位の名盤だと思いますよ。

試聴

Check "Aphex Twin"
| TECHNO1 | 21:00 | comments(8) | trackbacks(4) | |